心と体に心地よい 京都の新しいランドマークへ

12月9日に、四条河原町にオープンしたトータルライフスタイル施設「GOOD NATURE STATION」。髙島屋 京都店とは連絡通路で結ばれており、まさに街の中心に、待望の癒し空間がデビューし話題となっています。さっそく心地よいホテルステイを体感してきました!
心と体に心地よい 京都の新しいランドマークへ_1_1
GOOD NATURE HOTELのロービー階の吹き抜け
観光客で賑わうこの辺りに、見つけにくかった落ち着くスポットなので、「GOOD NATURE STATION」の誕生は、旅行客にも、このあたりに住む方々にも嬉しいニュース。ここは、”楽しみながら、健康的で良いものを自分らしく取り入れる=GOOD NATURE”という、古来から京都に根付く、自然を敬いながら暮らす知恵を体感できる空間になっています。

まず、1階には、GOOD NATURE MARKETがあり、オリジナルブランドの食品などがずらりと並びます。3階にはビーントゥーバー工房があるのですが、そこで出るカカオの殻を使った煎茶やほうじ茶、レトルトカレーなど、アイデアの尽きない取り組みは感動的でした。カラフルなこだわり野菜のサラダなどイートインもできるので、重宝しそうです。3人のパティシエが手がける、アート作品にしか見えないデセールのパティスリー「RAU」のスイーツは、デセールと呼んでいるだけに、ひとつひとつが完成されたデザートとなっています。型から作っているものばかりで、シグネチャーの「RAU」は、ウーロン茶、金木犀、ライチのデセールで、有機茶葉が添えてあります。
心と体に心地よい 京都の新しいランドマークへ_1_2
RAUのデセールたち
おしゃれな「ERUTAN(エルタン)RESTAURANT/BAR」もカウンターとテーブル席があり使い勝手が良かったです。エルタンはミラノでミシュランの一つ星を獲得した徳吉洋二シェフが監修。美山牛乳や宇治平飼いたまご、ベルケルの生ハムスライサー、野菜の皮や根、葉を使った野菜ジャムなど、ここならではの素材を生かしたメニューを堪能できます。ピアディーナのようなサンドイッチを自分で組み立てるメニューも、朝食の20種の野菜入りフリッタータにもほおが落ちました!また、バーでは、世界的に人気の京都のクラフトジンを使ったカクテルなども。

GOOD NATURE STUDIOの3階には、ビーントゥバー工房のほか、オリジナルコスメブランド「NEMOHAMO」のほか、セレクトした雑貨などのショップと、ヘッドスパが自慢の美の遊園地「眠れる森の美女」が。1階の「RAU」のケーキの一部はこの階にある「RAU CAFE」でいただけます。
心と体に心地よい 京都の新しいランドマークへ_1_3
ERUTANの紫蘇とオレガノ、アンチョビバターのパスタ
4階から9階はGOOD NATURE HOTELとなっていて、ロビーフロアとなる4階にはカフェレストラン「Hyssop(ヒソップ)」もあり、宿泊客でなくても、吹き抜けの気持ちよい空間で一息つけます。このフロアには、ヨガ、ワークショップやギャラリースペースも。ホテルのインテリアもすべて素敵で、天然木を基調とした内装に、家具はすべてオリジナルだそう。部屋のグレードは大きく3つに分けられており、それぞれソファの色を濃紺、緑、桜色をアクセントカラーとして展開されています。部屋のタッチパネルで、 24時間の生体リズム”サーカディアンリズム”に合わせた快眠照明が選べるようになっています。肌に気持ちのいいルームウェアが用意され、プラスチックごみを減らす取り組みも。ベッドマットレスも全米でシェアNo.1のサータ社のものを導入、ととことん快適さを追求しています。スタッフのユニフォームまでスタイリッシュで2度見してしまいました(笑)!

そして、客室のアメニティもオリジナルのNEMOHAMOのもの。植物を丸ごと低温真空抽出でエキス化し、天然成分だけで製品化しているといいます。3階でも試せるのですが、肌馴染みが良く、部屋にもあるヘアケアも人気なのだそうです。古く朝鮮から伝わったオタネニンジンに着目し、サスティナブルコスメアワードで、ブースターオイルが最優秀賞を受賞。パッケージもサトウキビの搾りかす由来のものを使用するなど、これからさらに注目されそうです。
心と体に心地よい 京都の新しいランドマークへ_1_4-1

1/24

心と体に心地よい 京都の新しいランドマークへ_1_4-2

2/24

心と体に心地よい 京都の新しいランドマークへ_1_4-3

3/24

心と体に心地よい 京都の新しいランドマークへ_1_4-4

4/24

心と体に心地よい 京都の新しいランドマークへ_1_4-5

5/24

心と体に心地よい 京都の新しいランドマークへ_1_4-6

6/24

心と体に心地よい 京都の新しいランドマークへ_1_4-7

7/24

心と体に心地よい 京都の新しいランドマークへ_1_4-8

8/24

心と体に心地よい 京都の新しいランドマークへ_1_4-9

9/24

心と体に心地よい 京都の新しいランドマークへ_1_4-10

10/24

心と体に心地よい 京都の新しいランドマークへ_1_4-11

11/24

心と体に心地よい 京都の新しいランドマークへ_1_4-12

12/24

心と体に心地よい 京都の新しいランドマークへ_1_4-13

13/24

心と体に心地よい 京都の新しいランドマークへ_1_4-14

14/24

心と体に心地よい 京都の新しいランドマークへ_1_4-15

15/24

心と体に心地よい 京都の新しいランドマークへ_1_4-16

16/24

心と体に心地よい 京都の新しいランドマークへ_1_4-17

17/24

心と体に心地よい 京都の新しいランドマークへ_1_4-18

18/24

心と体に心地よい 京都の新しいランドマークへ_1_4-19

19/24

心と体に心地よい 京都の新しいランドマークへ_1_4-20

20/24

心と体に心地よい 京都の新しいランドマークへ_1_4-21

21/24

心と体に心地よい 京都の新しいランドマークへ_1_4-22

22/24

心と体に心地よい 京都の新しいランドマークへ_1_4-23

23/24

心と体に心地よい 京都の新しいランドマークへ_1_4-24

24/24

東山テラススイートのインテリア。全141室あります
ガーデンビューテラスツイン。青紅葉は絵師が各部屋に描いています
カカオティーやバードフレンドリー認証コーヒーが
マグカップやタオルに至るまで使い心地にこだわっています
NEMOHAMOのアメニティ
桜色の家具の客室には桜の絵
場所は髙島屋 京都店の南側
マーケットのオリジナル商品
ERUTAN
1階のバーエリアはイートインスペースでもあります
RAU
”皿”をイメージしたデセール
瓦に模した美しすぎる焼き菓子
ERUTANのカウンターエリア
ERUTAN LUNCHにはパスタやデザート、ドリンクが付きます
金時人参のタルト、美山牛乳のリコッタのカノーリなども
ERUTANのレタスに山芋!
ERUTANのシグネチャーメニュー、ロトロは低音調理したジンジャー風味の柔らかな丹波高原豚と有機赤玉ねぎ
朝食は20種の野菜のシフォンフリッタータが自慢!
ベルケルのスライサーで、レースのように薄く切った生ハム
NEMOHAMOは3階で試せます
ホテルのロビー
ホテルのアクティビティで、伏見の深草にある、竹林を再生したレモン果樹園にレモン狩りに
農園でいただくレモンティーは格別でした

What's New

Read More

Feature

Ranking