120色中1/3がブラウン系! 大人の今こそ楽しみたいマリークヮントの新作【マーヴェラス原田の40代本気美容 #178】

カラーバリエーション豊富なメイクアップ、スキンケアもエイジング肌向けまでばっちり網羅。可愛いだけじゃない、マリークヮントの底力を再認識!
マリークヮントのアイシャドウがフルリニューアル

黒いパッケージに、ぷくんと愛らしいデイジー。くずれにくいファンデーションに、思いがけない色まで揃うメイクアップ。そういえばマリークヮントには学生~フレッシャーズ時代を中心に、ずいぶんとお世話になりました。実は、来年2020年に誕生65周年&日本上陸50周年という歴史を誇る老舗ブランドなんです。

そんなマリークヮントが来年2月1日(土)にアイシャドウ「アイオープナー」をフルリニューアル。そのお披露目にお邪魔してきました。巨大デイジーのまわりにぐるりと置かれたその数、全120色! もう30年以上この色数をキープしているそうですが、やはり圧巻です。プライスは1色¥1200

マリークヮントのアイシャドウは全120色

大きなリニューアルポイントは、新たな質感として「グリッター」が加わったこと。マット・パール・メタリック・トゥインクル・グリッター、と5つの仕上がりがそろいます。

マリークヮントのアイシャドウ、手前の一列はシーズナルカラー

しかもよーくご覧ください。表面にプレスされた溝に、タテとヨコがあるの、分かりますか? 実はこれ、製法の違いを表しているんです。タテの溝が入っているのは高発色を狙い、乾式で作られたマット&パールタイプ。しっとり密着して濡れたような輝きを放つメタリック・トゥインクル・グリッターは湿式で作られていて、ヨコに溝が入っているんです。こういう細かいこだわり、好きだな~(笑)。

マリークヮントのアイシャドウはブラウンバリエーションが豊富!

そして、アラフォー、というか大人の女性に嬉しいポイントを。なんと、120色のうち約1/3を占めるという豊富なブラウンバリエーション! これだけあれば、必ずMyブラウンが見つけられるはず。ちなみに、眉用に購入される方も多いそうです。

マリークヮントのアイシャドウは別売りパレットに好きに組み合わせて

また、ご覧の通り最大8色まで入るパレットもあるので、自分だけのフルメイクパレットを作ることも可能です。リップもチーク(スペースは2区画分)も同じトライアングル型なので、ぴったり入って気持ちいい! こちらも2020年2月1日(土)、より使いやすく進化します。

マリークヮントの隠れた名品、シリコンのアイシャドウブラシ

そう、ちょっと脱線しちゃうのですがこんなツールも見つけました。最近はあちこちで見かけるようになったシリコンのアイシャドウチップ。実はマリークヮントではもう10年以上前からリピーターが尽きないヒットアイテムだそう。

マリークヮントのシリコンのアイシャドウブラシを使えば、アイシャドウでシャープな線も

これ、しっとり系やグリッター多めのアイシャドウをのせるのにホント重宝します。指は汚れないし、肌あたりもソフト。側面を使えばこんな風にラインも引けちゃいます。洗って何度も、そして様々な色に使えるのも嬉しい! パレットに入れられるスポンジとのツインタイプは¥500、柄が長いタイプでも¥1000とお値打ち!

マリークヮントはスキンケアも大充実

さらに脱線してマリークヮントのスキンケアもご紹介しちゃいましょう。こちらも品数がすごい!

マリークヮントのスキンケアには、エイジングケアもある

歴史が長いブランドということもあって、私のように学生時代に出合ってからずーっとファン!という方も多いようで……エイジングケアに最適なプレミアムラインもあるんです。シリーズ名はクヮント バイ マリークヮント

マリークヮントのエイジングケア美容液

なかでも、今年の9月にリリースされたばかりの美容液、エンリッチメント セラム(30mL  ¥15000[医薬部外品])がとっても好感触!  美白にシワ対策に糖化をはじめとするエイジングサイン……全てまとめて面倒みてくれるマルチ機能の美容液なんです。テクスチャーも、ものすごく肌へのとどまりがよく、ラッピング感が半端ない! 翌朝の肌の柔らかさに、思わずニヤニヤしちゃいますよ。

マリークヮントのアイシャドウをかたどったポーチも発見!
アイシャドウをかたどったポーチも発見!

日本で50年近く愛されてきたマリークヮント。その歴史とともに目覚ましい進化を遂げていました。ぜひ皆さまも今一度、チェックしてみては? 来年の誕生65周年&日本上陸50周年に向けて様々な試みも発信していくとのことなので、改めて目が離せない存在になりそうです。

  • WEB美容エディター 原田千裕
  • ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。
イラスト/ユリコフ・カワヒロ

What's New

Read More

Feature

Ranking