美女組No.102yuccoのブログ
美女組:No.102 yucco

No.102 yucco

植物療法士/アロマセラピスト/講師

ブロガー8年め、marisolでは5年めとなりました!JSTAスポーツアロマトレーナー・AEAJアロマセラピスト・JAMHAハーバルセラピスト・YUCHIKA代表。講師業を中心に、植物の恵みを使ったスポーツケアやセラピストをしております(^^)

冬の沖縄旅*後編*

後編では、大好きな焼き物の町と出合った器のお気に入りポイントを^^
冬の沖縄旅*後編*_1_1
読谷村にある「やちむんの里」には必ず行きます。
やちむんは沖縄の言葉で焼き物。
人間国宝の金城次郎さんのご子息やご親戚、そのほかたくさんの窯元があって、製作と販売をしている焼き物の里です。

端から端までのんびり見て回って小一時間くらい、緑が多く残っていて歩くだけでも気持ちいい場所です。
まずは一番好きな道でパチリ。

こちらでは今回は出合いなく、次は「tou cafe&gallery」へ。
読谷村ですが少し離れたところにあるので車で移動しました。
冬の沖縄旅*後編*_1_2
北窯の陶工・松田米司さんの作品のギャラリーと娘さんが営むカフェです。
美術館のような佇まいが素敵です。

入ってすぐカフェがあって、細い通路を抜けて奥にギャラリーがあります。
いろんなお店で販売している松田さんの器ですが、こちらに置いてあるのは「よそゆき」じゃなく「好きにつくった」器という感じ。

ゆっくりと鑑賞したあと、ぜひ使って楽しみたいと心惹かれた2点の器を購入しました。
冬の沖縄旅*後編*_1_3
やちむんは重ねて焼くので、中心部にある白い丸は上にのったの高台部分です。

左はお茶碗や小鉢に使えそうな大きさの器。
普通おわん型は丸い形ですが、やちむんのお椀は底が平らで、この形がとても新鮮!
朱色が器の色と合っていて気に入りました。

右は20cmほどの深皿。
ほかのどのお店でも見かけた事がない、生真面目そうなお魚に一目ぼれ。
同じ形の深皿は何枚かありましたが同じ絵柄はなく、好きなものを気まぐれに書いた感じがまたいい!
また訪ねたいと思ったので、満席だったカフェは無理に待たず次回のお楽しみに。

最後は離陸の写真。
また来るねー!の気持ちを込めて。
これから旅される方の参考になれば幸いです。
冬の沖縄旅*後編*_1_4

What's New

Read More

Feature

Ranking