ニット一辺倒になりがちな季節だからこそ、3つの「女っぷり化繊」をコーデにプラス

もっさり見えがちな冬、「艶プラス」であかぬける!

冬はいつだってニットが主役。その温かみは"優しさ”には効くけれど、多用しすぎると、手抜きっぽさやほっこり感につながるのも事実。だからこそ必要なのは、女っぷりが上がる「艶」。その代表格でもあるシルク、ではなく、より扱いやすい"シルク風”で、気負わずおしゃれに!


【 女っぷり化繊って何?】
ポリエステルやナイロンといった化学繊維を使った"シルク見え"アイテムのこと。シルクのような品のよさや女らしさはそのままに、家で洗えるなど扱いやすさや値段の手ごろさも実現。本物志向のアラフォー世代こそ要注目!



①顔まわりの艶は〝美肌印象〞にもひと役
シルク見えブラウス

女っぷり化繊シルク見えブラウス

女っぷりには色より質感、が一目瞭然!
くすみグレーのブラウスとレフ板効果の高い白Tシャツ。 艶を味方にするだけで、劣勢のはずのグレーに軍配。みずみずしく若見えする。

ブラウス¥19,000/ゲストリスト(ハウント代官山/ハウント) ニットコート¥38,000/デミルクス ビームス 新宿(アダワス) デニム¥16,000/バロックジャパンリミテッド(ブラックバイマウジー) ピアス¥69,000・ブレスレット¥46,000/エスケーパーズ(ソフィー ブハイ) バッグ¥132,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M  デヴィッドソン) 靴¥48,000/アマン(ペリーコ)



②広い面積で取り入れれば格段に華やか

光沢プリーツスカート

女っぷり化繊光沢プリーツスカート

重々しくなりがちなダークトーンも軽快に
コートと同じくらいの面積を占める膝下スカートを光沢素材へとスイッチ。するとプリーツの華やかさと相まって、ダークトーンでも軽やかなムード。タートルのほっこり感も一掃。

スカート¥16,000/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店(フォンセ/ルージュ・ヴィフ) ニット¥36,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) コート¥98,000/ebure ピアス¥15,000/ラヴァンチュール マルティニーク(ジービンスキー) バッグ¥53,000/アマン(ア ヴァケーション) 靴¥107,000/ロンハーマン(ジル サンダー)



③〝女性限定〞の特別感が女っぷりに直結

とろみワイドパンツ

女っぷり化繊とろみワイドパンツ

チノにはないしなやかさが色っぽい
落ち感のきれいなワイドパンツは、そのゆとりのおかげで 脚がほっそり見える優秀アイテム。カーキのニットと男前な靴、そこにひとさじのとろみを加えることで、辛さもやわらぎまろやかな印象に。

パンツ¥16,000/アルアバイル(アルアバイル) ニット¥31,000/スローン メガネ¥40,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) イヤカフ¥36,000/ショールーム セッション(ヒロタカ) バッグ¥57,000/アパルトモン 神戸店(へリュー) 靴¥110,000/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン)
【Marisol12月号2019年掲載】撮影/須藤敬一(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.) スタイリスト/松村純子 モデル/牧野紗弥 取材・文/伊藤真知

What's New

Read More

Feature

Ranking