リキュールのような“大人の香り”が新鮮! ヴェレダの高保湿エイジングケア化粧水【マーヴェラス原田の40代本気美容 #166】

ありそうでなかった、女性の美に貢献する果実「ざくろ」の化粧水。ほかにはない大人びた香りと、疲れた肌をまろやかなテクスチャーで包み込むヴェレダらしい癒しのエイジングケアは、秋の夜長にぴったり。
ヴェレダのざくろシリーズに日本女性のための化粧水が仲間入り

古来から“女性の果実”と呼ばれてきたざくろ。ビタミンAやC、葉酸にポリフェノール。むくみケアや疲労回復にも効果的といわれる、まさにスーパーフードです。

そんなざくろをキー成分にした化粧水がヴェレダから登場。ヴェレダにざくろのクリームやセラムがあるのは知っていましたが、化粧水って今までなかったんですね。というわけでこちら、化粧水が大好きな日本人のために開発された日本限定処方。だからテクスチャーも実に我々好み!

キーワードは肌のうるおい・ハリ・弾力。ざくろ果実エキスが水の巡る肌の土台づくりをサポート、みずみずしさに満ちた肌を育みます。さらにアロエベラエキスやシロキクラゲ多糖対体といった保湿のスター成分で、ガッチリとうるおいを抱えこむ肌を育成。さらにハリにはローズマリーエキス&ハマメリス水、肌のごわつきをケアするサンシキスミレエキスなど、何だか愛らしい成分がたっぷり!

とろりと優しいテクスチャーですが、香りは甘さとスパイシーさが交差する大人びたムード。これ、正体はダバナという植物の精油らしいです。ヨモギの近縁種で、その香りはリキュールなどに例えられ通なフレグランスなどにも配合されているとか。そうか、だから「アブサン(ニガヨモギ入りのお酒です)みたい」って思ったんだ!なんて、お酒好きとしてちょっと嬉しいポイントも(もちろんノンアルコールですから酔っ払いません。ご安心を)。

ちょっと話が脱線しましたが、成分も香りも、まさに大人の女性にふさわしい高保湿なオーガニック エイジングケア化粧水。柔らかく厚みのあるテクスチャーがじんわりと溶け込んでいく極上の肌なじみで、心までうるおしてくれます。翌朝の肌は柔らかく、使い続けるうちに弾けたざくろから覗くツヤツヤの果実のような輝きとなめらかさが。ぜひお試しください。

ざくろ モイスチャーローション 100mL ¥4000/ヴェレダ・ジャパン<10月9日(水)発売>

ヴェレダのスキンフードにはボディバターも新登場

おまけに新作ニュースをもうひとつ。ひとつ前の新作、リップケアが売れに売れて店頭から一時姿を消した!なんて言われているスキンフードシリーズに、ボディ用集中ケアクリームが仲間入り。これがまた素晴らしく気持ちいいんです。

スキンフードのボディバター

見た目はまるでホイップバターのよう。美味しそうじゃありませんか!

でも体温で瞬く間にとろけて、肌にスーッと溶け込んでしまいます。カカオバターもはいっているから?グルマンな甘い香りで、ケアを楽しくしてくれることうけあい。そして150mLの大容量も歓喜もの! これからのカサカサ頻発シーズンも、たっぷり保湿で乗り切れます。肌をいたわるスキンフードシリーズですもの、ちょっと敏感に傾いた乾燥肌だって優しく包み込んでくれるはず。

ただいま私は腕や脚全体に惜しみなく使っていますが、ベタつかずナイトウエアを着ても快適ですし翌朝はスムーススキンに大満足。あ、あとガサガサし始めたかかとケアにもぜひ! グイグイ入っていくおのれの乾燥っぷりに慄きながら連用していたら、粉吹きで白っぽくなっていたかかとも見事にリペア! 真冬も頼れるmy名品に認定しました。こちらも何とぞお見知りおきを。

スキンフード ボディバター 150mL  ¥3800/ヴェレダ・ジャパン

  • WEB美容エディター 原田千裕
  • ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。
イラスト/ユリコフ・カワヒロ

What's New

Read More

Feature

Ranking