体をほっそり女らしく見せる「ロング(長い)&リーン(細い)」シルエットが流行中!

今シーズンはよりボディをほっそり女らしく見せる「ロング&リーン」シルエットが、アラフォーをより素敵に見せてくれる。

マストアイテム01:ロングワンピース

着るだけでシュッと縦長に女らしく。シンプルなタイトニットワンピと、自然とメリハリが生まれるウエスト切り替えの2タイプが狙い目。

コート×ロングワンピースを着たモデルのSHIHOさん

マニッシュなオーバーコートも、タイトな黒ワンピでぐぐっと女らしく

すらりと細長いマキシ丈の黒ニットワンピースはスリット入りで、歩くたびにちらりとのぞく脚もフェミニン。インをロング&リーンにすることで、オーバーサイズのコートやブーツを合わせたコーデもマニッシュになりすぎず、どこか色っぽい雰囲気に。

コート¥79,000/エイトン青山(エイトン) ワンピース¥34,000/CABaN Daikanyama(CABaN) ピアス¥22,000/フレームワーク 自由が丘店(ロマニン) スカーフ¥49,000/フィーゴ(ピエール=ルイ・マシア) バングル¥39,000/アパルトモン 神戸店(マラ カリーゾ スカリス) バッグ¥179,000/ジミー チュウ 靴¥68,000/パラブーツ青山店(パラブーツ)

エブールのロングワンピースを着たモデルのSHIHOさん

すとんと落ち感のある素材とベルトで、女らしい縦長ラインが簡単に

すとんと落ちるとろみ素材のロング丈ワンピースは着るだけで簡単に女らしい細長シルエットが作れる便利アイテム。こんなウエストにベルトや切り替えがあるタイプなら、のっぺり感がなく、より全身バランスがとりやすく。

ワンピース¥58,000/ebure ピアス各¥14,000/エイチ ビューティ&ユース(プリーク) サングラス¥34,000/モスコット トウキョウ(モスコット) ネックレス¥10,000/レリタージュ マルティニーク(フィリップ  オーディベール) バッグ¥194,000/ジミー  チュウ 靴¥72,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(ペリーコ)

マストアイテム02:細身フルレングスパンツ

膝までがすっと細く、すそがほんの少し広がったフルレングスパンツがトレンドに急浮上。女らしく新鮮なたたずまいに。

ニット×細身のフルレングパンツコーデを着たモデルのSHIHOさん

優しいベージュのワントーンでつなげて縦長感を強調。辛口の足もとでキレを加えて
くるぶし丈の細身パンツやスキニーパンツに飽きたおしゃれな人たちが今季こぞって移行しているのが「ネオ・美脚パンツ」ともいえる、こんな細身のフルレングス。はくだけですらりと脚長に見えるだけでなく、シンプルなニットと合わせるだけでさりげない女らしさが。レトロな雰囲気になりすぎないよう、かご型バッグやパイソンの靴など、小物でアクセントを加えるのがコツ。

ニット¥100,000/カオス丸の内(カオス) パンツ¥48,000/アパルトモン 神戸店(リジエール) ピアス¥28,000(イーダス)・バッグ¥65,000(へリュー)/ジャーナル スタンダード レサージュ  青山店 靴¥35,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(ファビオ ルスコーニ)

マストアイテム03:ロングタイトスカート

今季、女らしさを簡単に演出したいなら迷わずこれ。つかず離れずのゆとりとふくらはぎ以上の長め丈がポイント。

コート×ロングタイトスカートコーデを着たモデルのSHIHOさん

コンサバになりすぎないよう、カジュアルアイテムで抜け感たっぷりに着るのが今っぽい

気分と見た目の両方から、わかりやすくフェミニンスイッチをON!してくれるペンシルタイプのタイトスカート。アラフォーが直球できれいに着るとコンサバになるので、スポーティなアウターやスニーカーなど、カジュアルなアイテムで抜けを作るとちょうどいいこなれ感に。

スカート¥28,000/ebure コート¥89,000/エイトン青山(エイトン) ニット¥43,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) ピアス¥13,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(フィリップ オーディベール) バッグ¥71,000/ドゥロワー 丸の内店(ワンドラー) 靴¥101,000/ジミー チュウ

マリソル公式通販企画”冬のおしゃれは“あたたかくてスッキリ見え”が正解!
撮影/金谷章平(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア/Dai Michishita メイク/早坂香須子(W) スタイリスト/徳原文子 モデル/SHIHO 撮影協力/山野美容専門学校

What's New

Read More

Instagram

Feature

Ranking