あなたはどっち派?「フェミニンブラウス」と「ハンサムシャツ」【ファッションSNAP パリ・ミラノ編】

2都市のストリートから見えてきたこの夏のリアルトレンド。洋服から小物まで、キーワードとともに最旬の着こなしをお届け

「フェミニンブラウス」「ハンサムシャツ」

ブラウス派は大人に似合うちょい甘デザイン、シャツ派は凛とした表情で着こなせる襟抜きタイプに人気が集中。 

【ハンサムシャツ】
☆エリザベッタ/アパレル勤務/ミラノ 
膝まで届くシャツワンピをパンツとレイヤード。フロントのすそだけボトムにインしてすっきりと。

海外スナップ_シャツ1



☆ソフィア/学生/ミラノ

シャツに抜け感があるから、シンプルなワンツーコーデもサマ見え。

海外スナップ_シャツ2

 

☆サラ/ギャラリー勤務/ミラノ
メンズライクなシャンブレーシャツにミニボトムで可愛げをプラス。色数をしぼっているから子供っぽく見えない。

海外スナップ_シャツ3



【フェミニンブラウス

☆ジュリア/ショップスタッフ/ミラノ
フリル袖のブラウス はロングスカートと合わせてちょっぴりシャープに。今年らしい配色でより新鮮に見せて。

海外スナップ_シャツ4



☆アリーチェ/弁護士/ミラノ

フリルブラウスとストライプパンツの組み合わせがなんともチャーミング。

海外スナップ_シャツ5



☆アリーチェ/広報/ミラノ

ハイネックのブラウスとチェックのパンツはどちらもアクネ。さわやかなトーンが夏らしい。

海外スナップ_シャツ5
【Marisol9月号2019年掲載】撮影/新村真理(パリ) 中島 誠(ミラノ) 富田 恵(五明さん取材) コーディネーター/酒井祥子(パリ) 建野みどり(ミラノ) 取材・文/野崎久実子

What's New

Read More

Feature

Ranking