Sサイズエディター伊藤真知さんの「身長+3㎝見えコーデ」術【前編】

今っぽさとバランスアップ、両方をかなえるSサイズさんのための着こなしテクを、エディターの伊藤真知さんがご紹介!
身長155㎝。「なんとなく着ていては普通に見えてしまう"半端な小柄"だからこそ、モノ選びも着こなしも、潔さが大切なんです」という真知さん。そんな彼女が選ぶのは「体をきれいに見せてくれる」ものだけ!「+3㎝見え」がかなう実践ルールとは?
PROFILE
マリソルをはじめ数々の女性誌で活躍。私服コーデにもファンが多く、春に発売した『「ユニクロは3枚重ねるとおしゃれ」の法則』(講談社)でも話題に

メソッド1:足もとテクこそ+3㎝見えの近道に!

「ヒールもぺたんこも大好きですが、共通するのは、足先が長く見える"シュッとした"淡色。特にグレーは一足あると便利です」

コンバース×コート×ニット×パンツコーデを着た伊藤真知さん

スニーカーの日は足首を出さないワントーンで

「スニーカーに靴下を履いてもなお、パンツとの間に足首がチラリ……なんて黄金バランスは、小柄の私には到底ムリ(笑)。それならいっそスニーカーの日は、"足首は見せない"と割りきることに。そもそもすらっと見えるワントーンの着こなしで足もとまでそろえてしまえば、抜け感がなくても寸づまりに見えず、スタイルアップも簡単です」。

靴¥5,800/コンバースインフォメーションセンター(コンバース) コート¥62,000・ニット¥24,000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー) パンツ¥15,000/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) イヤカフ¥5,800/フォーティーン ショールーム(イン ムード) バッグ¥20,000/スーペリア クローゼット(MARCO MASI)

パンツ×グレーのコンバース

ワントーンが作りやすいグレーやベージュが◎

メソッド2:首もとテクで重心を上に、バランスアップ

「首もとにボリュームをもたせると、目線が上がるのはもちろん小顔効果も。暖かく、品よく見える、地厚な素材を選ぶのがポイントです」

厚手のフーディ×ロングスカートコーデの伊藤真知さん

厚手のフーディで顔まわりにボリュームを

「一枚でもコートの中に入れても可愛く、小顔印象も高いフーディは大好きなアイテム。最近はオーバーサイズが主流ですが、大人は首まわりのあきが少なく、フードが立つ肉厚な素材を選んだほうが品よく見えておすすめ。カジュアルな雰囲気を生かし、足もとはスニーカーを。ボディバッグを短く斜めがけして、さらなる目線アップを狙います」。

フーディ¥16,000/ピーチ(ミューニック) スカート¥28,000/スリードッツ青山店(スリードッツ) ピアス¥45,000/CHERRY BROWN(チェリーブラウン) バッグ¥9,000/マッキントッシュ  ジャパン(トラディショナル ウェザーウェア) 靴¥9,800/コンバース スターズ ルミネエスト新宿(コンバース スターズ)

厚手フーディを着た伊藤真知さん

レフ板効果のある白は顔も明るく見える!

メソッド3:小物で+3㎝の印象操作をして

「どんなにトレンドが変わっても、ミニバッグと大判ストールは不可欠。ここだけは"遊びどころ"なので、楽しい色柄も積極的に楽しみます」

小さいバッグを持った伊藤真知さん

小さい体にこそ小さいバッグ

「大きなアクセをつけて顔が小さく見えるのはうれしいですが、大きなバッグを持って体が小さく見えてしまっては意味がなし! 結局スタイルアップとは"比率"の問題だと思うので、小柄なかたはやはり小さなバッグのほうがバランスよく見えると思います。幸い今はミニバッグがトレンド。種類も多く、手ごろなものも多いので、平日と休日用で使い分けても」。

バッグ¥108,000/カオス新宿(ザンケッティ) コート¥54,000/フラッパーズ(スムーク) ニット¥29,000/スローン パンツ¥14,000/ゲストリスト(ヘルシーデニム) サングラス¥34,000/アイヴァンPR(アイヴァン) ピアス¥2,720/ジューシーロック

小さいバッグ

アクセントになる”おちゃめ”なデザインを

「小さいからこそインパクトも大事。ボアやレオパードに惹かれがち」。バッグ(右)¥39,000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ) (左)¥13,000/エリオポール代官山(マルコ マージ)

撮影/西崎博哉(MOUSTACHE/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.) スタイリスト/池田メグミ 取材・文/伊藤真知

▼後編はこちら

What's New

Read More

Feature

Ranking