「偶然見つけたハル」の注目株イ・ジェウクさんに大接近!!

視聴者による人気賞も受賞した話題作「偶然見つけたハル」で、SF9のロウンさん演じるハルのライバル、ベクヒョンを演じたのがスーパールーキー、イ・ジェウクさんです。ストリートファッションをまとい軽やかにスタジオに登場した彼は、フレッシュな魅力のオーラに包まれていました。「アルハンブラ宮殿の思い出」でデビュー。「恋愛ワードを入力して下さい〜Search WWW〜」の若手俳優役で注目され、「偶然見つけたハル」でも心に傷を負い、ヒロインに冷たくあたってしまう青年を繊細に演じ、その存在をアピール。「天気が良ければ訪ねて行きます」を経て、最新作「ドドソソララソ」では初主演を果たしました。その撮影現場には事務所の先輩、あのヒョンビンさんからコーヒーカーの差し入れも!この愛すべきニューカマーは、「偶然見つけたハル」でロウンさんとともにMBC演技大賞新人男優賞を受賞、百想芸術大賞でも新人男性演技賞にノミネートされ、11月29日には2020Asia Artist Awardsで「夫婦の世界」のハン・ソヒさんとともに新人賞を受賞、快進撃を続けています。そんなジェウクさんの素顔に大接近です!
「偶然見つけたハル」の注目株イ・ジェウクさんに大接近!!_1_1
●「アルハンブラ宮殿の思い出」で鮮烈なデビューを果たし、「恋愛ワードを入力してください〜Search WWW〜」の役もまさにはまり役で、「偶然見つけたハル」のニヒルな役でさらにファン急増のジェウクさん。役者になったきっかけは?デビューまえは、役者になるべくどんな準備をしていたのですか?

ー大学の演劇学科に行く準備中、演技学校に通って演技を学んでいました。「アルハンブラ宮殿の思い出」には大学に入学してから運よくキャスティングされてデビューしました。役者になった大きなきっかけはなく、ただ、演技とは何なのかを学びたいという気持ちが生まれて、演技塾のようなところに入りたくさん学びました。

●作品選びで大切にしているのはどんなことですか?

ーどんな作品を選ぶというよりも、運が良くいい作品にキャスティングされたという感じなので、選択眼があるというより運に恵まれているんだと思います。

●大ヒットした「偶然見つけたハル」で、ペク・ギョンを演技するうえで難しかった部分は?

ーこの作品の特色として、「シャドウ」(劇中の漫画『秘密』に描かれない部分)と「ステージ」(『秘密』のストーリーが進行する部分)のシーンの緩急を視聴者のみなさんにうまくお見せしなければなりませんでした。そういった部分を表現するのがいちばん難しかったです。

●ウン・ダノ役のキム・ヘユンさんと共演した感想をお聞かせください。

ーキム・ヘユンさんはとても明るくて、劇中のダノとすごくよく似た性格です。撮影現場でもとてもポジティブでエネルギーにあふれた人なので、ペク・ギョンを演じながら大変だったときもすごく励まされましたし、楽しかったです。素敵なパートナーでした。

●ハル役のロウンさんはどんな俳優でしたか?

ーロウンさんもとても情熱的で、情熱的すぎるのではないかと思うぐらいエネルギーにあふれた人です。共演するシーンの撮影でも通じ合えて、リラックスして一緒に演じることができました。また別の作品でもぜひご一緒したい俳優です。

●共演した俳優の皆さんの印象を一言で表現すると?

―チョン・ゴンジュ(イ・ドファ役)さんは、ドファとはキャラが違います。とても重厚で、お兄さんっぽいところがあるのですが、ドファという役をうまく演じこなしていたと思います。キム・ヨンデさん(オ・ナムジュ役)も劇中のナムジュとは違っています。親しくなると、よく冗談を言ったりするおもしろいタイプなので、ナムジュ役をすごく上手に演じていたと思います。みんな明るかったのですが、ナウンさん(ヨ・ジュダ役)も撮影現場にフレッシュなエネルギーをもたらしてくれました。イ・テリさん(ジン・ミチェ役)も本当にお兄さんらしい面が多くて。共演するシーンを撮影するときもとても通じ合えて、頼れる方でした。

●劇中のキャラクターの中で、ご自身といちばんよく似ているのは誰ですか?

ー性格的にいちばん似ているのは、イ・ドファだと思います。すごくいたずらっぽくて愉快なキャラクターで、「僕がドファを演じたらどんな感じだったかな……」と何度か考えたこともありました。ドファの性格と似ているので、うまく合うんじゃないかなと思ったりしました。

●この作品で新人賞も受賞し、役者として世界で注目されるようになった感想は?

ー当たり前じゃないでき出来事が起きている気持ちです。目新しい体験ばかりで、新人賞もいただけて。とても過分ですし、ありがたく思っています。

●デビューして間もないのにもかかわらず、日本でも公式ツイッターをオープンして注目されています。日本には来たことがありますか?

ー旅行で行ったことがあります、とてもいい思い出になりました。
「偶然見つけたハル」の注目株イ・ジェウクさんに大接近!!_1_2
●今まで演じたキャラクターでいちばんご自身に近いのは?

ー「天気が良ければ訪ねて行きます(原題)」の役です。性格も愉快なキャラクターというところも僕と似ていると思うので、今まで演じた役の人物の中でいちばん近いんじゃないかなと思ってます。

●どんな役者でありたいですか?

ーどんな役者というよりも、ただ常に自分がしていることに感謝の気持ちを忘れずに、幸せな気持ちと満足感を感じられる人間になりたいと思っています。

●演技のどんなところが面白いですか?

ー毎日毎日違う1日を過ごしているのが楽しく、色々な人たちに出会えたり、毎日毎日本当に新しい日のように新鮮な気持ちでいられる、そんなところが俳優をしていていいなと思うところです。

●これから演じてみたいキャラクターはありますか?

ーフィルム・ノワールみたいなジャンル。どんな人物というより、アクションっていうのかな、違うな、日本の作品で言ったら「クローズZERO」みたいな。でも学園ものではなくて。

●似合いそうですね。

ーありがとうございます(笑)。

●どんな褒め言葉が役者として嬉しいですか?

ー時々、僕の名前ではなく、役柄の名前で呼ばれることがあるんです。そんなとき、イ・ジェウクだ、と呼ばれるよりも、役としてみていただけるのが、言葉では説明できないくらい嬉しいです。

●ロウンさんが「偶然見つけたハル」でジェウクさんといちばん仲良くなったと話してくれましたが、どんなところがいちばん気が合いましたか?

ーそうなんです。性格もとても似ていて、落ち着いた感じもありながら、撮影現場では活発で。自分の心の中にあるものを全部話せるベストフレンドになりました。ロウンさんにはすごく感謝しているし、またほかの作品で必ず共演したいです。

●先ほどもお話に出た次回作「天気が良ければ訪ねて行きます(原題)」も注目されてます。ソ・ガンジュンさんと共演していますがいかがですか?

ーガンジュンさんは、とにかくとてもいい人です。先輩後輩関係なくとても良く面倒をみてくれて、現場をまとめてくれる。演技も外見もいうことのない方なので、先輩としてもお兄さんとしてもすごく好きです。

「偶然見つけたハル」の注目株イ・ジェウクさんに大接近!!_1_3
●お気に入りのアーティスト、映画やドラマはありますか?

ー僕は普段から音楽を楽しんで聴く方です。家で休みの日に映画やドラマもよく観ます。この3つが僕にはとても重要なんです。音楽のジャンルでは、ヒップホップが好きで、海外のアーティストも韓国のアーティストも聴きます。特にあげるならポスト・マローンさん。ファッションもストリート系が好きです。映画やドラマは、何かが特に好きというより、ジャンルにこだわらず、いい作品だと聞いたものは観てます。俳優として勉強も兼ねて観るようにしています。ドラマは「梨泰院クラス」にハマってます。

●イ・ジェウクさんも歌が得意だそうですが、よく歌う歌は?

ー僕はハン・ドングンさんとポール・キムさんのファンなので、カラオケに行ったらお二人の曲をよく歌っています。上手なわけではありませんが(笑)。

●「偶然見つけたハル」は、漫画の世界を舞台としたドラマでしたが、イ・ジェウクさんが好きな漫画は?また、演じてみたい漫画のキャラクターはいますか?

ーキャラクターを演じてみたいと思ったことはないのですが、日本の「ONE PIECE」。韓国でもものすごく人気のある作品で、僕も大好きです。ずっと読んでいます。 

●「ONE PIECE」の中で好きなキャラクターは?

ーロロノア・ゾロが好きです。演じるとしたら!? CGがたくさん必要になりそうですね。演じるとしたら、黒ひげみたいな立体的なキャラクターがおもしろいのではないかと思います。

●最近ハマっていることは?

ー服にハマってます。ストリート系の。

●好きな香りはありますか?癒しアイテムのようなものはありますか?

ージョー マローン ロンドンのダークアンバー。なんていうか、ムスクっぽい感じの香りで好きです。僕はストリートファッションが好きなので、フードのある服が癒しアイテムです。いつも着ています。半身浴も好きで、1日の疲れをそれでとります。

●苦手なことは?

ー蜂に刺されたことがあるんです、蜂が怖いです。ゴキブリも。虫という生命体がいちばん怖いです(笑)。

●知られざる特技は?

ーそれ、言ったら日本に行ったときやらなくちゃでしょう(笑)?
食べる速度がめちゃくちゃ速いんです。韓国のインタビューでも何度かお話ししたんですが。熱いものでも一気食いができます。

●いちばん好きな食べ物は?

ー麺類が好きです。韓国ならビビンククス、日本ならラーメン。

●マリソル読者が韓国を旅するならどこをお勧めしますか?

ー釜山にあるチャガルチ市場です。韓国の情緒にあふれた通りで、幸せな気持ちで歩き回ることができる僕のお勧めです。

●釜山はわたしも大好きな街で、携帯の待ち受けがチャガルチ市場なんです(笑)。

ーナッコプセ(テナガダコ、モツ、エビの甘辛鍋)も食べましたか?

●もちろんです!
「偶然見つけたハル」の注目株イ・ジェウクさんに大接近!!_1_4
「偶然見つけたハル」の注目株イ・ジェウクさんに大接近!!_1_5-1

1/8

「偶然見つけたハル」の注目株イ・ジェウクさんに大接近!!_1_5-2

2/8

「偶然見つけたハル」の注目株イ・ジェウクさんに大接近!!_1_5-3

3/8

「偶然見つけたハル」の注目株イ・ジェウクさんに大接近!!_1_5-4

4/8

「偶然見つけたハル」の注目株イ・ジェウクさんに大接近!!_1_5-5

5/8

「偶然見つけたハル」の注目株イ・ジェウクさんに大接近!!_1_5-6

6/8

「偶然見つけたハル」の注目株イ・ジェウクさんに大接近!!_1_5-7

7/8

「偶然見つけたハル」の注目株イ・ジェウクさんに大接近!!_1_5-8

8/8









「偶然見つけたハル」の注目株イ・ジェウクさんに大接近!!_1_6
「偶然見つけたハル」の注目株イ・ジェウクさんに大接近!!_1_7
DVD-BOX1 2020年12月2日(水) 発売/価格:12,000円+税 品番:PCBP.62328 収録内容(全8DISC):第1話~16話+特典映像約53分(キャラクター紹介、NGビハインド映像) 初回封入特典:キャンペーン応募券 封入特典:カラーブックレット16P DVD-BOX2 2021年1月6日(水)発売/価格:12,000円+税 品番:PCBP.62329 収録内容(全8DISC):第17話~32話+特典映像約72分(リレーインタビュー、撮影現場メイキング) 初回封入特典:キャンペーン応募券 発売・販売元:ポニーキャニオン (C)2019MBC  
「偶然見つけたハル」の注目株イ・ジェウクさんに大接近!!_1_12
桂まり●かつらまり 韓流予報士(?)。温泉保養士。「SPUR」や「eclat」などで、トラベル、フード記事など担当するライター。趣味は各国で料理教室に行くこと。「専門外ではありますが、泣いて笑って癒される韓流ドラマのお勧めを不定期で紹介します!」

What's New

  • ワールドワイドな人気を誇るBLACKPINKが夏を盛り上げる!

    世界を席巻する4人組ガールズグループ、BLACKPINK。8月3日には「THE ALBUM-JP Ver.-」をリリース、翌日4日には韓国デビュー5周年を記念して制作された初の映画『BLACKPINK THE MOVIE』が日本を含む世界約100カ国で劇場公開となり、なかなかライブなどでパフォーマンスに触れることのできないファンにとって嬉しい贈り物が続きます。映画は、世界を虜にするアスリートの活躍にも似た、高みを目指す4人のアーティストの今がリアルに伝わる胸熱映画となっていて、この夏を、ガールクラッシュBLACKPINKが盛り上げます!

    韓流NEWS

    2021年8月3日

  • 夏の話題作、推しドラマ&映画が大渋滞!!

    気分を上げ、心を豊かにしてくれる芸術の存在にありがたさを今まで以上に感じる今日この頃。嬉しいことに、この夏も話題の韓国ドラマ、韓国映画が目白押し!ドラマは「シグナル」「ムーブ・トゥ・ヘブン:私は遺品整理士です」のイ・ジェフンさんのダークヒーローもの「模範タクシー(原題)」、「星から来たあなた」のチョン・ジヒョンさんの「キングダム アシンの物語」。映画は、実話をもとに描いた働く女性の『サムジンカンパニー1995』、韓国で観客動員820万人超えを記録したブロックバスター映画『白頭山(ペクトゥサン)大噴火』、「トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜」『新感染 ファイナル・エクスプレス』のコン・ユさんと「青春の記録」のパク・ボゴムさん共演の『SEOBOK/ソボク』、そして、グローバルに活躍するBLACKPINKの本国デビュー5周年を記念した初の映画『BLACKPINK THE SHOW』と熱いラインナップに注目!

    韓流NEWS

    2021年7月9日

  • 豪華、韓ドラ松花堂弁当! 魂入れ替わりラブコメ時代劇「哲仁王后(チョルインワンフ)」

    韓国ドラマ好きなら、知らない人はいない名作ドラマ量産ケーブルTV局tvN。私の韓国旅行の楽しみのひとつは、tvNがリアルタイムで観れること。そのtvNの歴代視聴率ランキングの上位を占めるのは、1位から「愛の不時着」「トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜」「恋のスケッチ 応答せよ1988」「ミスター・サンシャイン」と続き、5位が今回紹介する「哲仁王后(原題)」、6位が「ヴィンチェンツォ」。ランキングからも、愛すべき魂入れ替わりフュージョン・ラブコメ時代劇「哲仁王后」が、どれだけ人々を熱中させ、大ヒットしたかが伝わってきます。どのキャラクターも生き生きと魅力的で、衣装やセット、宮中料理なども麗しくときめきが止まりません!待望の日本初放送が衛星劇場でスタートします!!

    韓流NEWS

    2021年7月1日

  • 「女神降臨」でブレイクの新星、ファン・イニョプさんインタビュー

    世界100カ国でヒットしたウェブ漫画が原作というドラマ「女神降臨」。日本でも放送中で、顔の天才チャウヌさん演じる秀才イ・スホの恋のライバル、ハン・ソジュンがはまり役と話題となったのがファン・イニョプさん。魅力あふれるキャラクターに完璧にシンクロ、ソジュン派、ハン・ソジュンアリ(ハン・ソジュン病)続出で、切ないソジュンの心情を乗せたOST(ドラマ挿入歌)まで披露し、世の女子たちのハートを鷲掴みに。超新星として注目されています。イニョプさんは「ノクドゥ伝~花に降る月明かり~」でカン・テオさん演じるユルムの護衛役を経て、温かくて泣ける推しドラマ「18アゲイン」では恋に不器用な高校生役を好演。「18アゲイン」放映時20万人だったSNSのフォロワー数が、「女神降臨」の熱量で935万人超えに増えたそうです。そんな宇宙いち学生服が似合う30歳のルーキーは、現在チ・チャンウクさんと来年配信予定のNetflix「アンナラスマナラ」(「雲が描いた月明かり」「梨泰院クラス」のキム・ソンユン監督、「雲が描いた月明かり」「恋するジェネレーション」のキム・ミンジョン脚本家)の撮影中だという彼に、グッと迫ります!

    韓流NEWS

    2021年6月21日

  • 眼福、社会派、癒し系。話題の最新ドラマや映画が大豊作!!

    6月も話題作が続々登場して嬉しい限り!百想芸術大賞で作品賞に輝いた「怪物」は、主演のシン・ハギュンさんが、「ヴィンチェンツォ」のソン・ジュンギさんや「サイコだけど大丈夫」のキム・スヒョンさん、「悪の花」のイ・ジュンギさん、「ペントハウス」のオム・ギジュンさんという錚々たる候補者を抑えて最優秀主演男優賞も受賞したのにも納得の話題作です。また、じんわり泣けて私好みの「賢い医師生活」シーズン2も始まるなど、韓国ドラマ、韓国映画の快進撃はこの夏も続きます!!

    韓流NEWS

    2021年6月15日

  • ファン待望New Single「Emotion」リリース!チャン・グンソクさんロングインタビュー

    5月26日に、シングルとしては4年半ぶりとなる「Emotion」をリリースしたチャン・グンソクさん。子役時代からドラマや映画で活躍してきた彼は、歌手として日本デビューも果たしマルチな才能でファンを魅了してきました。昨年5月に約2年に及ぶ社会服務要員としての服務を終え、アーティストとして再始動!今年3月の配信シングル「Star」が、たちまちLINE MUSICリアルタイムチャートで1位になるなどそのカリスマぶりを発揮。しなやかに、そしてパワーアップして帰ってきた唯一無二のエンターテイナー&伝説のスター、グンソクさんにたっぷりお話をうかがいました!

    韓流NEWS

    2021年5月28日

  • 泣ける!イ・ジェフンさんの「ムーブ・トゥ・ヘブン: 私は遺品整理士です」

    「この人の作品なら何はともあれ観てみよう」と思う俳優のひとりが、「シグナル」のイ・ジェフンさん。彼は映画やドラマでおなじみの演技派俳優ですが、2016年に観た「シグナル」は作品の完成度が衝撃的で、私的ベスト10ドラマのひとつです。先月約2年ぶりに「模範タクシー(原題)」でドラマ復帰したジェフンさん。Netflixオリジナル作品「ムーブ・トゥ・ヘブン: 私は遺品整理士です」は、ファン待望の彼の最新ドラマでもあります。5月14日に配信スタートしたこの作品は、ジェフンさんと、「愛の不時着」のタン・ジュンサンさんの共演でも話題。「悪霊狩猟団カウンターズ」も痛快だったし、極上エンターテイメント「ヴィンチェンツォ」に心奪われ、全員が怪しいサスペンスの極み「ロースクール」もだいぶ面白くハマっていますが、派手さはなくとも温かい涙を誘う系のこんなドラマも必須です!!

    韓流NEWS

    2021年5月17日

  • 顔の天才、チャウヌさん(ASTRO)が語る「女神降臨」!

    次から次へと、手に余るほど麗しい俳優を世に送り出す韓流ドラマ。いま、最も注目されている美男ツートップは、完璧なスタイルで27歳には見えない童顔、声も魅力的なソン・ガンさんと、顔の天才と言われる、アイドルグループASTROの多才なチャウヌさん。二人とも漫画から飛び出てきたようなイケメンで、とくにチャウヌさんは、「推しは推し、チャウヌはチャウヌ」(韓国語でチェチェチャチャ)という新造語があるほど、誰もが認める圧倒的存在。そんな彼の、演技ドル(演技もできるアイドル)としての話題の最新ヒット作ドラマ「女神降臨(原題)」が日本でも始まります!

    韓流NEWS

    2021年4月19日

Read More

Feature

Ranking