デザイン性の高い旬アイテムをざくざくモノトーン基調で投入【エディター発田さんのお買い物】

日々たくさんの名品に触れる審美眼に注目。マリソル世代のおしゃれプロが自分のために選び抜いたアイテムを見せてくれました!

■エディター 発田美穂さん
モード感高めのアイテムにもシックなデザイン&洗練カラーを味方に、果敢にトライ!

2019年秋冬おしゃれプロのお買い物1_1

「今季『ユナイテッドアローズ』からデビューした『ロエフ』は、大人のクリーンなアイテムぞろいで注目しています。なかでも、このサロペットは上質な素材感とシルエット、絶妙なニュアンスホワイトが絶品」。サロペット¥45,000/ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア(ロエフ) 


2019年秋冬おしゃれプロのお買い物1_2

「前を短めに設定したすそやドロップショルダー、ショート丈で、カジュアルすぎず着られるスウェット。"アイスクリーム"と名づけられた柔らかな白も好み」。スウェット¥22,000/カオス丸の内(カオス)


2019年秋冬おしゃれプロのお買い物1_3

「バンドカラーと繊細なピンタックがクラシカルなロングシャツ。後ろは襟足からすそまで大胆にスリットが入ったデザインで、レイヤードスタイルがぐっとモダンに仕上がります」。シャツ¥38,000/レリタージュ マルティニーク 


2019年秋冬おしゃれプロのお買い物1_4

「ロングスカートとも相性がいいショート丈のアウターが欲しくて購入。立ち襟と比翼仕立てがすっきりきれいな印象。袖口のスナップを閉じてパフスリーブにも変えられて、着回しが楽しい一枚です」。コート¥50,000/ドローイング ナンバーズ 南青山店(ドローイング ナンバーズ) 


2019年秋冬おしゃれプロのお買い物1_5

「ゴブラン織に目がありません。これは黒ベースのシックな配色で、思った以上に合わせやすいんです」。靴¥49,000/アマン(ペリーコ)

【Marisol12月号2019年掲載】撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/池田メグミ 取材・文/須藤由美

What's New

Read More

Feature

Ranking