塩野瑛久「オリジナル作品を観劇して“当たり”を探す楽しさを」【マリソル ・オム】

端正な姿に熱き魂を秘めるブレイク俳優、塩野瑛久さんをクローズアップ!

 金髪ハーフアップのクールな参謀役を演じた映画『HiGH&LOW THE WORST』で、一気にファンを増やした塩野瑛久さん。デビュー以来、コンスタントに舞台にも立ってきた彼は「男劇団 青山表参道X」の副リーダーも務めている。

「自分では、響きがかっこいいという理由で“副団長”と名乗っています(笑)。所属している俳優たちはふだんは個々で活動しているので、僕が何か特別に役割を担っているわけではないんです。でも全員が集まる公演の時には、気がゆるんでおしゃべりをしている後輩にひとこと言ったりすることはあります。いいものを作るためには、嫌われてもかまわないっていう覚悟はありますね」

 劇団の公演『ENDLESS REPEATERS―エンドレスリピーターズ―』や、これから上演されるW主演の舞台『Re:フォロワー』は原作がないオリジナルの作品。「おおまかなストーリーしかわからない状態で観劇するって、勇気がいりますよね。僕がお客さんだったら、当たりかはずれかドキドキすると思う(笑)。でもだからこそ自分にとっての当たりに出会えた時は、喜びも倍増すると思うんです。一生懸命に舞台と向き合っている役者たちからはいいエネルギーが出ているはずなので、まずは劇場の空気を感じてみてほしいです」

塩野瑛久

Profile
しおの・あきひさ●1995年、東京都生まれ。2013年の『獣電戦隊キョウリュウジャー』で注目を集める。最近の出演作にドラマ『来世ではちゃんとします』、主演舞台『DECADANCE−太陽の子−』など。映画『貴族降臨−PRINCE OF LEGEND−』が公開中。W主演舞台『Re:フォロワー』は6 月12日より上演


本誌未掲載のアザーカットを特別に公開!

塩野瑛久_アザーカット1
塩野瑛久_アザーカット2
塩野瑛久_アザーカット3
塩野瑛久_アザーカット4
【Marisol4月号2020年】撮影/柴田フミコ ヘア&メイク/礒野亜加梨 スタイリスト/山本隆司 取材・文/細谷美香

What's New

Read More

Feature

Ranking