注目の南アフリカワインをいちごのワインマリネと濃厚な味わいのチーズ一緒に【平野由希子のおつまみレシピ #78】

2月は南アフリカワインに合うレシピを3回に分けてご紹介。1回目はいちごのワインマリネとブリア・サヴァラン
【今月のお酒】南アフリカワイン
南アフリカワイン

(右))テスタロンガ ラフィネ ロゼ
(左)マザー・ロック フォース・マジュール・サンソー 2018

(右)南アフリカを代表する自然派生産者、クレイグ・ホーキンスと妻カーラのワイナリー。日本のインポーター"ラフィネ"のためだけに造った特別なワインで2ヴィンテージ目。ビオロジック。ピノタージュ100%。華やかなアロマとフレッシュで軽い口当たり、ジューシーでピュアな印象の果実味。750㎖¥2,800/ラフィネ 

(左)マザー・ロックは醸造家として高い評価を受けるヨハン・メイヤーと、英国のワインインポーター"インディゴ"とのコラボによるワインブランド。多様なテロワールを純粋に表現することを目ざしている。サンソー100%。ビオロジック、SO2(酸化防止剤)無添加。フレッシュでエレガントな味わい、果実の豊かな香り。750㎖¥3,300/ザ・アフリカン・ブラザーズ
今回はニューワールドの中でも実は古い歴史をもち、環境と人に配慮したワイン造りが注目されている南アフリカワインを。「自然派の赤やロゼには、やはり赤いフルーツのいちごを。赤ワイン、砂糖、シナモンでマリネしますが、いちごのフレッシュさを残すためソースが冷めてから加えます」。チーズはクリーミーなブリア・サヴァラン。原料の牛乳にクリームを加えるトリプルクリームと呼ばれるタイプのチーズなので、濃厚な味わいとなめらかな口当たり。「チーズのほかに、アイスクリームなどと合わせてもおいしいですね」


【レシピ】いちごのワインマリネとブリア・サヴァラン

南アフリカワインに合わせるおつまみ1_1

【材料[材料・2〜3人分]
いちご…10粒

A
赤ワイン…100㎖
砂糖…30g
シナモンスティック…1/2本

コーンスターチ…小さじ1

ブリア・サヴァラン…適量

【作り方】

1.いちごはヘタを取って半割りにする。

.鍋にAを入れて火にかけ、2~3分煮てアルコール分を飛ばす。同量の水で溶いたコーンスターチを加えてとろみがつくまで煮て、冷たく冷やす。①を加えてマリネする。

.器にマリネ液ごと盛り、ブリア・サヴァランを適宜切って添える。



【Point】

南アフリカワインに合わせるおつまみ1_2

赤ワインのマリネ液に水で溶いたコーンスターチを加えて、とろみをつける。コーンスターチのとろみは冷やしても変化しない。


次回は2月22日(土)19時半更新予定。お楽しみに。
  • 平野由希子
  • 料理研究家、日本ソムリエ協会認定ソムリエ、フランス農事功労章シュヴァリエを叙勲。ワインバー「8 huit.」オーナー。フレンチをベースにしたおしゃれな料理とワインのペアリングを学ぶ、少人数制の料理教室「cuisine et vin」を主宰。詳細はホームページで。(https://www.yukikohirano.com/) 近著に「ソムリエ料理家のワインを飲む日のレシピ帖」(KADOKAWA)。
【Marisol3月号2020年掲載】撮影/邑口京一郎 スタイリスト/駒井京子 取材・文/海出正子 

What's New

Read More

Feature

Ranking