美女組No.123Mariのブログ

No.123 Mari

会社員

娘(14歳)と息子(11歳)、夫を連れて6年前に仕事と家庭の両立がしやすい香港に移住しちゃいました。
平日は外資金融会社員、週末はMBA学生。

香港、アジアの魅力はもちろん、ママになっても盛りだくさん人生楽しんじゃってるコンテンツをお届けします!

インスタグラム @ No.123Mari

働く女っぷりな香港流ワーキングママのファッション事情

2017年3月18日
バリバリ仕事できる環境の香港。時間のないワーキングママのお買い物のコツなどご紹介しちゃいます!
子育てサポート万全の香港。一方で「子供いるから」とか「お迎えあるので」という言い訳が通用しないというのも香港。

香港では子育てはフルタイムの外国人家政婦さんか両親または義理の両親に預けているのが一般的。
習い事やスクールバス(殆どの幼稚園、小学校はバスで通学)の送迎はヘルパーさんか祖父母。
両親が通勤がてら送ることもありますが、働き盛りの両親は仕事優先です。

朝ごはん、お弁当から夕食作りまでほぼやらない(できない)ママも多いです。
でも特に後ろめたいわけでもなく、その辺りとっても適当でいいな、と思います。
  • オフィスコーデもテイラーメイドが激安で調達できます!
  • 最近のあちらこちらにこんなお花。香港は既に春です!
そんなアラフォーワーキングママたち。ファッションに関しては、香港流は一点集中型が多いんです。なぜなら、お金大好きな香港人のこと、なんとお買い物も投資として見たりしてます。この値段の価値があるか、長く使えるか、後で売れるかどうかをよく考えて買い物をします。
そして気づきました!特に時計にこだわる香港人が多いんです。
え?っていうくらい若い子がパネライやIWCしてますから!カルティエのタンクが欲しい、と言っていた私の20代を消し去りたいw 

体に合う服、似合う服を求めて、テイラーメイドがとっても人気。スーツやシャツなどパターンでどうにかなりそうなものは生地やパターンを選んで、体のサイズを知っている仕立屋さんへ。言いたい放題好き放題にアレンジしてくれますよ。 
上の写真のシャツは数年前にオーダーメイドで作ったもの。インする用に丈を長めにしてます。ボタンやネイビーのアレンジも襟の形ももちろんオーダーで自由自在。そしてこちら日本円で6000円くらいかな。
とってもお買い得!
  • いつも定番の小物たち。財布はずっとLV。エタニティのダイヤも永遠にヘビロテ。
  • 最近は離れたカフェでお一人様ランチタイムが極上の癒しタイム


当たり前の選択肢として独身の時のように仕事を続けることができて、共働き環境としては最高な香港。
移住先としてはなかなかいいですよ〜♪

香港の中心地、セントラルにある終審法院大樓。香港の三大銀行の近所にありますよ。

What's New

Magazine

Instagram

Facebook

Twitter

Feature

Ranking

Keywords