「僕を溶かしてくれ」で帰ってきたアジアの貴公子、チ・チャンウクさん

「あやしいパートナー〜Deatiny Lovers〜」「ヒーラー〜最高の恋人〜」「奇皇后」などの大ヒットで、”アジアの貴公子”の異名を持つスター、チ・チャンウクさん。そんな彼が除隊後初、1月に3年ぶりとなるファンイベントを日本で開催、熱いファンに囲まれアジアツアーのスタートを切りました。ドラマのOSTでも披露している歌唱力でも知られ、今回の公演では12曲熱唱!日本語で歌い上げた「Rainy Blue」も声にとても合っていて聴き惚れました。ミュージカルや演劇にも挑戦したいそうで楽しみです。 新参者のYoutuberになったそうで、「風を切る感じが好き」だというバイクで済州島を走る動画も上映。行き当たりばったりで旅に出かけるので、失敗もよくあるけど楽しいとお茶目な一面も見せていました。5千人で埋め尽くされた会場の3階席、2階席も練り歩き、そして急遽お見送りまで!見目麗しく演技派なだけでなく、ナチュラルボーンエンターテイナーなのだな、と、ひたすら感心させられたファンイベントでした。また、彼はCK CALVIN KLEINのグローバルモデルに抜擢、映画『膺懲(ようちょう)(原題)』、キム・ユジョンさんと「コンビニのセッピョル(原題)」の出演も決まっています。日本では、3月23日からMnetで除隊後初作品となったファン待望の「僕を溶かしてくれ(原題)」がスタート!帰ってきた貴公子の活躍は破竹の勢いです!
「僕を溶かしてくれ」で帰ってきたアジアの貴公子、チ・チャンウクさん_1_1
●この作品に出演を決めた理由は何ですか?

ーまず、台本がとても面白かったからです。人物との関係も興味深く、今までにはなかった新鮮な素材だと思ったので、出演を決心しました。

●撮影にあたりどんな準備をされましたか?

ー今回の作品は、素材やジャンルがとても独特だったので、そういった作品のトーンに合わせようと集中しました。冷凍人間という内容から、僕が20年後に目覚めた時にどんな感じだろうかなど、いろいろ想像しつつ準備をした記憶があります。

●マ・ドンチャンは他人がしない事に挑戦する、チャレンジ精神の強い人物でしたが、チャンウクさんは冷凍人間プロジェクトに参加したいと思いますか?

ー参加するつもりはありません(笑) 。プロジェクト自体が危険でもあり、20年後に僕一人で目を覚ますというのが、僕的にあまり楽しいことではないですね。家族もいないだろうし、周りの友達や僕の生きていた時代とは違う時代を生きていくのは難しいんじゃないかなと思って。僕は参加しません!

●共演者のみなさんやスタッフなど撮影現場の雰囲気はいかがでしたか?

ー撮影現場の雰囲気は穏やかで良かったです。視聴率という成績も重要だけど、撮影中に事故なく無事に終わったらいいなとずっと思っていましたが、撮影が終わるまで良い雰囲気の中、事故なく無事に終わったので良かったと思います。そして、劇中の役柄で先輩たちにもタメ口を話すことが多かったのですが、実はそれも面白い経験でした。現実ではできないことを演じていたので、毎回撮影するたびに楽しい経験でした。そして先輩たちにも楽しく面白くしていただきました。例えばアドリブなどで盛り上がることも多かったです。笑いを堪えられなくてNGが出たこともかなりありましたね。

●ご自身が演じていて特に印象に残っているシーンを教えて下さい。

ー撮影が終わってからだいぶ時間が経ってしまいましたが、冷凍カプセルの中に入っている時のシーンが思い出されます。実はカプセルに入って目だけ閉じているのに、それで一日中ずっと閉じ込められていた覚えが強いですね。寒さもとても厳しくて。とにかくその冷凍カプセルの中にいた記憶がいろいろあります。

「僕を溶かしてくれ」で帰ってきたアジアの貴公子、チ・チャンウクさん_1_2
●兵役中、除隊後にいちばんやりたい(食べたい)と思ったことは何ですか?

ーやはりいちばん食べたかったのは母が作ってくれるご飯で、除隊後にたくさん食べました。やりたかったことは旅行ですね。本当に行きたかったです。日々忙しく働き、休む間も無く軍隊に行ってしまったので、除隊後は旅ができればと思いました。それでちょうど先日、年末にニューヨークに行ってきて、のんびり休んで帰って来ました。兵役中にやりたかったことはほとんどできたと思います。

●日本でプライベート時間が取れたら何がしたいですか?印象に残った物はありますか?

ー韓国ではプライベート時間があったらバイクに乗ったり、友達と一緒に遊んだりしますね。実は特別なことはありませんが、最近は友達にボーリングを習い始めたんです。日本では街を歩き回り、ショッピングもしますね。おいしい食べ物を探し回ったりもします。食べることがとても好きなので、来る度に美味しいものをたくさん食べます。日本は気候もいいし、街もきれいなので良いですね。特に今回はどうしても蕎麦が食べたかったですが、今日のお昼に蕎麦を食べてきましたよ!

●3月からMnet Japanで日本初放送されます。ドラマの見どころを教えてください。

ー主人公がある使命感によって冷凍人間プロジェクトに参加をすることになり、その人物が20年後に目を覚ますことになりますが、20年後に目覚めてからの周りの人物たちとの関係や、そこから始まるストーリーがとても面白く、こういった内容を中心にご覧いただければ、より楽しくご視聴できるのではないかと思います。

●最後にファンへのメッセージをお願いします。

ー皆さん、お久しぶりに挨拶ができ、嬉しく思います。除隊してからなので、お久しぶりですよね!?僕たちのドラマ「僕を溶かしてくれ(原題)」が日本で初放送されます。面白い場面も多いですし、幸せで楽しく笑いながら視聴していただければと願っています。また、皆さん、いつも元気でいてください。そして、僕たちのドラマをたくさん愛してくださいね。これからも良い作品で皆さんに良い姿をお見せできるように頑張ります。ありがとうございます。
「僕を溶かしてくれ」で帰ってきたアジアの貴公子、チ・チャンウクさん_1_3-1

1/4

「僕を溶かしてくれ」で帰ってきたアジアの貴公子、チ・チャンウクさん_1_3-2

2/4

「僕を溶かしてくれ」で帰ってきたアジアの貴公子、チ・チャンウクさん_1_3-3

3/4

「僕を溶かしてくれ」で帰ってきたアジアの貴公子、チ・チャンウクさん_1_3-4

4/4

「僕を溶かしてくれ(原題)」
© STUDIO DRAGON CORPORATION
「僕を溶かしてくれ(原題)」
© STUDIO DRAGON CORPORATION
「僕を溶かしてくれ(原題)」
© STUDIO DRAGON CORPORATION
「僕を溶かしてくれ(原題)」
© STUDIO DRAGON CORPORATION
「僕を溶かしてくれ」で帰ってきたアジアの貴公子、チ・チャンウクさん_1_4
JI CHANG WOOK 2020 ASIA FANMEETING TOUR <Waiting for you> in JAPAN ©JI CHANG WOOK Japan official fanclub
「僕を溶かしてくれ」で帰ってきたアジアの貴公子、チ・チャンウクさん_1_5
JI CHANG WOOK 2020 ASIA FANMEETING TOUR <Waiting for you> in JAPAN ©JI CHANG WOOK Japan official fanclub
「僕を溶かしてくれ」で帰ってきたアジアの貴公子、チ・チャンウクさん_1_9
桂まり●かつらまり 韓流予報士(?)。温泉保養士。「SPUR」や「eclat」などで、トラベル、フード記事など担当するライター。趣味は各国で料理教室に行くこと。「専門外ではありますが、泣いて笑って癒される韓流ドラマのお勧めを不定期で紹介します」

What's New

  • ワールドワイドな人気を誇るBLACKPINKが夏を盛り上げる!

    世界を席巻する4人組ガールズグループ、BLACKPINK。8月3日には「THE ALBUM-JP Ver.-」をリリース、翌日4日には韓国デビュー5周年を記念して制作された初の映画『BLACKPINK THE MOVIE』が日本を含む世界約100カ国で劇場公開となり、なかなかライブなどでパフォーマンスに触れることのできないファンにとって嬉しい贈り物が続きます。映画は、世界を虜にするアスリートの活躍にも似た、高みを目指す4人のアーティストの今がリアルに伝わる胸熱映画となっていて、この夏を、ガールクラッシュBLACKPINKが盛り上げます!

    韓流NEWS

    2021年8月3日

  • 夏の話題作、推しドラマ&映画が大渋滞!!

    気分を上げ、心を豊かにしてくれる芸術の存在にありがたさを今まで以上に感じる今日この頃。嬉しいことに、この夏も話題の韓国ドラマ、韓国映画が目白押し!ドラマは「シグナル」「ムーブ・トゥ・ヘブン:私は遺品整理士です」のイ・ジェフンさんのダークヒーローもの「模範タクシー(原題)」、「星から来たあなた」のチョン・ジヒョンさんの「キングダム アシンの物語」。映画は、実話をもとに描いた働く女性の『サムジンカンパニー1995』、韓国で観客動員820万人超えを記録したブロックバスター映画『白頭山(ペクトゥサン)大噴火』、「トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜」『新感染 ファイナル・エクスプレス』のコン・ユさんと「青春の記録」のパク・ボゴムさん共演の『SEOBOK/ソボク』、そして、グローバルに活躍するBLACKPINKの本国デビュー5周年を記念した初の映画『BLACKPINK THE SHOW』と熱いラインナップに注目!

    韓流NEWS

    2021年7月9日

  • 豪華、韓ドラ松花堂弁当! 魂入れ替わりラブコメ時代劇「哲仁王后(チョルインワンフ)」

    韓国ドラマ好きなら、知らない人はいない名作ドラマ量産ケーブルTV局tvN。私の韓国旅行の楽しみのひとつは、tvNがリアルタイムで観れること。そのtvNの歴代視聴率ランキングの上位を占めるのは、1位から「愛の不時着」「トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜」「恋のスケッチ 応答せよ1988」「ミスター・サンシャイン」と続き、5位が今回紹介する「哲仁王后(原題)」、6位が「ヴィンチェンツォ」。ランキングからも、愛すべき魂入れ替わりフュージョン・ラブコメ時代劇「哲仁王后」が、どれだけ人々を熱中させ、大ヒットしたかが伝わってきます。どのキャラクターも生き生きと魅力的で、衣装やセット、宮中料理なども麗しくときめきが止まりません!待望の日本初放送が衛星劇場でスタートします!!

    韓流NEWS

    2021年7月1日

  • 「女神降臨」でブレイクの新星、ファン・イニョプさんインタビュー

    世界100カ国でヒットしたウェブ漫画が原作というドラマ「女神降臨」。日本でも放送中で、顔の天才チャウヌさん演じる秀才イ・スホの恋のライバル、ハン・ソジュンがはまり役と話題となったのがファン・イニョプさん。魅力あふれるキャラクターに完璧にシンクロ、ソジュン派、ハン・ソジュンアリ(ハン・ソジュン病)続出で、切ないソジュンの心情を乗せたOST(ドラマ挿入歌)まで披露し、世の女子たちのハートを鷲掴みに。超新星として注目されています。イニョプさんは「ノクドゥ伝~花に降る月明かり~」でカン・テオさん演じるユルムの護衛役を経て、温かくて泣ける推しドラマ「18アゲイン」では恋に不器用な高校生役を好演。「18アゲイン」放映時20万人だったSNSのフォロワー数が、「女神降臨」の熱量で935万人超えに増えたそうです。そんな宇宙いち学生服が似合う30歳のルーキーは、現在チ・チャンウクさんと来年配信予定のNetflix「アンナラスマナラ」(「雲が描いた月明かり」「梨泰院クラス」のキム・ソンユン監督、「雲が描いた月明かり」「恋するジェネレーション」のキム・ミンジョン脚本家)の撮影中だという彼に、グッと迫ります!

    韓流NEWS

    2021年6月21日

  • 眼福、社会派、癒し系。話題の最新ドラマや映画が大豊作!!

    6月も話題作が続々登場して嬉しい限り!百想芸術大賞で作品賞に輝いた「怪物」は、主演のシン・ハギュンさんが、「ヴィンチェンツォ」のソン・ジュンギさんや「サイコだけど大丈夫」のキム・スヒョンさん、「悪の花」のイ・ジュンギさん、「ペントハウス」のオム・ギジュンさんという錚々たる候補者を抑えて最優秀主演男優賞も受賞したのにも納得の話題作です。また、じんわり泣けて私好みの「賢い医師生活」シーズン2も始まるなど、韓国ドラマ、韓国映画の快進撃はこの夏も続きます!!

    韓流NEWS

    2021年6月15日

  • ファン待望New Single「Emotion」リリース!チャン・グンソクさんロングインタビュー

    5月26日に、シングルとしては4年半ぶりとなる「Emotion」をリリースしたチャン・グンソクさん。子役時代からドラマや映画で活躍してきた彼は、歌手として日本デビューも果たしマルチな才能でファンを魅了してきました。昨年5月に約2年に及ぶ社会服務要員としての服務を終え、アーティストとして再始動!今年3月の配信シングル「Star」が、たちまちLINE MUSICリアルタイムチャートで1位になるなどそのカリスマぶりを発揮。しなやかに、そしてパワーアップして帰ってきた唯一無二のエンターテイナー&伝説のスター、グンソクさんにたっぷりお話をうかがいました!

    韓流NEWS

    2021年5月28日

  • 泣ける!イ・ジェフンさんの「ムーブ・トゥ・ヘブン: 私は遺品整理士です」

    「この人の作品なら何はともあれ観てみよう」と思う俳優のひとりが、「シグナル」のイ・ジェフンさん。彼は映画やドラマでおなじみの演技派俳優ですが、2016年に観た「シグナル」は作品の完成度が衝撃的で、私的ベスト10ドラマのひとつです。先月約2年ぶりに「模範タクシー(原題)」でドラマ復帰したジェフンさん。Netflixオリジナル作品「ムーブ・トゥ・ヘブン: 私は遺品整理士です」は、ファン待望の彼の最新ドラマでもあります。5月14日に配信スタートしたこの作品は、ジェフンさんと、「愛の不時着」のタン・ジュンサンさんの共演でも話題。「悪霊狩猟団カウンターズ」も痛快だったし、極上エンターテイメント「ヴィンチェンツォ」に心奪われ、全員が怪しいサスペンスの極み「ロースクール」もだいぶ面白くハマっていますが、派手さはなくとも温かい涙を誘う系のこんなドラマも必須です!!

    韓流NEWS

    2021年5月17日

  • 顔の天才、チャウヌさん(ASTRO)が語る「女神降臨」!

    次から次へと、手に余るほど麗しい俳優を世に送り出す韓流ドラマ。いま、最も注目されている美男ツートップは、完璧なスタイルで27歳には見えない童顔、声も魅力的なソン・ガンさんと、顔の天才と言われる、アイドルグループASTROの多才なチャウヌさん。二人とも漫画から飛び出てきたようなイケメンで、とくにチャウヌさんは、「推しは推し、チャウヌはチャウヌ」(韓国語でチェチェチャチャ)という新造語があるほど、誰もが認める圧倒的存在。そんな彼の、演技ドル(演技もできるアイドル)としての話題の最新ヒット作ドラマ「女神降臨(原題)」が日本でも始まります!

    韓流NEWS

    2021年4月19日

Read More

Feature

Ranking