月組 龍真咲さんのお気に入り「浅草散歩」【宝塚スターのマイフェイバリット】

夢の舞台に立ち続ける男役スターたち。彼女たちの「今のお気に入り」を通じて、その素顔を少し、拝見!
月組 龍真咲さんのお気に入り「浅草散歩」【宝塚スターのマイフェイバリット】_1_1

「浅草散歩」

神聖な浅草寺とにぎやかな仲見世通り。 そのメリハリが楽しい

宝塚男役スターの伝統的な美しさやカッコよさと同時に、ポップなきらめきをあわせもつ、唯一無二・変幻自在のトップスターだ。

 そんな龍さんの最近のお気に入りが東京の浅草。今年の初詣で人生初の浅草を訪れて、すっかりとりこになったのだそう。
「浅草寺の神聖さが好きです。人工的なスカイツリーがすぐそこに見えるような都会にありながら、しんとしていて、境内の緑にも癒され、心が落ち着きました」
一転、その後の仲見世通りの散策は、見ているだけでテンションが上がったそう。
「楽しい食べ物がいろいろあって、串に刺さったぬれおかきとか、ソーセージをおもちで巻いて揚げたもちドッグが個人的にヒットでした。舞扇が種類豊富にそろっているお店をのぞいたり、かつら屋さんで珍しいドレッドヘアのかつらを見つけたり。犬の洋服もおもしろいものがあって、うちのワンコ用に、節分の鬼のパンツと鬼のかぶりものを買いました。ほとんど観光客目線といいますか、何を見ても新鮮で楽しいので、今後もちょくちょく行くと思います(笑)」
“新鮮さ”と“楽しむこと”は、龍さんが舞台の上でも大事にしてきたこと。
「お芝居もショーも私たちが思いきり楽しんでいると、お客さまにも共感していただけて、客席と舞台が一体になるのがわかります」
 今年9月に宝塚を退団。最後の舞台で、織田信長を演じる。
「織田信長はいつかやりたいと思っていた人物です。なぜか強烈に魅かれます。私は和物の芝居も好きですし、洋物の芝居も大好きなので、信長なら両方の要素を取り込めるのでは、という思いもありました。和と洋を融合させて、華々しくて、しかもロックな、今まで見たことのないような信長像を宝塚の舞台で表現したいと思っています」
Profile
りゅう・まさき
大阪府出身。2001年月組に配属。12年、月組トップスターに就任。主な出演作に『風と共に去りぬ』『PUCK』『1789―バスティーユの恋人たち―』『舞音―MANON―』など

Next Stage!
月組 龍真咲さんのお気に入り「浅草散歩」【宝塚スターのマイフェイバリット】_1_2
©宝塚歌劇団
簡易生命保険誕生100周年 かんぽ生命 ドリームシアター
ロック・ミュージカル『NOBUNAGA<信長> -下天の夢-』

シャイニング・ショー『Forever LOVE!!』
龍さんの退団公演。戦国乱世の下天(人の世)、天下統一を目前に炎の中に散った一代の英雄・織田信長。確かな生きざまを示した信長の生涯と、信長に夢を抱き、愛し、戦った同時代の群像を描く、ロック・ミュージカル。主演:龍 真咲 愛希れいか 6/10~7/18:宝塚大劇場 8/5~9/4:東京宝塚劇場

What's New

Read More

Feature

Ranking