ハピプラ会員システム刷新に伴うお知らせ

ホテルとして生まれ変わったTHE MURRAYに泊まる、 温故知新、香港①

ホテルステイを存分に楽しむ

1969年から街のランドマークとして親しまれてきた白亜のビルが、スタイリッシュなホテルとして生まれ変わりました。話題のそのホテルを満喫しつつ、香港の息遣いに触れる。2泊3日でもリフレッシュできるパワースポット、香港へ。
香港、セントラルのコットンツリーロードにある1969年に建てられたモダンでスタイリッシュな白亜の建築が圧巻の「ザ マレー香港 ニッコロホテル」。政府のオフィスビルだった建築が、ホテルとして生まれ変わり話題に。イギリスのフォスター・アンド・パートナーズによる保全プロジェクトで、香港のセントラル保護プロジェクトの一部でもあります。ホテルとして生まれ変わった時に、創設当時設計を担当した93歳になる建築家ロン・フィリップスさんもイギリスから駆けつけ、感激したといいます。直射日光が入らないように窓が斜めにデザインされていて、エコフレンドリーだったり、モダンで色の褪せないランドマークに泊まれるだけでも興味深いのに、白い建築を生かしたインテリアも、これ以上望めないほどおしゃれ。ターンダウンサービスのときに置かれる、心地よいアロマブレンドのピロー&リネンミストにも感心してしまいました。夜景の美しいテラスバーにも心奪われます。使い勝手もよく、名建築に泊まるホテルステイをゆっくり楽しみつつ、選りすぐりのスポットだけを訪れる旅にうってつけの、大人の香港旅のためのアコモデーションです。
ホテルとして生まれ変わったTHE MURRAYに泊まる、 温故知新、香港①_1_1
ゲストルームは9カテゴリーあり、こちらはシグネチャースイート。オーストラリアのGROWN ARCHEMISTのオーガニックアメニティやニュージーランドのantipodesのグラスボトルドのミネラルウォーター、TWGのティーセレクション、ベッドリネンはフレッテと非の打ち所がないセンスの良さ。セキュリティボックスにもラップトップの電源付き、という細やかさ。最新のホテルのホスピタリティには目から鱗でした!部屋からは香港動物園、香港公園の緑が美しく、ミッドレベルの夜景が絵画のように美しく、リピートしたい素敵すぎる宿でした。

The Tai Pan ロビーのひとつ下の半地下階にあり、インターナショナル、アジア料理が楽しめます。朝食も。絵画のように美しいシーザーサラダをランチにいただきました。イワシの酢漬けがアクセントになっていて美味!香港風味で優しい甘さのミルフィーユにもうっとりでした。

Garden Lounge アフタヌーンティーで知られる癒しの空間。季節が良ければテラス席もオススメ。朝食は見目麗しいディスプレーの充実のビュッフェと、飲茶などもオーダーでき、特に焼きそばやお粥が美味。香港ならではのアイスコーヒー/ミルクティーのインヨンもぜひ。ペットフレンドリーで小さな犬も同伴できるのだそう。

Popinjays 一昨年7月にオープンしたルーフトップにあるレストランとバー。フランス人のシェフによるモダンヨーロピアン料理がカジュアルな雰囲気のダイニングで楽しめます。ブライアン・ドネリー(KAWS)の作品が飾られたカラフルなインテリア、ガラス張りの260度のシティービューを見渡せ、テラスも気持ちいい。サンセットや夜景と絶景が広がります。ポッピンジェイズはこの辺りに生息する白いオウム、コカトゥーにちなんでつけられたそう。小鳥のシェイプのグラスで供されるカクテルは、COCO ROCO。ラム、ココナッツリキュール、パイナップルジュース、ゆずジュース、ザクロシロップなどのカクテルです。フランス人シェフによるモダンヨーロピアン料理のコースメニューも、女子会、家族利用などでも人気。

Wellness at The Murray 3階には24時間使える、窓からの眺めのいいジムがあります。同じフロアにスパも。インドアスイミングプールとワールプールはロビー階にあります。香港ではスイミングプールがあるホテルは稀なのだとか。ゲストルームのアメニティと同じというブランドのオーガニックスキンケアを使ったフェイシャルを体験。ダマスクローズの香りに包まれ、マッサージも入念にしてくれて、確実にハリと潤いがアップしました。シンプルなメニューが潔く、フェイシャルかボディマッサージ、時間は30分、60分、90分が選べ、フェイシャルは保湿かアンチエイジングに特化したコースが選べます。(60分・HK$1300)
ホテルとして生まれ変わったTHE MURRAYに泊まる、 温故知新、香港①_1_2-1

1/23

ホテルとして生まれ変わったTHE MURRAYに泊まる、 温故知新、香港①_1_2-2

2/23

ホテルとして生まれ変わったTHE MURRAYに泊まる、 温故知新、香港①_1_2-3

3/23

ホテルとして生まれ変わったTHE MURRAYに泊まる、 温故知新、香港①_1_2-4

4/23

ホテルとして生まれ変わったTHE MURRAYに泊まる、 温故知新、香港①_1_2-5

5/23

ホテルとして生まれ変わったTHE MURRAYに泊まる、 温故知新、香港①_1_2-6

6/23

ホテルとして生まれ変わったTHE MURRAYに泊まる、 温故知新、香港①_1_2-7

7/23

ホテルとして生まれ変わったTHE MURRAYに泊まる、 温故知新、香港①_1_2-8

8/23

ホテルとして生まれ変わったTHE MURRAYに泊まる、 温故知新、香港①_1_2-9

9/23

ホテルとして生まれ変わったTHE MURRAYに泊まる、 温故知新、香港①_1_2-10

10/23

ホテルとして生まれ変わったTHE MURRAYに泊まる、 温故知新、香港①_1_2-11

11/23

ホテルとして生まれ変わったTHE MURRAYに泊まる、 温故知新、香港①_1_2-12

12/23

ホテルとして生まれ変わったTHE MURRAYに泊まる、 温故知新、香港①_1_2-13

13/23

ホテルとして生まれ変わったTHE MURRAYに泊まる、 温故知新、香港①_1_2-14

14/23

ホテルとして生まれ変わったTHE MURRAYに泊まる、 温故知新、香港①_1_2-15

15/23

ホテルとして生まれ変わったTHE MURRAYに泊まる、 温故知新、香港①_1_2-16

16/23

ホテルとして生まれ変わったTHE MURRAYに泊まる、 温故知新、香港①_1_2-17

17/23

ホテルとして生まれ変わったTHE MURRAYに泊まる、 温故知新、香港①_1_2-18

18/23

ホテルとして生まれ変わったTHE MURRAYに泊まる、 温故知新、香港①_1_2-19

19/23

ホテルとして生まれ変わったTHE MURRAYに泊まる、 温故知新、香港①_1_2-20

20/23

ホテルとして生まれ変わったTHE MURRAYに泊まる、 温故知新、香港①_1_2-21

21/23

ホテルとして生まれ変わったTHE MURRAYに泊まる、 温故知新、香港①_1_2-22

22/23

ホテルとして生まれ変わったTHE MURRAYに泊まる、 温故知新、香港①_1_2-23

23/23






25階建て、全336室。
エントランスの樹齢100年というレインボーシャワーツリーは、3月~4月には白とピンクの花を咲かせるそう。
Garden Lounge
Garden Lounge
Garden Lounge
The Tai Pan
The Tai Pan
The Tai Pan
The Tai Pan
The Tai Pan
Popinjays
Popinjays
Popinjays
インドアプール。
Murray Lane 金融街なだけに、仕事帰りにクラフトビールで一息つく地元客も多いロビー階のバー。軽食もあり。
若いアーティストのハンドドローイングのホテル周辺の地図もおしゃれ。
ホテルオリジナルのクラフトビール、O.V.T(old valuable tree)も美味しいと評判。

Malbert氏によるメディテーションクラス・60分(HK$1800)。体の70パーセントは水分なので、銅鑼の波のような音の振動で、血の巡りが良くなるのだとか。まるで音のマッサージを受けているよう。びっくりするほど心身ともにほぐれて目から鱗でした。

What's New

Read More

Feature

Ranking