ハピプラ会員システム刷新に伴うお知らせ

最高視聴率49.4%!「たった一人の私の味方」のイ・ジャンウさんインタビュー

視聴者のハートを掴んで離さない巧みなストーリー展開、長編ホームドラマの決定版のような、ドラマファンにはたまらない魅力でいっぱいの「たった一人の私の味方」。なんと韓国では、最高視聴率49.4%を記録!現在、テレビ東京では平日毎朝放映中で、もちろんじわじわと視聴率を上げています。観始めたらきっと先が気になって、レンタル&発売中のDVDでも観たくなるはず!そして、繰り返し観たい温かな余韻を残すこのドラマは、イ・ジャンウさんの除隊後初となる作品でもあります。作中演じた御曹司ワン・デリュク本部長のように、気さくで笑顔が素敵なジャンウさんにお話をうかがいました!
最高視聴率49.4%!「たった一人の私の味方」のイ・ジャンウさんインタビュー_1_1
●「たった一人の私の味方」は、日本で毎朝放映中なので、ジャンウさんの新たなファンも増えていると思います。韓国で視聴率50%近くという記録を達成した理由はどんなところにあると思いますか?

ー色々あると思います。僕が初めて台本をいただいた時も感じたのですが、刺激的な要素もありますよね。殺人容疑者の娘との出会いなどが新しかったのだと思います。

●犯罪の被害者、加害者、冤罪、家族、格差、介護、人の温かさと盛りだくさんのハートフルなイルイルドラマ(長編のホームドラマ)らしい素敵な作品ですよね。ジャンウさんが好きな場面、いちばん印象に残っているシーンはありますか?

ー好きなシーンは、僕は明るいシーンが好きなので、ドランとのデートシーンなどが好きです。あと印象に残っているのは、(ドランが)殺人容疑者の娘だとわかってしまって一人泣きしているシーンです。僕たち二人は仲がとっても良かったので、楽しく面白いシーンは本当に楽しくユイさんと撮影しました。ただ、だんだん後半に行くほど喧嘩したり、泣くシーンなど悲しいシーンが多くなってしまったので、監督にもっと笑顔のシーンを撮影してほしいとお願いしたほどでした。

●撮影中はストーリーがどんな展開かわからずに撮影されていたのですか?

ーそうなんです。長編ドラマなので、先のことは知らずに撮影を始めました。大きな絵はいただいていましたが、作家さんが書いてくださる台本を見ながら、その都度役者同士お互いに電話で、これは大変そうだね、など相談しながら撮影に臨みました。

●いちばん伝えたかったメッセージは何ですか?

ー僕が任されたキャラクターから考えて、こういうことじゃないかなと言えるのは、「罪は憎んでも人を憎んではいけない」ということだと思います。人は失敗することもあると思うのですが、それをきちんと償ったのであれば、その人を信じなければならない、というのが、デリュクのいちばんのテーマだったと。理解するのが難しかったところでもありますが。このドラマで役を演じて、失敗ということに対して自分自身が寛大な気持ちを持てるようになりました。人はいつでも失敗することがありえて、僕だって失敗することはあるし、そんなとき、誰かに慰めてもらい心が落ち着いたりしますよね。誰でも失敗することがあり得るのだと思うようになりましたね。以前は失敗した人を見ると、どうしてこんな失敗をしてしまったのだろうと思ったりしたけれど、今はそうではなく、失敗に対する気持ちが変わったような気がします。

●名優と言われるチェ・スジョンさんと共演して学んだことはありますか?

ーものすごくたくさんあります。先輩はいつも撮影に入るまえには食事も一切取らず、集中力を高めていらっしゃる。それも周りにプレッシャーを与えるという感じではなく、撮影現場の片隅でひとり静かに集中力を高めていらして、その姿を見て本当にプロフェッショナルだなと思いました。自らの生命力を削って演技に魂を吹き込んでいる感じで、どこか武士や侍のような感じでした。僕の演技が丸々とした演技だとしたら、先輩の演技は刀を振りかざして切ったような鋭利な、とても鋭い演技をなさるって。演技に臨む姿勢や、シーンに入るまえの態度など多くを学ばせていただきました。

●後半恋のライバルが出現します。ジャンウさんご自身は嫉妬深い方ですか?

ー嫉妬深い方です(笑)。(ライバル役の)ソン・ウォンソクさんとは仲良くさせてもらっているんですが、彼は演技も上手くて、以前から学ぶことが多いと思っていて、実際に共演させていただいて学ぶことも多く、本当に演技が上手いので、いい意味で演技に対してもっと彼への嫉妬心が生まれました。

最高視聴率49.4%!「たった一人の私の味方」のイ・ジャンウさんインタビュー_1_2
●演ずることのどんなところがいちばん好きですか?

ーすごくたくさんあるのですが、この作品を撮影しているとき感じたのは、共演者が全員、仲がものすごくいいのですが、仲がいい設定だったのに突然喧嘩をしだしたり、大声で相手を罵ったりしなければならない時がありました。例えば、4人でご飯を食べているのに、急に大声をあげたりして。そんないわばサイコみたいなところが演技の魅力のひとつなんじゃないでしょうか。

●俳優として最高の褒め言葉は?

ーやっぱり演技が上手いと言われるのがいちばん嬉しいです。それから、カメラ監督さんに「昨日何かいいものを食べたのか?顔の調子がいいね」と言われるのも嬉しいです。笑えるのは、褒められるときはいいものを食べた翌日ではなく、だいたいお酒を飲んだ翌日だったりして。なぜそう言われるのかわからないのですが、お酒を飲むと顔がすっきりするのかな(笑)。照明さんに「今日は照明を当てると照明が映えるね」と褒められるのも気分が良く嬉しいですね。

●これからとくに挑戦したい役やジャンルはありますか?

ー刑事役をやってみたいです。ミュージカル「英雄本色」では銃を使う役なので、パンパンと音がするのもなかなか面白かったし、軍隊から戻ってしばらく経つのでそんな感覚も久しぶりで。韓国ではジャンルものの作品がたくさんあるので、刑事の役をやれたらいいかなと思っています。

●よく聴くアーティストや曲があれば教えてください。

ー今週の土曜日に結婚式に呼ばれていて、そこでポール・キムさんの「すべての日、すべての瞬間」をお祝いに歌うので練習しているところです。結婚式でよく歌われる曲ですが、歌詞がすごく覚えづらくて、日本に来る飛行機の中でもずっと聴いていました。

●おすすめの映画やドラマはありますか?先日アカデミー賞で『パラサイト 半地下の家族』が受賞して盛り上がりましたよね。

ー『パラサイト 半地下の家族』もとても好きですが、昨日行ったお寿司屋さんですごく大きなエビフライが出てきて、日本の映画『南極料理人』のエビフライに関連するエピソードを急に思い出して、また観たいなと思いました。

●気分を上げたいとき、モチベーションを上げたい時の方法は?

ー僕はいつも意欲的なスタイルで、沈んでいるときはなくて活気にあふれている方なので、さらにモチベーションを上げるとしたら、お酒を飲むとちょっといいかも(笑)?

●好きな香りはありますか?

ー甘い香りが好きで、フラワー系の香りも結構好きだったのですが、スタイリストさんに、もういい歳だから男は男らしい香りをつけなくてはならないと指摘されて、最近はスモーキーな男性用化粧水と香水も使って男らしくなろうとしています(笑)。好みの香りもだんだん変わって来るのだなあと思います。

●ユニークなレシピをバラエティ番組「シングル男のハッピーライフ」で紹介されるなど、お料理が得意なようですが、得意メニューは?

ー僕は長い間料理をしてきましたが、母の気持ちで作る料理ではないので、得意と言うより、簡単に美味しくできる料理を僕だけの方式で色々作っています(笑)。豚足をのせた丼ぶり、テンジャンチゲ、キムチチゲなんかを作ります。韓国では化学調味料のことをMSGと言うのですが、それをパアッとたくさん入れると美味しくなるし、美味しくならないはずはないのでどんどん入れます。で、あの番組を観た友人たちから、あんなに化学調味料を使ったら体に良くないと連絡がきて。でも科学的に体に良くないと証明されてませんよね??だから安心して使い続けます(笑)!

●マリソル読者が韓国を旅するならどんなところをお勧めしますか?

ー日本によく来るのですが、東京がいちばん好きです。なんでもあるじゃないですか。1時間ほどで横浜にも行けて、横浜もいいですよね。韓国も同じで、ソウルにはなんでもあるからいいと思います。それから、横浜のように、ソウルから1時間半、2時間くらい離れたところに行くのもいいですよ。最近は気軽にバスや高速鉄道ですぐ行けるので江原道の海の方、襄陽(ヤンヤン)などの海辺もお勧めですよ。
最高視聴率49.4%!「たった一人の私の味方」のイ・ジャンウさんインタビュー_1_3-1

1/3

最高視聴率49.4%!「たった一人の私の味方」のイ・ジャンウさんインタビュー_1_3-2

2/3

最高視聴率49.4%!「たった一人の私の味方」のイ・ジャンウさんインタビュー_1_3-3

3/3




  • 最高視聴率49.4%!「たった一人の私の味方」のイ・ジャンウさんインタビュー_1_4-1

    Licensed by KBS Media Ltd. (c)2018 KBS. All rights reserved

  • 最高視聴率49.4%!「たった一人の私の味方」のイ・ジャンウさんインタビュー_1_4-2

    Licensed by KBS Media Ltd.(c)2018 KBS. All rights reserved

  • 最高視聴率49.4%!「たった一人の私の味方」のイ・ジャンウさんインタビュー_1_5-1

    Licensed by KBS Media Ltd. (c)2018 KBS. All rights reserved

  • 最高視聴率49.4%!「たった一人の私の味方」のイ・ジャンウさんインタビュー_1_5-2

    Licensed by KBS Media Ltd. (c)2018 KBS. All rights reserved

最高視聴率49.4%!「たった一人の私の味方」のイ・ジャンウさんインタビュー_1_6
「たった一人の私の味方」 ■DVD好評発売中&レンタル中! レンタルDVD Vol.1〜Vol.40(1話〜80話) DVD-BOX 1(10枚組)\15,000+税  DVD-BOX 2(10枚組)\15,000+税 DVD-BOX 3(10枚組)\15,000+税 DVD-BOX 4(10枚組)\15,000+税 発売元:ACM / TIMO Japan 販売元:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント Licensed by KBS Media Ltd. (c)2018 KBS. All rights reserved
最高視聴率49.4%!「たった一人の私の味方」のイ・ジャンウさんインタビュー_1_11
桂まり●かつらまり 韓流予報士(?)。温泉保養士。「SPUR」や「eclat」などで、トラベル、フード記事など担当するライター。趣味は各国で料理教室に行くこと。「専門外ではありますが、泣いて笑って癒される韓流ドラマのお勧めを不定期で紹介します!」

What's New

  • 「偶然見つけたハル」の注目株イ・ジェウクさんに大接近!!

    視聴者による人気賞も受賞した話題作「偶然見つけたハル」で、SF9のロウンさん演じるハルのライバル、ベクヒョンを演じたのがスーパールーキー、イ・ジェウクさんです。ストリートファッションをまとい軽やかにスタジオに登場した彼は、フレッシュな魅力のオーラに包まれていました。「アルハンブラ宮殿の思い出」でデビュー。「恋愛ワードを入力して下さい〜Search WWW〜」の若手俳優役で注目され、「偶然見つけたハル」でも心に傷を負い、ヒロインに冷たくあたってしまう青年を繊細に演じ、その存在をアピール。「天気が良ければ会いにいきます」を経て、最新作「ドドソソララソ」では初主演を果たしました。その撮影現場には事務所の先輩、あのヒョンビンさんからコーヒーカーの差し入れも!この愛すべきニューカマーは、「偶然見つけたハル」でロウンさんとともにMBC演技大賞新人男優賞を受賞、百想芸術大賞でも新人男性演技賞にノミネートされ、11月29日には2020Asia Artist Awardsで「夫婦の世界」のハン・ソヒさんとともに新人賞を受賞、快進撃を続けています。そんなジェウクさんの素顔に大接近です!

    韓流NEWS

    2020年12月1日

  • 人気急上昇!「偶然見つけたハル」で初主演、ロウンさん(SF9)インタビュー

    初主演作「偶然見つけたハル」でライジングスターとなったSF9のロウンさん。韓国では演技もできるアイドルを演技ドルといい、彼がそのひとりとして認められた作品でもあります。名もなきエキストラだったハルを好演、ハルは次第に「こんなイケメンうちのクラスにいたっけ?」と言われる”漫画を破って出てきたような男=マンチンナム”として注目を集めていきます。ヒロインのへユンさんも初主演だったのですが、ドラマが始まるやいなや、その面白さに瞬く間に視聴率を上げた話題作。身長差にもときめくと言われたカップルには、その身長差でお互いの声がよく聞こえなかったとのエピソードも。とにかく、ロウンさんの代表作となったこのドラマ。ただの学園ものではなく深く共感でき、最後まで引き込まれる謎解きもありと緻密なストーリーなので要チェックです!!美しいカメラワークや映像にも心奪われます。このドラマの大ヒットで時の人となり多忙を極めるロウンさん。マリソルの質問にひとつずつ丁寧に、真摯に答えてくれる姿が印象的でした。190.5センチの神スタイルで、スーツも素敵に着こなしていました!9月に授賞式のあったソウルドラマアワード2020でも、「梨泰院クラス」「愛の不時着」などと並び優秀賞に輝いた作品。放映から一年以上経った今でもファンの「オハル」(タイトルの略)愛は深く、宝物のようなドラマなのでお見逃しなく!

    韓流NEWS

    2020年11月13日

  • 待望のアーティストデビュー!イ・ミンヒョクさんに聞くK-POP&K-Beauty

    12歳から両親の仕事の関係で日本在住であり、ダンサー、イベントMC、youtubeの活躍などで注目されているマルチタレント、イ・ミンヒョクさん。人気大型オーディション番組でもファンを増やし、11月に待望のアーティストデビュー、オンラインファンミーティングも控えています。コロナ禍でも変わらず世界で注目を浴び、ビルボードを賑わせているK-POPアーティストたち。10月のBTSのオンラインコンサートは2日間で99.3万人が視聴、Netflixで配信中のBLACKPINKのドキュメンタリー「BLACKPINK~ライト・アップ・ザ・スカイ~」ではシャネルのアンバサダーも務めるジェニーが、厳しい練習や競争の繰り返しだった練習生時代が一番”K-POP”だったと語っていたのが印象的でした。韓国コスメ、VTやNATURE REPUBLICなどいくつもの韓国コスメのイメージモデルも務めたり、熱心なスキンケア通でも知られるミンヒョクさん。K-POPの話や、美肌の持ち主の彼のオススメコスメなどをうかがいました!

    韓流NEWS

    2020年11月1日

  • 最旬若手女優、「偶然見つけたハル」のキム・ヘユンさんの素顔

    キム・へユンさんは、2019年は彼女の年と言われたほど、「SKYキャッスル」と「偶然見つけたハル」の大ヒットで時の人となった若手女優です。もうすぐDVDが日本でも発売となる「偶然見つけたハル」は、漫画のヒロインのような毎日を過ごしてきたウン・ダノが、ある時自我に目覚め、自分は漫画の世界に住むエキストラだったことに気づく…。という単なる学園ドラマとは異なるちょっとスピリチュアルな部分も魅力。完璧なキャスティング、緻密でスピーディーなストーリー展開で、韓国語のタイトルを略して「オハル」の愛称で爆発的な人気を博しました。作品がMBC演技大賞の視聴者が選ぶ今年のドラマ賞、ダノを演じたキム・へユンさんが新人女優賞並びに、水木ドラマ部門優秀女優賞、初主演でライジングスターとなったSF9のロウンさん、イ・ジェウクさんが新人男優賞、ジェウクさんは百想芸術大賞でも新人男性演技賞にもノミネートされ、このドラマがどれだけ注目されていたかがうかがえました。そんな3人にお会いすることができたので、順に紹介していきたいと思います!先ずは、キム・へユンさん。身長190.5センチのロウンさんと、160センチのへユンさんの身長差カップルがキュート、と絶賛されました。えくぼが愛らしく明るくてチャーミングで、まさにダノのようでした。パク・ボゴムさんの最新作「青春の記録」にもカメオで出演するなど、快進撃は続いています!

    韓流NEWS

    2020年10月20日

  • 秋の夜長に推したい、韓流ドラマ&映画5選

    この秋も話題作が目白押しの韓国ドラマ&映画。韓流ドラマに「愛の不時着」でハマったという方も多いかと思います。韓国では昔からドラマや映画に対する期待値がとても高いそうで、それが面白く心奪われる作品が生まれる理由のひとつなのかな、と感じる今日この頃。そして映画館に足を運ぶ人が日本の3倍なのだとか。秋の夜長にぴったりの、ジャンルの異なる5つのお勧め作品をピックアップ!

    韓流NEWS

    2020年10月15日

  • 魅力炸裂!「初対面だけど愛してます」キム・ヨングァンさんインタビュー

    「初対面だけど愛してます」はラブコメなので、立体的に主人公ミニクの役作りをしたというキム・ヨングァンさん。わがままな本部長ミニクの百面相のようにくるくる変わる表情、187センチの元モデルなだけに見目麗しいスーツ姿も拝め、ヨングァンさんファンにはたまらない作品です!昨年、大ヒットした映画『君の結婚式』で男性新人演技賞も受賞、いままさに注目したい俳優のひとりでもあります。ヒロインは、ヒット作が続いているチン・ギジュさん演じるミニクに振り回される、地味ながらも熱血秘書のガリ。そんなふたりを見守るミニクの幼馴染キ・デジュを演じたのは、やはりモデル出身、身長188センチというライジングスター、「私たち、恋してたのかな?」のク・ジャソンさん。ヨングァンさんとジャソンさんが並ぶと、神がかったスタイルの良さにため息が出ます。ミニクの見合い相手、ぶっ飛びセレブ女社長ベロニカをキム・ジェギョンさん、と絶妙なキャスティング。キュンキュンするラブコメが足りない方はぜひ!映画やドラマのヒットで、広告やファッション誌のグラビアなど多忙を極めるヨングァンさんが、マリソルのインタビューに答えてくれました!!

    韓流NEWS

    2020年9月28日

  • ラブコメ時代劇「コッパダン〜恋する仲人〜」の花男子に注目!

    若手注目株の俳優たちがキャスティングされ、話題となったラブコメ時代劇「コッパダン~恋する仲人~」。王様の初恋を実らせるはずが三角関係に!?イケメン仲人集団「花婆党(コッパダン)」には、「浪漫ドクター キム・サブ」のキム・ミンジェさん、187センチのトップモデル出身、「ディア・マイ・フレンズ」「恋愛ワードを入力してください~Search WWW~」のピョン・ウソクさん、そして元Wanna Oneのパク・ジフンさん、そして王様役は「あいつがそいつだ(原題)」「おかえり(原題)」のソ・ジフンさんがキャストされ、まばゆいほどの麗しさで話題になりました。ライトタッチのラブコメかと思いきや、心に傷を負った少年をパク・ジフンさんが細やかに演じています。彼は、「朱蒙」や「イルジメ[一枝梅]」などで子役として活躍していた経験があり、この作品でドラマ復帰。また、ピョン・ウソクさんは9月7日から、モデル出身の俳優役でパク・ボゴムさん、『パラサイト 半地下の家族』のパク・ソダムさんと共演の「青春記録」が放映開始。ライジングスターとして注目されています!ヒロイン役はTWICEのジョンヨンさんの姉でも知られるコン・スンヨンさんです。花男子3人が語るドラマの話からも楽しかった現場の様子が目に浮かびます。

    韓流NEWS

    2020年9月1日

  • チョン・ヘインさんが語る、新作「半分の半分 〜声で繋がる愛〜」

    2018年7月にこのコラムで社会現象となったヒット作「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」の取材をさせていただいた頃から、変わらぬ魅力で数々のCMに起用されるなど、その人気は天井知らずのチョン・ヘインさん。昨年キム・ゴウンさんと共演した映画『ユ・ヨルの音楽アルバム』では、新人賞も受賞。その叙情的で心に響く映画の脚本家、イ・スギョンさんと再タッグを組んだ、ヘインさんの新作ドラマ「半分の半分 〜声で繋がる愛〜」の日本初放送が始まります!「ナイショの恋していいですか!?」「優しくない女たち」「ボイス〜112の奇跡〜」など個人的に好きな作品が多いイ・ハナさん、「青い鳥の家」でもチャーミングだったチェ・スビンさんとの共演も、また美しい映像のエストニアロケにも注目です。

    韓流NEWS

    2020年8月8日

Read More

Feature

Ranking