建設的な議論をしやすい?というグレーに身を包み会議に挑む【2019/9/3コーデ】

通勤時には全身グレーでぼんやりしないように黒の肩がけバッグを一点加えてメリハリつけて
明日はちょっとデリケートな内容の会議の予定。言うべきことははっきり伝えるけれど、なるべく他部署を刺激しないように、資料はわかりやすく丁寧に。発言の仕方にも万全の注意をはらって、穏やかに会議を進行させなくては。あとは見た目も淡いワントーンで全身をまとめて。自分も相手も心を穏やかにし、堅実な判断をさせるというグレーの効果を期待して、会議を乗り越えたいところ。
ブラウス¥60,000/ドゥロワー 丸の内店(ドゥロワー) スカート¥62,000/マディソンブルー バングル¥56,000(シンパシー オブ ソウル スタイル)・靴¥48,000(ネブローニ)/フラッパーズ バッグ¥132,000/ドゥロワー 丸の内店(J&M デヴィッドソン) ストール¥32,000/ビームス ハウス 丸の内(ファリエロ サルティ)
撮影/金谷章平 ヘア&メイク/笹本恭平(ilumini.) スタイリスト/福田亜矢子 モデル/蛯原友里 取材/陶山真知子 文/加藤理恵

※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります

What's New

Read More

Feature

Ranking