ハピプラ会員システム刷新に伴うお知らせ

青春時代は「ヌーディリップ」がトレンドでした。アラフォー読者の口紅事情を調査!

あなたの口紅の塗り方、 本当に合ってますか?

メイクを始めた10~20代のころ、「グロス大全盛」「濃いリップはおばさんっぽい」文化で育った アラフォー世代。昨今の口紅ブーム、今さら聞けない口紅の塗り方について、コッソリおさらい!


今のアラフォーはグロス育ちって本当?
アラフォー読者の"口紅"事情_1
唇はツヤツヤ&プルッとしているのが可愛いカルチャーだった10~20代。使用率が一番高いのはグロスだった!
アラフォー読者の"口紅"事情_2

"グロス"カルチャーだったとはいえ、口紅を使ったことはある。30代以降に口紅デビュー という人も約25%存在。

アラフォー読者の"口紅"事情_3

「ラフ塗りに慣れていて、口紅がむずかしいと感じる」(37歳)、 「正直、口紅を塗ったことない」(40歳) という意見もあった。

アラフォー読者の"口紅"事情_4

6割の読者が、口紅のメイクに慣れていない。「特に濃いリップは、顔から浮いていないか心配にな っちゃう」(38歳)


青春時代は「ヌーディリップ」がトレンドでした。アラフォー読者の口紅事情を調査!_1_6

ヌーディ唇の流行、赤リップの復活、マットやオレンジ口紅などのトレンド。すべてを経験した読者の失敗経験は?

アラフォー読者の"口紅"事情_5

もともと唇の色が濃い私。今人気のオレンジ系の口紅を使ったら、 ナポリタンを食べた後の唇みたいになってしまいました…。

アラフォー読者の"口紅"事情_5

20代半ばのころ、コンシーラーで唇の色を消し、ベージュ系口紅をつけるAYU風メイクが流行。会社の同僚数人から、体調不良を疑われました。

アラフォー読者の"口紅"事情_8

忙しい日は、口紅を塗り直さず一 日過ごすことが。ふと鏡を見ると、 輪郭しか口紅が残ってない状態。 この顔で人に会っていたと思うと ……。


アラフォー読者の"口紅"事情_7

20代前半のころ。母のすすめ(半ば無理矢理?)で購入させられた 青みピンクの口紅。会社の先輩に 「トレンディドラマか!」と笑われた苦い思い出が。

【Marisol5月号2020年掲載】撮影/八木 淳( SIGNO/人物)  細谷悠美(物) ヘア&メイク/林 由香里( ROI) スタイリスト/高橋美帆 モデル/今井りか イラストレーション/ユリコフ・カワヒロ( MABL) Qoonana 構成・文/松井美千代

▼あわせて読みたい

What's New

Read More

Feature

Ranking