美女組No.124 Amiのブログ
美女組:No.124 Ami

No.124 Ami

女性のためのヨガインストラクター

「しなやかで女性らしい身体づくり」をコンセプトにヨガインストラクター、ビューティーアドバイザーとして活動中。

Instagram
#アミヨガ #アミヨガレシピ
◆ami.amiyoga
◆amiyoga.recipe

Instagram:ami.amiyoga

アラフォーのバスト問題をランジェリーの見直しで解決!

インポートランジェリーに初挑戦!つけ心地、シルエット、デザイン、全てに感激♪
ランジェリーを見直しました。

アラフォーのバスト問題は深刻。

・胸のボリュームがなくなる
・胸が削げる
・垂れる
・合うブラがわからない
・左右差がある


更に、下着売り場で整えてもらった時はいいけど、実際にしてみるとしっくりこない。動くと胸が逃げてブラがパカパカ。

こんな悩みが。
でも、なぜか、いつもオススメされるのは最終的にいつものブラ。

そんな悩みがありました。

インポートランジェリーに初挑戦!

担当してくださった方が、とにかくスペシャリスト!私、ツイテル!!笑


「みんな左右差があるもの。でも、それをパットを入れて調整するより、パットを入れずにしっくりくるものを選んだ方が胸の形も崩れはなくいですよ」

左右差があって、片方だけいつもパットで調整してた私にとっては、衝撃の一言。でも、それと同時に、何か光が見えた気がしました。今までと違うアドバイスをもらえるかも!的な。

フランスブランド、リズシャルメル

アラフォーのバスト問題をランジェリーの見直しで解決!_1_1
1950年代にフランスのリヨン市に設立され、豪華でエレガントなレースに特徴とする、高級クチュールメーカーの1つ。


高級インポートランジェリーということもあり、お値段もお高めですが、1度着けたら買わずには帰れない魅力がありました。
アラフォーのバスト問題をランジェリーの見直しで解決!_1_2
後ろ姿も美しく見せるデザイン。
エレガント!の一言です。
アラフォーのバスト問題をランジェリーの見直しで解決!_1_3
胸元にはスワロフスキー。
さりげないオシャレがたまらない!


ブラの付け方も目から鱗!

今まで、試着をするときは【サイドから胸をカップの中に入れる】というのが当たり前だと思っていましたが、それをしすぎない方が良いそうです。

でも、それ、理にかなってます!!


サイドに逃げる胸をカップの中に戻してサイズを合わせると、結局動いた瞬間に胸が外に逃げてしまってカップがパカパカしたり、隙間ができてしまいますよね?

試着の時は、下から胸をカップでそっと包み込むように入れるだけで良いそうです。そして、あとは、ストラップで調整。

確かに、このやり方なら、元々無理に漏れたお肉をカップに入れてるわけじゃないので、動いてもパカパカにならない。納得です!

高級ランジェリーも今が狙い目⁈

What's New

Read More

Feature

Ranking