美女組・Akaneさんが提案。ユニクロの名品はこう着るのが正解!|40代の2020冬コーデ

高見えプチプラファッションの連載が大人気の美女組・Akaneさん。数あるユニクロの商品の中から、Akaneさんが見つけ出した2020冬の名品とは?ユニクロの名品を使った、40代女性が素敵に見える2020冬の着こなしをAkaneさんが提案します!
美女組 Akane

美女組 Akane

美女組 Akane元国内線C/A。フランス留学中にアルバイト生活でプチプラファッションに目覚め、現地でリアルな着こなしを見て学ぶ。40代が最大限おしゃれに見えるプチプラアイテムを日々発掘中。小学生2児の母。

①ユニクロの名品:コーデュロイのタイトスカート

ユニクロのコーデュロイタイトスカート
ユニクロのコーデュロイのタイトスカート、1290円(税抜き)。

店内で、際立って高見えしていました。コーデュロイ商品は、ユニクロには他にも数種類ありますが、この商品の光沢は格別にきれいで目立ちます。ちょっとめずらしいカラーにも惹かれました。黒かと思ったら「ダークグレー」。フランスでは、この色をよく「グラファイト(黒鉛)」と表現するのですが、まさに「黒光り」したドラマティックな光沢で、ブラウンの「マカダム」がとてもよく映えていました。
ユニクロのコーデュロイスカートの寄り
タイトスカートは、「窮屈、動きにくい」というイメージがありますが、このスカートは、ストレッチがかなり効いているので伸びます!お尻に張り付きにくいサラッとした素材なので、とても動きやすいのです。

後ろ側に入った、約22cmの長めのスリットが大人っぽくてクール!これ本当にユニクロ??…思わず、「プチプラ」ということを忘れてしまうハイレベルなデザインです。

コーデュロイは、デザインによっては少し幼い印象になりがちですが、この素材は光沢が強いため大人っぽく着られます。ヴィンテージバッグにはもちろん、どんな小物や服にも高級感をプラスしてくれます。

【Day1】タイトスカート×ロングコート

タイトスカート×ロングコート
細身のタイトスカートは、アウターとのバランスもとりやすく、ロングコートを羽織ると大人っぽい印象に。ギラりと光るスカートのツヤが高見え印象をアップさせます。「オールドセリーヌ」がレトロなアクセントに。

【Day2】コーデュロイ×カラーニット

コーデュロイ×カラーニット
濃いめのグレーは色物にも合わせやすいです。特に「赤」は抜群の相性。強い光沢が、トップスの赤を少し反射することで、全体が華やかに見えます!大人っぽさプラス、かわいらしさを出したい時におススメの組み合わせ。

【Day3】スカートに合わせたブラック系ワントーン

スカートに合わせたブラック系ワントーン
すべてブラック系のアイテムでシックにまとめると、コーデュロイが幼くなりません。スカートのツヤで、ワントーンでもボヤけることがなくメリハリがつけられます。このワントーンには、「オールド」ではなく黒の「16(セーズ)」が合いそう。

【Day4】コーデュロイ×ロングブーツ

コーデュロイ×ロングブーツ
コーデュロイには、スウェード素材のシューズが良く合います。あたたかみが増し、冬らしい印象に。コートもシューズに合わせてスウェード調で、素材感を統一しました。

【Day5】コーデュロイ×パーカー

コーデュロイ×パーカー
タイトスカート×パーカーは、抜け感が出る組み合わせですよね。カジュアルなパーカーにコーデュロイ×スニーカーと、幼くなりがちの組み合わせですが、大人っぽいタイトスカートがそれを防いでくれます。

②ユニクロの名品:メンズのワッフルセーター&白プリーツスカート

ユニクロのメンズのワッフルセーターと白のプリーツスカート
店頭で思わずトキめいた、メンズ、ウィメンズの新春にふさわしい爽やかなアイテム!
まずはメンズニットから。今年も、気づけばユニクロの「メンズエリア」にいました。フェミニンが好きなわたしにとって、40代の「フェミニンバランス」を整えてくれる欠かせない存在です。今年の最後にも、いい仕事をしてくれました…「ワッフルセーター」が進化して登場です!
ユニクロのメンズのワッフルセーター
昨年も、メンズのワッフルセーターを購入したのでリピート買い。今年は、春らしいネイビーを選びました。見た目の変化はそれほどなくても、お店で手にした瞬間、すぐに違いがわかりました。肌触りが違う!やわらかくなって、そして軽い。重厚なニットに見えますが、ふんわりとした軽さに変わり、なめらかな手触りに進化したのです。

首まわりのリブ部分が、昨年より細くなったところもうれしいです。これだけでも、より洗練された雰囲気に。「ウール」を感じない軽さなので、4月頃まで使えます。
ユニクロの白プリーツスカート
続いてウィメンズ。ショップに入り、秒速で即決しました。新商品のプリーツスカート。色はホワイトです!
ユニクロの白プリーツスカートの寄り
このスカートもアップデートされ、やわらかいシフォン素材に変わりました。手で握ると、スルスルとこぼれ落ちる質感です。今季は、プリーツのボリュームを抑えたデザインになったので、大人が穿いても「かわいさ」控えめのテイスト。この素材なら、今買って、夏の終わりまでヘビロテになること間違いなし!
ユニクロのメンズのワッフルセーター×白プリーツスカート×ファーバッグコーデ
例えば、ファーバッグを合わせれば、このシーズンにぴったりの冬らしい上品な雰囲気に。ちなみにこのコーデ、税抜きで考えれば、ニット・スカート・バッグの3点合わせても10,000円なんです。上下ユニクロ、そしてプチプラバッグという「手抜きコーデ」でも、色の組み合わせと素材感のおかげで、清楚な高見えに!

【Day1】メンズニット×ホワイトプリーツ

メンズニット×ホワイトプリーツ
まずは、ユニクロ同士の組み合わせ。ネイビー×ホワイトで無敵の上品コーデに、どちらの色にも映える赤いポシェットをアクセントにしました。このバッグもプチプラなので、シューズ抜きで、トータル1万円以下コーデ♪

【Day2】ホワイトプリーツ×ホワイトニット

ホワイトプリーツ×ホワイトニット
白プリーツに白いニットを合わせた、ホワイトのワントーンも素敵です。控えめなプリーツのおかげで、ざっくりニットを合わせても、「ほっこり感」はありません!

【Day3】ホワイトプリーツ×ジャケット

ホワイトプリーツ×ジャケット
白いプリーツはジャケットにも良く合い、きれいめな印象にまとまるのでお仕事にも向いています。白に合わせやすい黒のジャケットなら取り入れやすいですね。プリーツにはヒールも素敵ですが、ショートブーツも抜群の相性です。

【Day4】メンズニット×きれい色スカート

メンズニット×きれい色スカート
メンズニットにグリーンのスカートを合わせました。きれい色のロングスカートも、メンズニットのおかげで可愛さも控えめ。ネイビーときれい色は合わせやすく、どちらの色もきれいに映えます。ストールのイエローをバッグにリンクさせ、統一感を出しました。

【Day5】メンズニット×カラーデニム

メンズニット×カラーデニム
メンズニットに、ゆるめのデニムを合わせてマニッシュなスタイルに。ピンクなどの「カラー」にすれば、マニッシュな中にも女性らしさを感じられます。ネイビー×ピンクも定番の相性ですね!

③ユニクロの名品:メンズのタートルネックニット

お気に入りのユニクロのメンズニット。種類はたくさんありますが、毎年定番、かつ一番好きなのは、「エクストラファインメリノ」シリーズ。

このニットが並んだコーナーを見るたびに、ツヤがあって上品な質感に「美しいな」と、ついつい触れたくなります。毎年買っている「Vネック」「クルーネック」に加え、今年は初めて「タートル」を取り入れてみました。「黒のタートル」…究極にシンプルでクールなこの1枚を見ているだけで、もううっとり♪
ユニクロのメンズタートルネックニット
「ファインメリノ」は、ほとんどメンズを着ています。「同じ商品なら女性用を選べばいいのでは?」…という感じもしますが、女性用と男性用は、同じ商品でも「型」が違います。Vネックやクルーネックの「首まわり」を例にすると、メンズはだいぶ狭く詰まったデザイン。女性らしく開いたものも素敵ですが、スカートに合わせる時は、全体がフェミニンになりすぎないメンズの方が好みです。それに、かがんだ時も、メンズの方が胸元を気にしなくていい。色は、女性用にはない展開がある…などなど、これまでにもたくさん語らせて頂いたとおり、メンズにはたくさんの利点があるのです!
ユニクロのメンズタートルネックニット
デザインもいいですが、わたしがメンズを選ぶ一番の理由は「フィット感」です。ユニクロのニットでは、女性用なら「M」、メンズなら「S」を着ています。この2つのサイズを「タートル」で比較すると、メンズ「S」の場合、肩幅と身幅が女性の「M」より若干大きくなります。肩幅があるわたしには、このメンズの約5cmの差が、窮屈感のないジャストサイズ。身幅に関しては、ダボっとしない少しのゆとりがプラスされます。

それでいて、袖の長さはメンズ「S」ウィメンズ「M」ともにほぼ一緒なんです。ということは、メンズは全体的に大きいわけではないので、「いつものサイズをキープしながら少しゆったり着たい」という場合に最適なのです。女性用のフィット感に悩んだら、サイズを上げる前にメンズを試すといいかもしれませんよ!

「黒のタートル」…。究極にシンプルでカッコいいです。そんなアイテムは、トレンチコートを羽織るだけでも、デニムを合わせるだけでも素敵ですね。むしろ、シンプルなものでなければいけないという気もします。

美しい黒には色をあれこれ入れず、「ブラック&ブラック」のシックなスタイルが理想です。
ユニクロのメンズタートルネックニットとシャネルのスニーカー
シンプルすぎるアイテムには、足元で「嘘」がつけません。特に、ごまかしの効かない「黒」のシューズを合わせる時には、自分の持っている範囲で、一番のお気に入りを合わせてあげたいですね!

今日のコーデを考える際、はじめは「黒のタートルだから、考えるのがラクだな」、なんて思っていたんです。見て下さっている方が飽きないように、いろいろな色を合わせようとしたのですが、なんとなく違う感じで…。それで結局、組み合わせたのは「黒と白」のみ。やはり、これが一番しっくりきました。

【Day1】メンズタートル×ドット柄スカート

メンズタートル×ドット柄スカート
ゆったりニット×マキシスカートは、秋冬のわたしの「定番フェミ二ン」。水玉スカートも、メンズニットでモノトーンにすれば、大人っぽく着られます。このスカートは、夏のセールでゲットした「グローバルワーク」の2,000円台だったのですが、オフホワイトなので、秋冬も違和感なく着られて重宝!

【Day2】メンズタートル×ブラックデニム

メンズタートル×ブラックデニム
メンズニットにブラックデニムを合わせると、ハードなアイテムなのに、逆になぜか女性らしい印象に。ヒールパンプスを合わせるのがポイントですね!シューズとバッグは、「ファインメリノ」の上品な光沢にあわせて、マットなスウェードよりも、ツヤのあるレザーを選びました。

【Day3】タートルネックニット×チュールスカート

タートルネック×チュールスカート
チュールスカートを合わせ、シンプルなリバーコートを今年らしく再生。裾から少し出るチュールが、女性らしい印象を上げてくれます。パンプスもOKですが、スニーカーとロングコートの組み合わせもいいですね!

【Day4】タートルネックニット×ケープ×タイトスカート

タートルネック×ケープ×タイトスカート
華やかにイベント映えするケープは、1枚あると重宝するのですが、実はスカートに合わせるのがものすごく難関。バランスがとても難しい!「ケープ愛好家」としてやっと落ち着いたスカートは、タイトなどの「細身」でした。スッキリとキマります。
上下ユニクロなのに、ケープを羽織れば高見えに♪お気に入りのケープは、イギリスの「TED BAKER」です。

【Day5】タートルネックニット×ロングカーディガン×ボリュームスカート

ロングカーディガン+タートルニット+ボリュームスカート
アウターにはロングカーディガンを選びました。親しい友人とのランチなら、気取らなくて温かみのあるカーディガンが気分です。暖房が効いた店内が暑く感じることもあるので、内側は薄手のタートルで体温調節。ニットのカーディガンでも「ほっこり」しないよう、シューズにはパンプスを合わせました。

【Day6】メンズタートル×チュールスカート

メンズタートル×チュールスカート
クールなメンズニットとは真逆のフェミニンなスカート。ゆったりサイズのメンズニットが、フェミニンになり過ぎるのを防いでくれます。黒のタートル×チュールは、憧れの上品スタイル。靴もすべて「黒」で合わせ、究極のシックを目指したいですね!

【Day7】メンズタートル×タイトスカート

メンズタートル×タイトスカート
タイトスカートで黒のワントーンにすると、クールでシックな、大人の女性らしいスタイルに。上はメンズ、下はウィメンズで、上下「ユニクロ」のコンビです!ワントーンの時は、上下同じブランドのほうが、色の統一感がさらにまとまりやすくなります。足元はヒールでももちろん合いますが、あえてスニーカーで抜けた印象にしてみました。

【Day8】メンズタートル×ニットパンツ

メンズタートル×ニットパンツ
カジュアルに着るなら、ニットパンツもおすすめです。ニットパンツは、スリットやリブが入っている女性らしいデザインが多いので、メンズニットとの相性も抜群。ニットパンツのお尻を隠したい時は、丈の長いメンズパーカーなら安心ですね!これもユニクロメンズで合わせました。

④ユニクロのプチ名品はこう取り入れる!

■レギンス

レギンス×レザースカート
雨の日には、「泥はね」も気になりにくい黒のレギンスを。これは、「ユニクロ」のスリットが入っていない14分丈です。長いレギンスは、足元をクシャクシャにたるませ、ペタンコのシューズを履くと、「大人カワイイ」足元に。

■スウェット

スウェット×スニーカー
掃除の時のボトムスは、デニム→しゃがむと苦しい、ワイドパンツ→動きにくい、裾が汚れる…ということで、これまでに色々と試した結果、スウェットパンツに落ち着きました。ちょっとそこまで出かける時にも、おしゃれなスウェットなら、そのままスニーカーを合わせるだけで「こなれた」感じにもなります。完全なる「お掃除コーデ」も、大人スニーカー×スウェットなら、格上げの雰囲気に!

■メンズのワッフルセーター

メンズのワッフルセーター×ワイドパンツ
トーン違いの白を合わせて上下のワントーン。ゆったりしたワイドパンツに、メンズの大きめニットを合わせ、白が上品すぎて老け見えしないように、マニッシュな雰囲気で整えました。

▼あわせて読みたい

What's New

Read More

Feature

Ranking