オバちゃんに見えないスカーフの巻き方&選び方

2017年2月19日
あるとなしでは大違いなファッションアイテム「スカーフ」。大人っぽく、かつおしゃれに見せるにはどうしたら?
今いち分かってない着こなしのハウツーや年齢に応じたアイテム選びなど、おしゃれのニッチなお悩みを隅々まで解決! 

A.ニットとスカーフの色を合わせ、 さりげなくきかせて

小面積でもきくスカーフは、これ見よがしにしないのがルール。例えばシャツ襟感覚で、タートルからチラリ。エレガントよりカジュアルな柄、色もトップスとそろえ、あくまでコーデの寂しさを補う程度に。

■巻き方は・・・

1.スカーフは対角線状に折りたたんでいき、手首幅くらいに。ニットの上から首にひと巻

2.結び目を前にして、先端はタートルの中にイン。襟ぐりから2〜3㎝見えるのがベスト!

スカーフ¥11,000/フラッパーズ(マニプリ) ニット¥11,000/ルーニィ コート( 3 月発売予定)¥32,000/BOSCH


撮影/魚地武大(物) 遠藤優貴(MOUSTACHE/人物) ヘア&メイク/佐藤エイコ(ilumini.) スタイリスト/松村純子 取材・文/伊藤真知

What's New

Feature

Ranking