美女組NO.107ウマキのブログ

NO.107 ウマキ

会社員

ご縁あってMarisol美女組で活動させて頂くことになりました。
宜しくお願い致します。

旅行に食べ歩き飲み歩き、摂取した分は運動を!
Instagram:@morning_soup

今一番旬なシェフのレストラン「Salmon&Trout」

2017年2月24日
何料理とも言えない、若きシェフ森枝劇場。
イギリスの外食専門誌『レストランマガジン』において
2005年から毎年トップ10入りを果たしているシドニーレストラン『Tetsuya's』テツヤズ。
人気レストランで腕を磨かれた、若干30歳の若きシェフ森枝幹さんが
2014年にオープンされた『Saimon&Trout』通称サモトラ。

おしゃれな自転車屋?コーヒーショップ?と
迷う外観。下北沢と三軒茶屋の間にあります。


何度かお仕事でお会いしていたのですが、初めてお店に伺い
森枝さんの世界を堪能してきました。
お料理とお酒のペアリングコースで
まずは、鰡をカラスミで絡めたものを
りんごに挟んであり、お隣の
レモンタルトは鮒鮨に使われている酒粕が
混ぜてあったりと最初から初めての
食べ合わせばかり。
東京で採れるイチゴとトマトと
渋谷のチーズスタンドのモッツアレラに
指で簡単に潰せる胡椒をかけて。

右の一皿は、蜂の子!
アスパラ、ナマコ、蕎麦の実と一緒に。
隠れて出てきた1皿は
サモトラ流フィッシュ&チップス

ししゃもの卵にはコチュジャンが入っていました。
ライムをキュッと絞って。
チップスは芽キャベツを発酵させてあげたもの。
IPAビールと抜群の相性でした。
牡蠣フライに熊肉!をすっぽんのスープで頂いたり
鴨肉にはカカオペーストとカカオニブが添えられてたり。
そして、本日のお魚。
はい、ブラックバスです。
食べれるんです。
そして、黒鯛より鱸より美味しい。

この食材は、この人から調達するのが1番美味しいと
研究されているので普通のお店では
滅多にお目にかかれない食材の料理が
出せるんですね。
デザートは、タイやベトナムなど
東南アジアの香が漂う1皿。

お米とココナッツミルク
麹にマンゴーにドリアン。

1皿1皿に物語があって、とても楽しく過せました。
ごちそうさまでした。

What's New

Magazine

Instagram

Facebook

Twitter

Feature

Ranking

Keywords