この春のマストバイはこの2タイプ!3月に「柄」&「シャツ」ワンピースを買うべき理由

一枚投入すればシーズンムードがぐっと高まるワンピース。なかでも即着映える「今年柄」と、着回し力抜群の「新顔シャツ」、季節始まりのおしゃれを救うこの2タイプを買うべき理由とは?

ヴィンテージドレス風が今年っぽい!
「柄」ワンピース

繊細なディテールの柄や素材で、日常を品よくドレスアップできる、惚れ惚れするクチュールドレス風が大本命。ビビッときたら、迷わず買うべき!


☆3月に「柄」ワンピースを買うべき理由


①素敵な柄を手に入れるのは、とにかく早い者勝ち!

②アウター合わせで今すぐMixコーデを楽しめるから

「柄」&「シャツ」ワンピース1

今年ムードの小花柄をまとって、洗練された大人の可愛げを実現

立体的な織りと、パープルとイエローの配色が春らしいムードたっぷりの、繊細な小花柄。クラス感あふれるワンピースに、まるでヴィンテージショップで出会ったかのような新鮮なときめきを感じて。白ジャケットでさわやかに。

ワンピース(ボウつき)¥60,000/ヴェルメイユ パーイエナ 青山店(リュンヌ) ジャケット¥59,000/ebure イヤカフ¥10,000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) バングル¥406,000/エスケーパーズ(ハム) バッグ¥74,000/ドゥロワー 六本木店(ワンドラー) 靴¥76,000/ジミー チュウ




女っぷり
®UPなゆるっと長め丈が豊富

「シャツ」ワンピース

落ち感のある素材、ロング丈など、フェミニンなムードに進化したのが特徴。最旬バランスであれこれ使えるから定番だからと後回しにせず、今すぐ更新!


3月に「シャツ」ワンピースを買うべき理由

①オンオフ使える女っぷり®デザインに進化しているから
②今→夏まで、レイヤードでブリッジ使いできるアイテムが豊作だから

「柄」&「シャツ」ワンピース2

単なるカジュアルではない、大人の余裕あふれる女らしい一枚

ゆるっとリーンなフォルム、サイドスリット入りのロング丈。デニムと合わせてもほっこり見えしない、新鮮なバランスを楽しんで。

ワンピース¥39,000(参考価格)/アマン(フィナモレ) ニット¥24,000(エーピー ストゥディオ)・パンツ¥45,000(R13)/エーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク ピアス¥69,000/エスケーパーズ(ソフィー ブハイ) チョーカー¥36,000(シンパシー オブ ソウル スタイル)・靴¥46,000(ネブローニ)/フラッパーズ バングル¥180,000/ザストア バイ シー 代官山店(アリアナ  ブサードライフォル) バッグ¥236,000/トッズ・ジャパン(トッズ)
【Marisol4月号2020年掲載】撮影/金谷章平(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/徳原文子 モデル/五明祐子 撮影協力/丸ビル 三菱地所 

What's New

Read More

Feature

Ranking