ほろ苦い春菊とミルキーなかきを巻いて、パリッと揚げた大人の春巻き【平野由希子のおつまみレシピ #77】

1月はシャンパーニュに合うおうち点心との組み合わせレシピを3回に分けてご紹介。3回目は春菊とかきの春巻き
【今月のお酒】シャンパーニュ
シャンパーニュ

(右)ラルマンディエ ベルニエ ロゼ・ド・セニエ プルミエクリュ
(左)ラエルト・フレール ブラン・ド・ブラン ブリュット・ナチュール

(右)コート・デ・ブランの小規模生産者で、ビオディナミによる耕作。これは鮮やかな色合いで、果実味、酸味、わずかなタンニンのバランスがいい。ピノ・ノワール100%。750㎖¥11,000/木下インターナショナル

(左)1889年に創立したドメーヌ。現在5代目とその息子が、ビオディナミや自然な醸造に挑んでいる。100%シャルドネ。いきいきとした酸とフレッシュな果実味、ソルティなミネラル感も。750㎖¥6,600/ラシーヌ
「パリッとした揚げ物や、サクサクした食感の春巻きはシャンパーニュと好相性。その具材がかきなのですから、シャンパーニュとの相性は申し分なし。ブラン・ド・ブランも合いますが、ロゼを含めたほかのシャンパーニュでも合います」ミルキーなかきと、香り高くほろ苦い春菊の組み合わせが大人の味わい。皮の閉じ目を向こう側にして盛ると、春菊のグリーンが透けてきれいに。


【レシピ】かきの春巻き

シャンパーニュ×点心3_2

【材料[材料・8本分]
かき(加熱用)… 大8個(小なら16個)
春菊… 1/3束
春巻きの皮… 8枚


薄力粉・水… 各小さじ1

揚げ油… 適量

【作り方】
1.
かきは熱湯でさっとゆで、ザルに上げておく。春菊は葉を摘み、Aは混ぜておく。

2.春巻きの皮に春菊の葉適量、かき1個(小なら2個)をのせて巻き、巻き終わりにAをつけてとめる。残りも同様に巻く。

3.油を160℃に熱し、②を入れて揚げる。途中で上下を返し、こんがりと揚げる。



【Point】

シャンパーニュ×点心3_3

春巻きの皮に生の春菊の葉を摘んだものをのせ、その上にかきをのせて巻く。かきは大きければ1個、小さければ2個で。


次回は2月15日(土)19時半更新予定。お楽しみに。
  • 平野由希子
  • 料理研究家、日本ソムリエ協会認定ソムリエ、フランス農事功労章シュヴァリエを叙勲。ワインバー「8 huit.」オーナー。フレンチをベースにしたおしゃれな料理とワインのペアリングを学ぶ、少人数制の料理教室「cuisine et vin」を主宰。詳細はホームページで。(https://www.yukikohirano.com/) 近著に「ソムリエ料理家のワインを飲む日のレシピ帖」(KADOKAWA)。
【Marisol2月号2020年】撮影/邑口京一郎 スタイリスト/駒井京子 取材・文/海出正子 

What's New

Read More

Instagram

Feature

Ranking