一点投入するだけで旬の空気感に。デイリーに使いたい「ブルー小物」

いつもの着こなしに投入するだけで、たちまち春らしく、そして、今っぽくなる。今、手にしたいブルーの小物を厳選

春気分を盛り上げてくれるきれい色。いつもなら、迷いなしで、"ピンク"となるところ……今シーズンは、ちょっと異変が!そう、"ブルー"の勢いが止まりません。きれい色好きはもちろん、苦手な人をもすんなり受け入れてくれるブルーの魅力を、本格的な春の到来の前に、お届けします!



BLUE Stole

アクセサリー代わりに手にしたい贅沢な一枚

デイリーに使いたい「ブルー小物」_1

(上から)上質素材のしなやかさと淡いブルーの上品さがきわだつ薄手のストール。¥42,000/ebure 着こなしのアクセントにしたいリネン素材の大判ストール。¥27,000/カオス新宿(アソースメレ) ラフなリネン素材とほんのりとした光沢感の組み合わせが今っぽさの決め手に。¥27,500/アイネックス(アソース メレ)



BLUE Pumps

女らしさがきわだつオールマイティなヒールパンプス

デイリーに使いたい「ブルー小物」_2

ネイビーに近いロイヤルブルーのパンプスは、合わせる服を選ばないオールマイティなカラー。シャープな女らしさが手に入るポインテッドトゥなら、低めのヒールでも十分なきちんと感を演出。強めのブルーとスエード素材の女らしさの絶妙バランスにも注目して。靴¥79,000/ドゥロワー 丸の内店(セルジオ ロッシ)




BLUE Hat

ノーブルな空気が漂うブルーリボンのストローハット

デイリーに使いたい「ブルー小物」_3

ともするとほっこり見えてしまう麦わら帽子も、ブルーリボンの1 点ならモダンなムードに。白のワンピースにさわやかさ、かつモードな空気を添えて。帽子¥24,000/essence of ANAYI(ジンジ) カーディガン¥66,000/ドゥロワー 六本木店(ユリ・パーク) ワンピース¥27,000/インターリブ(サクラ)




BLUE Sunglasses

さまざまな着こなしに寄り添うこれからの季節の名脇役

デイリーに使いたい「ブルー小物」_4

目もとが透けて見えるくらいのクリアなレンズが今どき顔。例えばオールブラックコーデのアクセントにしたり、グレーやベージュのコーディネートになじませたりと、デイリーな着こなしを盛り上げてくれる名脇役として手にしたい。サングラス¥42,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(BJ クラシック)




BLUE Scarf

ラフなネクタイ縛りでカジュアルコーデを格上げ

デイリーに使いたい「ブルー小物」_5

白Tシャツ×ブルーデニムのカジュアルなコーディネートに、スペシャル感を添えるブルーのスカーフ。ラフなネクタイ縛りで、さりげないつけこなしを楽しんで。スカーフ¥12,000/フラッパーズ(マニプリ) Tシャツ¥21,000/マスターピースショールーム(サイ) パンツ¥32,000/サザビーリーグ(マザー)




BLUE Rings

チョイスの多いブルーの石から運命の1点を見つけて

デイリーに使いたい「ブルー小物」_6

甘すぎないブルーなら、色石のリングも大人っぽく楽しめるはず。クリアなブルーや深いブルーなど、石によって異なる色みから自分好みの1 点を見つけて。[左手](ラズライト)¥240,000・[右手上](トパーズ)¥140,000・[右手下](トパーズ)¥290,000/ショールーム セッション(マリハ) ブラウス¥21,000/デ・プレ




BLUE Bag

まさに名品と呼べる人気シリーズの新色

デイリーに使いたい「ブルー小物」_7

人気定番のカーニバルからニュアンスたっぷりのブルーをチョイス。きれい色でありつつもどんな色の服とも似合う受け皿の広い色みと、動くたびに揺れる繊細なフリンジとのコラボレーションが、ファッショニスタたちを魅了する秘密。バッグ¥132,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)

【Marisol3月号2020年掲載】撮影/川㟢一貴(MOUSTACHE) ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.) スタイリスト/徳原文子 モデル/竹内友梨 構成・文/磯部安伽

What's New

Read More

Feature

Ranking