2020年、永遠の若さと透明感がほしいなら―― 「ランコム」の進化系化粧水を味方に!【マーヴェラス原田の40代本気美容 #200】

ランコムの発表会。てっきり、来春の美白が発表されると思っていました。しかし私たちにもたらされたビッグニュースは、新たな化粧水の誕生。肌の酵素に働きかけ、透明感あるパーフェクトスキンへ。毎日使う化粧水で、若々しい肌をゲット!
ランコムの新化粧水、クラリフィック発表会

誰もが欲しいと願う、透明感ある肌。トーンが均一で、ふっくらキメが整い、うるおっていて毛穴レス。そんな肌が保てたら何よりも最強にエイジレス! その理想肌をつくり出す鍵を握っているものって、なんだと思います? 答えは酵素なんです。


ランコムは以前からターンオーバー・肌の色調抑制・うるおいなど美肌を作るプロセス全てに酵素が関わっていることに注目。長年にわたり酵素と肌質との結びつきを研究し、実に13もの特許を取得しているんです。その知識の結晶が、今回の化粧水「クラリフィック デュアル エッセンス ローション」というわけ。

クラリフィックのキー成分は、ブナの木の芽!
会場には、フランスから運ばれた実際のブナの芽が

注目必至の化粧水、キー成分として選ばれたのは“永遠の若さを保つ樹”と呼ばれるブナ。しかも、フランスの自然林で春の2〜3週間の間に採れる、エナジーのかたまりのような芽の部分のみ。ちなみに、樹全体の2割程度の採取に留め、しかも低い枝の芽のみ、同じ木からは4年に1度だけ!と環境への配慮も行き届いています。さすが。

ポリフェノールやアミノ酸など、肌を美しく育む成分がギュッと詰まったブナの芽。そこから生まれるエキスには、美肌の要である様々な酵素に働きかけ、肌の透明感を根本から高めてくれるチカラがあるのだそう。

ランコムの新化粧水、クラリフィック

しかもよーくご覧ください。このクラリフィック、2種類のエッセエンスが組み合わさった二層式で、その比率は97:3。肌の透明感を高めながらうるおいと心地よい使用感、そしてみずみずしい浸透を実現する最適バランスなんだとか。

クラリフィックのボトルについているウィスク

2種のエッセンスがバランスよく混ざり合うための仕掛けも画期的。ボトルの内側に柔らかくしなる“ウィスク”(泡立て器のようなもの)が取りつけられているんです。使う前にさっとシェイクすればマイクロバブルが発生して、黄金バランス化粧水の出来上がり。そんな毎日の儀式も楽しくしてくれる、ブナの芽フォルムのウィスクは医療用プラスチックで作られています。ちなみに、再生ガラス25%使用のボトルとともに再生可能、とパッケージもちゃんとサスティナブル。

 

ランコムのクラリフィック、シェイクしたところ

さっそく、私も朝晩シャカシャカしてお試し中。このホログラフィックなキャップがまた美しくって、手に取るたびに気分が上がります。テクスチャーはさらっとあっさり系ですが、コットンで優しくなじませてハンドプレスするとぐぐっと入っていくのが分かる。そして3%のオイルのおかげでしょうか、後肌に心地いいしっとり感をもたらしてくれます。うん、まさに美容液級の進化系化粧水! 4週間後が楽しみです。

クラリフィック デュアル エッセンス ローション 150mL ¥11000/ランコム<2020年2月14日(金)発売>

ランコムのラプソリュ リップの新色

ラストに直前情報。ランコムのシンボルリップ・ラプソリュからニューイヤーコレクションが発売されます。ラインアップは4種のリップスティック2種のラッカー。なかでもこのベルベットの限定パッケージをまとった2色のラプソリュ ルージュは争奪戦になりそう。

ランコムの新色リップのカラーは

左は274 #愛されミルクティー、右は196 #愛するチリココア。愛称もランコムらしくチャーミング! 同じ色のラプソリュ ラッカーもリリースされるので、お好みの色・質感、そしてネーミングを選んでどうぞ!

(左)ラプソリュ ルージュ R 274、(右)ラプソリュ ルージュ DM 196 各¥4000/ランコム<2020年1月1日(水・祝)限定発売>


というわけで、今年はこの記事で更新納め。来年も最新&ちょっとマニアックな美容トピックスをお届けいたしますのでよろしくお願いします。では皆さま、素敵な新年を!

  • WEB美容エディター 原田千裕
  • ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。
イラスト/ユリコフ・カワヒロ

What's New

Read More

Feature

Ranking