運命のメガネの探し方「メガネに慣れていないので、ストレスの少ないものを選びたい」

2017年3月20日
「今までメガネをかけてこなかった」人はどんなことに気をつけて選べばいい? 眼鏡スタイリストがあなたにぴったりの一本を教えます!
メガネに求める条件やなりたいイメージは人それぞれ。そんな美女組さんのお悩みを藤さんが誌上カウンセリングで解決!トレンドに流されない、自分らしい一本を見つける指針としてぜひ参考に。

☆教えてくれたのは・・・

眼鏡スタイリスト・藤裕美(とう ひろみ)さん
眼鏡店店長を経た後、ドイツへ渡り、作り手側からも眼鏡の知識を深める。帰国後は著名人のスタイリングなど幅広く活躍中。藤さんの著書『あなたの眼鏡はここが間違っている』(講談社/1,500円)も発売中。

■メガネに慣れてないのでなるべくストレスが少ないものを選びたい

美女組No.119 遠藤紀子さん
「メガネと縁のない生活をしていたが、ここ数年で視力が急激に低下。メガネをかけ慣れていないので、選び方もよくわからないんです……」
●今使っているメガネをチェック!
今使っているのは黒のセルフレームのウェリントン。とにかくデザイン重視で選んだため、目とレンズ、こめかみとテンプルの間に大きなスキマが。顔幅が狭い遠藤さんに合っておらず、ズレてくる因だった
●軽さで選ぶなら、断然メタル系フレーム
軽さを重視するなら、ステンレスなど金属系フレームがおすすめ。丈夫で、セルフレームより印象も軽やかに見える。(遠藤さん着用)MYKITA「LITEDAGNY Col.225」¥49,000/マイキータ ジャパン
●セルとメタルのいいとこどりなタイプも
「やっぱりセルフレームが好み」という遠藤さん。フロントリムが細めのセル、テンプルはメタルだと軽いので負担軽減に。手持ちのメガネと比べると太さの違いは歴然。
(左LAFONT「TRANSVERSE Col.5034」¥40,000/イワキメガネ (右)遠藤さん私物

■選んだのはこれ!

女性らしいキャッツアイ型は肌なじみのいいベージュで優しさもプラス。
メガネMYKITA「LITE SESI 920」¥51,500/マイキータ ジャパン ニット¥16,000/ザ デイズトウキョウ 渋谷店(ザ デイズ トウキョウ) ピアス¥30,000/ナチュラリ ジュエリ 西武渋谷店(ナチュラリ ジュエリ)
●これも好き♡
感度の高いボストンタイプもお似合い。Lesca LUNETERIER「P1Col.2」¥35,000/グローブスペックス エージェント
撮影/中田陽子(MAETTICO) ヘア&メイク/木下 優(Rossetto) スタイリスト/藤 裕美(メガネ) 森 陽子(服)

What's New

Magazine

Instagram

Facebook

Twitter

Feature

Ranking

Keywords