ストレスフリーな顔映えがかなう、華奢なジュエリーと帽子【ファッション名品】

スタイリスト松村純子さんが選ぶ、新時代の名品をおすすめコメントとともにお届け!【その1】

【1】Hirotakaのイヤカフ

ファッション Hirotakaのイヤカフ
「締めつけもなく、引っかかることもないから、つけ心地もエフォートレス。そのわりに、それひとつでエッジのきいた雰囲気に仕上がるから、カジュアル服や、リモートファッションの時にも効果大です。」(松村さん)(左)少しモードでシャープな印象のバータイプデザイン。イヤカフ¥28,000・(右)つけるとフープを2 連でつけているように見えるデザイン。これひとつでレイヤード気分が楽しめる。イヤカフ¥43,000/ヒロタカ 表参道ヒルズ(ヒロタカ)

【2】マリア ブラックのネックレス

ファッション マリア ブラックのネックレス
「ネックレスブーム復活を受け、ジュエリーのレイヤードも首もとが新鮮」と松村さん。シルバー派にはプレートと喜平チェーンでマニッシュな雰囲気の2本をリコメンド。ネックレス¥20,000・ロングネックレス¥21,000/ショールーム セッション(マリア ブラック) 

【3】マリハのネックレス

ファッション マリハのネックレス
ネックレスのレイヤードは「シンプルな一本を軸に、ニュアンスの異なるチェーンで緩急をつけるのが上級テク」と松村さん。Y字とボールチェーンで女らしい胸もとを演出。Y字ネックレス¥76,000・ロングネックレス¥78,000/マリハ 伊勢丹新宿本店(マリハ)

【4】メゾン ド リリスのストローハット

ファッション メゾン ド リリスのストローハット
「意外とむずかしいハット選び。メゾン ド リリスはスタイル全体にしっくりなじみつつ、インポート風のオシャレなものが充実。迫力が出すぎないリラックス感も絶妙」と松村さん。ハット¥12,000/ギミックス(メゾン ド リリス)
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 取材・原文/塚田有紀子 【Marisol 8月号 2020年掲載】

What's New

Read More

Feature

Ranking