ソ・ガンジュンさんの新たな魅力にハマる、「ウォッチャー 不正捜査官たちの真実」

2015年の来日から、何度かインタビューをしたことのある人気俳優ソ・ガンジュンさん。"男神"と崇められ、猫好きの優しいガンジュンさんが「ジャンルを問わない俳優になりたくて選んだ」という「ウォッチャー 不正捜査官たちの真実」でガラリとイメージチェンジ。真実を追う捜査官キム・ヨングン役を熱演し話題となった作品です。彼のファンでなくともぜひ観て欲しい、最後まで緊張感が続くサスペンス。それもそのはず、「秘密の森〜深い闇の向こうに〜」のアン・ギルホ監督と「グッドワイフ〜彼女の決断〜」のハン・サンウン脚本家がタッグを組み、主演は「浪漫ドクター キム・サブ」シリーズでも活躍の名優ハン・ソッキュさん、クールビューティーキム・ヒョンジュさん、ガンジュンさん。これ以上望めない豪華キャストの相乗効果も見どころです!映像もOSTもスタイリッシュで、グイグイ引き込まれるので一気にぜひ!!
ソ・ガンジュンさんの新たな魅力にハマる、「ウォッチャー 不正捜査官たちの真実」_1_1
●キム・ヨングンというキャラクター、またト・チグァン、ハン・テジュのキャラクターを簡単に教えてください。

ーヨングンは、幼いころから父が母を殺したと思って生きてきた人物です。あまり人を信用できないのですが、情熱と気合いを持ち合わせた熱血刑事でもあります。人生になんの目的もなく生きているように見えますが、心の中では父と母の事件に対し疑問を抱いており、深い傷を抱えています。また、根は誰よりも温かく正義感のある人間です。

ハン・ソッキュさんが演じたト・チグァンは、正義のためならどんな手を使ってでも不正を暴く、表面上は残酷な人物です。でも誰よりも情に厚く優しい人です。キム・ヒョンジュさんの演じたハン・テジュは、過去のトラウマのせいで正義感など持っていない弁護士として生きている人物。この3人が、過去に関わったある事件に疑惑を持ち、共に事件を解決していく過程でそれぞれが成長していくドラマです。

●スピード感があり予想できない展開、最後まで視聴者の注目を集めたドラマでした。最初に台本を読んだ時の印象、感想をお聞かせください。

ー最初は少し難しく感じましたが、警察が警察を監視する“監察”という題材が新鮮でした。推理ドラマなので簡単に理解できる内容ではなく、僕が最もこの作品に惹きつけられたのは、「ウォッチャー」という作品が伝えたいことでした。ドラマに出てくる、現実の世界に蔓延する腐敗した政治的要素や、“何のために突き進んでいるのか、目的が分からなくなる時もある”というところですね。「なぜ、何のために生きるべきか」。訳も理由もないように思える時もあるけれど、それでも何かに向かって突き進み生きていき、成長する姿がまさに私たちの人生とも重なる気がしました。

●最初からドラマの結末はご存じでしたか?

ー最終話まで台本が完成するまえでしたので、結末は知りませんでした。僕は先の台本がまだできていない時は、続きを想像したり期待したりはしません。それより出来上がった台本の中で考え、悩むことが重要だと思っています。先々の台本を想像することは、今ある台本部分を演じる時に邪魔になることもある、というのが僕の考えです。

●「ウォッチャー」の出演を決めたいちばん大きな理由は何ですか?

ーアクションの多い推理ドラマは初めてで、今までアプローチしてきたやり方とは違うジャンルの作品なので是非挑戦してみたいと思いました。台本の構成や役が抱えている傷を掘り起こし、癒えていく過程が魅力的だったのでやってみたいと感じました。

ソ・ガンジュンさんの新たな魅力にハマる、「ウォッチャー 不正捜査官たちの真実」_1_2
●「ウォッチャー」は2019年OCN(ケーブルチャンネル)の最高視聴率を記録しました。日本でも次々と放送が決まるなど、大注目の作品ですが、視聴者に愛される理由は何だと思いますか?

ーとても素晴らしい先輩俳優の方々がいらっしゃるからじゃないでしょうか…!また、「ウォッチャー」が僕にとっても大変興味深く楽しみなドラマだったように、このドラマの物語や事件の絡み合いが、多くの皆さんに興味を持っていただけることに繋がったのではないかと思います。

●「ウォッチャー」の見どころは?

ー心の内が分からない登場人物間の友情とチームワーク。誰が犯人なのか分からない、張りつめた緊張感!同じチームのメンバー同士が協力し合っているように見えたのに、ある時は“あれ!?チームなのに!?そんなことするの!?”と思わせる、そんな複雑な心理描写!すべてが見どころです!

●ヨングンは、チグァンにもテジュにも100%の信頼を寄せることが難しい状況にもかかわらず、彼らとチームを組んで、不正を暴いていきます。誰が敵で誰が味方なのか分からない状況での内面的な葛藤、感情の変化など、演じるのが容易ではないキャラクターだったと思います。演じるにあたり、ヨングンというキャラクターを、どんな風に分析されましたか?

ーおそらくヨングンは、チームのために動いていたというより、ヨングンの目標のために突き進んでいたんだと思います。その中でチグァンはチーム長であり父としての役割もしてくれ、テジュは同僚の弁護士であり母のような役割でいてくれました。ヨングンは、二人への気持ちが常に揺れ動きながらも、彼らが犯人ではないと、彼らが信用できる人であると、信じられる人であることを願っていたように思います。

●「ウォッチャー」の中でヨングンはアクションシーンも多く、ケガを負うシーンも多かったです。ヨングンを演じるために特に意識して準備・研究したことはありますか?参考にされたドラマや映画のキャラクターがあれば教えてください。

ー参考にした作品は特にありません。この作品を研究して気づいたのは、僕が今までやってきたのと同じ方法で台本を読み解き、キャラクターを構築をしていくやり方はうまくいかないかもしれない、ということでした。だからどういう視点でシーンを見るかをたくさん悩みました。心の動きを繊細に描きながらもアクションが多いドラマなので、単純に感情だけに集中して演じてもダメだと思いました。まずは動きを頭の中で綿密に計算して作りこみ、それから感情を見せなければいけないシーンでは気持ちを作ることに集中しました。

ソ・ガンジュンさんの新たな魅力にハマる、「ウォッチャー 不正捜査官たちの真実」_1_3
●「ウォッチャー」の中でいちばん記憶に残っているシーンはどんなシーンですか?その理由は?

ーネタバレにならないように話すので伝わりづらいかもしれないですが、エンディングのチグァンとヨングンのツーショットが一番記憶に残っています。監察は、警察でありながら警察を監視する仕事です。なのに、その監察の仕事が「法の死角エリア」に置かれることが多いんです。これからも、正義のために立ち止まらず突き進んでいくチグァンとヨングン、そしてテジュ…。彼らにとって大切なことは、絶えず自分たちの過去を振り返り、過去と向き合うことで、「正義」という監察者としても目的を忘れないことです。最後のチグァンとヨングンのシーンは、そんな不正捜査チームの「未来」が描かれているようで印象的でした。

●ヨングンの台詞の中で記憶に残っている台詞と、その理由は?

ー葬式場でチグァンと交わした「父を巡る事件の黒幕を突き止め僕の手で捕まえます」という台詞が記憶に残っています。犯人を捕まえても、父が生きて帰ってくるわけでもなく、自分の怒りや悲しみが消えるわけでもなく、むしろ虚しさだけが残るだろうに、それでも何かのために突き進み走り続けるヨングンの人生が、悲しいけど価値があるように見えました。

●ハン・ソッキュさんと共演した感想をお聞かせください。撮影まえ、初めて会った時の印象と撮影を進めていくうちにハン・ソッキュさんの印象は変わりましたか?

ー撮影まえは、とにかく大スター・大先輩というイメージで緊張しましたが、実はとても優しい方で、後輩の面倒をよく見てくださいました。撮影中もシーンについての悩みや演技に対する悩みをよく相談していました。

●キム・ヒョンジュさんとは2014年の「家族なのにどうして〜ボクらの恋日記〜」以来、「ウォッチャー」が2回目の共演となるドラマですが、久しぶりに共演された感想をお聞かせください。

ーやはりシーンや演技についてたくさんお話しましたし、キム・ヒョンジュさんとは作品を見る視点や意見が一致する点が多かったです。ついつい頼ることが多かったと思います。ヒョンジュさんも後輩の面倒をよく見てくださる優しい先輩です。

●「ウォッチャー」のキャラクターの中で男女を問わず、ヨングン以外に演じてみたいキャラクターは?

ーテジュをやってみたいです。すごく冷徹なのに温かみもあり、傷を抱えたまま突き進んでいく役はとても魅力的でした。また弁護士としての天才的な面も魅力的なので、演じてみたかったです。

ソ・ガンジュンさんの新たな魅力にハマる、「ウォッチャー 不正捜査官たちの真実」_1_4
●先輩役者さんたちが多い撮影現場でしたが、撮影の待ち時間は共演者たちと何をして過ごしていましたか?また撮影現場でのムードメーカーは誰でしたか?

ー待ち時間は台本を見たり睡眠不足を満たしていました。ムードメーカーはハン・ソッキュさん。とても愉快でユーモラスでいらっしゃって、笑いが絶えませんでした。

●DVD-BOXに収録されたメイキング映像を見ると、バイクに乗り急カーブを切って止まるシーンを練習されている場面があります。とても上手に乗られているようでしたが、もともとお上手だったんですか?それとも今回の撮影のために特別に練習されたんですか?

ーもともとはアクションチームの方がやってくださるはずのシーンでしたが、欲が出てきて何度か挑戦して成功しました。隠れた才能が見つかったようです(笑)。

●ハードなアクションシーンがかなり多く大変だったと思いますが、撮影期間中どのように疲労回復していましたか?

ー労働時間に関する法律が強化されてきているので、徹夜をするなどのハードな撮影はありませんでした。時間ができると睡眠をとって、ビタミンのサプリの力も借りながらアクションシーンをこなしました。

ソ・ガンジュンさんの新たな魅力にハマる、「ウォッチャー 不正捜査官たちの真実」_1_5
●国内外を問わず、ドラマや映画の中で好きな作品はありますか?

ー日本の映画『誰も知らない』という作品があるんです。子役たちが出ている是枝裕和監督の作品で、観ている間、この俳優たちはどうやってあんな演技ができたんだろう…!監督はあらゆる部分に力を注いでこの映画を作られたんだなぁ…!と驚きっぱなしで観た作品です。実際に“長い期間撮影をし、子役たちには芝居をつけずに状況だけ与えて意図的な演技はせず、その状況の中で自然に存在することができるように作った”という監督のインタビューを読みました。

●日本で行ってみたいところや食べてみたいものは?

ー札幌へ行ってみたいです。一度も行ったことがありません。あと、食べ物は冷たい蕎麦を食べたいです。麻布十番駅の近くにある、100年以上続いている蕎麦屋の蕎麦を時々思い出します。

●最後に、日本の視聴者の皆さんへ一言お願いします。

ー皆さん、こんにちは。ソ・ガンジュンです。「ウォッチャー 不正捜査官たちの真実」をぜひ見ていただきたいです!複雑に絡み合う不正捜査チームメンバーの心の動きと、過去の事件を紐解いていくスリル満点の見応えのある作品です。たくさん応援してくださいね!

ソ・ガンジュンさんの新たな魅力にハマる、「ウォッチャー 不正捜査官たちの真実」_1_6-1

1/7

ソ・ガンジュンさんの新たな魅力にハマる、「ウォッチャー 不正捜査官たちの真実」_1_6-2

2/7

ソ・ガンジュンさんの新たな魅力にハマる、「ウォッチャー 不正捜査官たちの真実」_1_6-3

3/7

ソ・ガンジュンさんの新たな魅力にハマる、「ウォッチャー 不正捜査官たちの真実」_1_6-4

4/7

ソ・ガンジュンさんの新たな魅力にハマる、「ウォッチャー 不正捜査官たちの真実」_1_6-5

5/7

ソ・ガンジュンさんの新たな魅力にハマる、「ウォッチャー 不正捜査官たちの真実」_1_6-6

6/7

ソ・ガンジュンさんの新たな魅力にハマる、「ウォッチャー 不正捜査官たちの真実」_1_6-7

7/7








ソ・ガンジュンさんの新たな魅力にハマる、「ウォッチャー 不正捜査官たちの真実」_1_7
レンタルDVD <日本編集版> 2020年5月8日(金) Vol.1~Vol.10 全巻同時レンタル開始! 品番: PCBP.74251~74260 全20話/各2話収録/日本語字幕 DVD-BOX <韓国放送版> 2020年夏、DVD-BOX1・2発売! 価格:各15,000円+税 構成:各BOX 本編DISC4枚+特典DISC1枚 全16話/各BOX8話収録/日本語字幕 発売元・販売元:ポニーキャニオン 配信もスタート!詳しくは公式サイトでご確認ください。 ©️ STUDIO DRAGON CORPORATION
ソ・ガンジュンさんの新たな魅力にハマる、「ウォッチャー 不正捜査官たちの真実」_1_10
桂まり●かつらまり 韓流予報士(?)。温泉保養士。「SPUR」や「eclat」などで、トラベル、フード記事など担当するライター。趣味は各国で料理教室に行くこと。「専門外ではありますが、泣いて笑って癒される韓流ドラマのお勧めを不定期で紹介します!」

What's New

  • 最旬若手女優、「偶然見つけたハル」のキム・ヘユンさんの素顔

    キム・へユンさんは、2019年は彼女の年と言われたほど、「SKYキャッスル」と「偶然見つけたハル」の大ヒットで時の人となった若手女優です。もうすぐDVDが日本でも発売となる「偶然見つけたハル」は、漫画のヒロインのような毎日を過ごしてきたウン・ダノが、ある時自我に目覚め、自分は漫画の世界に住むエキストラだったことに気づく…。という単なる学園ドラマとは異なるちょっとスピリチュアルな部分も魅力。完璧なキャスティング、緻密でスピーディーなストーリー展開で、韓国語のタイトルを略して「オハル」の愛称で爆発的な人気を博しました。作品がMBC演技大賞の視聴者が選ぶ今年のドラマ賞、ダノを演じたキム・へユンさんが新人女優賞並びに、水木ドラマ部門優秀女優賞、初主演でライジングスターとなったSF9のロウンさん、イ・ジェウクさんが新人男優賞、ジェウクさんは百想芸術大賞でも新人男性演技賞にもノミネートされ、このドラマがどれだけ注目されていたかがうかがえました。そんな3人にお会いすることができたので、順に紹介していきたいと思います!先ずは、キム・へユンさん。身長190.5センチのロウンさんと、160センチのへユンさんの身長差カップルがキュート、と絶賛されました。えくぼが愛らしく明るくてチャーミングで、まさにダノのようでした。パク・ボゴムさんの最新作「青春の記録」にもカメオで出演するなど、快進撃は続いています!

    韓流NEWS

    2020年10月20日

  • 秋の夜長に推したい、韓流ドラマ&映画5選

    この秋も話題作が目白押しの韓国ドラマ&映画。韓流ドラマに「愛の不時着」でハマったという方も多いかと思います。韓国では昔からドラマや映画に対する期待値がとても高いそうで、それが面白く心奪われる作品が生まれる理由のひとつなのかな、と感じる今日この頃。そして映画館に足を運ぶ人が日本の3倍なのだとか。秋の夜長にぴったりの、ジャンルの異なる5つのお勧め作品をピックアップ!

    韓流NEWS

    2020年10月15日

  • 魅力炸裂!「初対面だけど愛してます」キム・ヨングァンさんインタビュー

    「初対面だけど愛してます」はラブコメなので、立体的に主人公ミニクの役作りをしたというキム・ヨングァンさん。わがままな本部長ミニクの百面相のようにくるくる変わる表情、187センチの元モデルなだけに見目麗しいスーツ姿も拝め、ヨングァンさんファンにはたまらない作品です!昨年、大ヒットした映画『君の結婚式』で男性新人演技賞も受賞、いままさに注目したい俳優のひとりでもあります。ヒロインは、ヒット作が続いているチン・ギジュさん演じるミニクに振り回される、地味ながらも熱血秘書のガリ。そんなふたりを見守るミニクの幼馴染キ・デジュを演じたのは、やはりモデル出身、身長188センチというライジングスター、「私たち、恋してたのかな?」のク・ジャソンさん。ヨングァンさんとジャソンさんが並ぶと、神がかったスタイルの良さにため息が出ます。ミニクの見合い相手、ぶっ飛びセレブ女社長ベロニカをキム・ジェギョンさん、と絶妙なキャスティング。キュンキュンするラブコメが足りない方はぜひ!映画やドラマのヒットで、広告やファッション誌のグラビアなど多忙を極めるヨングァンさんが、マリソルのインタビューに答えてくれました!!

    韓流NEWS

    2020年9月28日

  • ラブコメ時代劇「コッパダン〜恋する仲人〜」の花男子に注目!

    若手注目株の俳優たちがキャスティングされ、話題となったラブコメ時代劇「コッパダン~恋する仲人~」。王様の初恋を実らせるはずが三角関係に!?イケメン仲人集団「花婆党(コッパダン)」には、「浪漫ドクター キム・サブ」のキム・ミンジェさん、187センチのトップモデル出身、「ディア・マイ・フレンズ」「恋愛ワードを入力してください~Search WWW~」のピョン・ウソクさん、そして元Wanna Oneのパク・ジフンさん、そして王様役は「あいつがそいつだ(原題)」「おかえり(原題)」のソ・ジフンさんがキャストされ、まばゆいほどの麗しさで話題になりました。ライトタッチのラブコメかと思いきや、心に傷を負った少年をパク・ジフンさんが細やかに演じています。彼は、「朱蒙」や「イルジメ[一枝梅]」などで子役として活躍していた経験があり、この作品でドラマ復帰。また、ピョン・ウソクさんは9月7日から、モデル出身の俳優役でパク・ボゴムさん、『パラサイト 半地下の家族』のパク・ソダムさんと共演の「青春記録」が放映開始。ライジングスターとして注目されています!ヒロイン役はTWICEのジョンヨンさんの姉でも知られるコン・スンヨンさんです。花男子3人が語るドラマの話からも楽しかった現場の様子が目に浮かびます。

    韓流NEWS

    2020年9月1日

  • チョン・ヘインさんが語る、新作「半分の半分 〜声で繋がる愛〜」

    2018年7月にこのコラムで社会現象となったヒット作「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」の取材をさせていただいた頃から、変わらぬ魅力で数々のCMに起用されるなど、その人気は天井知らずのチョン・ヘインさん。昨年キム・ゴウンさんと共演した映画『ユ・ヨルの音楽アルバム』では、新人賞も受賞。その叙情的で心に響く映画の脚本家、イ・スギョンさんと再タッグを組んだ、ヘインさんの新作ドラマ「半分の半分 〜声で繋がる愛〜」の日本初放送が始まります!「ナイショの恋していいですか!?」「優しくない女たち」「ボイス〜112の奇跡〜」など個人的に好きな作品が多いイ・ハナさん、「青い鳥の家」でもチャーミングだったチェ・スビンさんとの共演も、また美しい映像のエストニアロケにも注目です。

    韓流NEWS

    2020年8月8日

  • チャン・ギヨンさん&イ・スヒョクさん夢の共演、「Born Again」に注目!

    快進撃が続くチャン・ギヨンさんと、ファン待望の除隊後復帰作となったイ・スヒョクさん、「オクニョ 運命の女」「不滅の恋人」「アイテム~運命に導かれし2人~」など、日本でも人気の女優チン・セヨンさんが共演したドラマ「Born Again」(原題)。運命や前世について考えさせられる、3人がふたつの時代で一人二役を演じ分けた話題作です。そして、ギヨンさんとスヒョクさんの夢の初共演作でもあります。ギヨンさんが17歳の頃、スヒョクさんに憧れてモデルを目指したというエピソードは有名で、ゆえにこの作品でのふたりの共演は特別なものに。劇中では敵対していますが、見目麗しいふたりが実際は仲の良い同じ事務所の先輩後輩なのが伝わってきます!!

    韓流NEWS

    2020年8月1日

  • 「サイコだけど大丈夫」、『最も普通の恋愛』も! この夏観るべき韓流ドラマ&映画はこれ

    韓流ドラマ好き友人たちとの最近の話題は、Netflixで毎週土日に世界同日配信中の「サイコだけど大丈夫」。「星から来たあなた」で韓ドラの沼にハマったファンも多いので、キム・スヒョンさんの除隊後復帰作でもあり、まさに5年ぶりの主演となるこのラブコメは待望の期待作!また、韓国では『新感染 ファイナル・エクスプレス』の続編で、ヨン・サンホ監督作品、カン・ドンウォンさん主演のカンヌ国際映画祭にも招待された『半島』が7月15日の公開初日に35万人を動員!!日本の夏も「梨泰院クラス」のパク・セロイこと、パク・ソジュンさんの『ディヴァイン・フューリー 使徒』、『最も普通の恋愛』、『鬼手』など話題作が続々公開予定です。『パラサイト 半地下の家族』「愛の不時着」で韓流デビューした皆様にもお勧めしたい、ドラマ、映画、DVDのマストリストをお届けします!

    韓流NEWS

    2020年7月17日

  • 超話題作「夫婦の世界」、キム・ヒエさんの怪演に引き込まれる!

    完璧だと思っていた世界が、夫の不倫で瞬く間に崩れていく。進化し続けるベテラン女優、キム・ヒエさんが主演のBBCドラマ「女医フォスター 夫の情事、私の決断」のリメイクが、超話題作「夫婦の世界」。「ミスティ〜愛の真実〜」のモ・ワンイル監督というだけあり、濃密で見応えのある作品です。5月に韓国で放送された最終回は、31.7%というケーブルテレビ史上最高視聴率を記録した大ヒットドラマ。激戦だった今年の百想芸術大賞でも監督賞と主演女優賞も見事に受賞しました。7月10日(金)からKNTVで日本初放送がスタート、7月3日午後7時から24時間限定オンライン試写会も!お見逃しなく!!

    韓流NEWS

    2020年7月1日

Read More

Feature

Ranking