ハピプラ会員システム刷新に伴うお知らせ

美女組No.183 emiのブログ
No.183 emi

No.183 emi

マンションコンシェルジュ

衣食住のバランスを大切に。
夫と犬と暮らしています。

ファッション業界で長らく勤務した後
現在はコンシェルジュの仕事をしています。

ファッション・美味しいもの・暮らしを
メインに趣味の映画のこと等を
時折織り交ぜながら綴りたいと思います。

Instagram:emi___amber

春のカジュアルを引き締めるローファーの魅力【40代 私のクローゼット】

春の足元、登場回数がダントツで多い靴がローファーな訳&気兼ねなく履けるように購入した優秀プチプラローファーを併せてご紹介します。
こんにちは、emiです ☺︎

なんだかファッションのジャンルのブログを書くのは久しぶりになってしまいましたが…
今日は靴のお話を。

暖かくなり始めてから、かなりの確率でローファーを履いています。
ローファーを日々履いてしまう理由は

・カジュアルなコーデを引き締めてくれる
・TPOの幅が広い
・エレガントなのに堅苦しく無い
・ヒールが低くてもカジュアル過ぎない
・脱ぎ履きしやすい
・デニムにもスラックスにも、どんな丈にも合わせやすい
・コーディネートに適度に抜け感を出せる
・ダッシュできる

中でも、私が愛して止まないのはホースビットローファー。
ホースビットローファーとは

甲部分に馬具の「くつわ」モチーフのハードウェアをあしらったローファー。
春のカジュアルを引き締めるローファーの魅力【40代 私のクローゼット】_1_1
こちらは今や様々なブランドで作られているホースビットローファー自体を生み出した元祖、GUCCIのもの。メンテナンスをしながらかれこれ15年近く履いています。
現デザイナー、アレッサンドロ・ミケーレによって、GUCCIのビットローファーは更に素晴らしく進化しています。
さて、10万円以上するソフトレザーの靴は雨を避けたいし、階段でガリッとやった日には落ち込みます。そして1日履いたら数日休ませたい。
私の場合あまりにしょっちゅうローファーを履くので、「天候も何も気を使わず普段使いで履き潰せる」タイプも一足必要だと思い、1万円以下であったら嬉しいなぁ、と探し…。


春のカジュアルを引き締めるローファーの魅力【40代 私のクローゼット】_1_3
写真だと黒に見えますが茶色
春のカジュアルを引き締めるローファーの魅力【40代 私のクローゼット】_1_4
靴は履き心地第一。試着必須なので、
試着して返品交換可能なLOCONDOで見つけました。

茶色、ゴールドのホースビット、甲が少し平らで先は少しシャープなデザイン、
ヒール部分が安っぽくなくしっかりとした作りなのが決め手です。合皮なのでプチプラ。
春のカジュアルを引き締めるローファーの魅力【40代 私のクローゼット】_1_5
旅で歩きまくり、階段でガリッとやってますがw 本当に履きやすくてラクチン。

基本「バッグと靴は良いものを」と思っているのでプチプラな靴はあまり買わないのですが、こちらは今のプライオリティをじっくり考えた上で購入したので正解でした。
まだまだローファー熱は続きそうです。
最後まで読んでいただきありがとうございました☺︎

インスタは下の画像をクリック ☟
お気軽にフォローしていただけたら嬉しいです☺︎

What's New

Read More

Feature

Ranking