プライスにも注目。イヴ・ロシェの新作ヘアケアは、その名も「ヘルシースカルプ」【マーヴェラス原田の40代本気美容 #248】

ショッピングセンターでもゲットできるフレンチブランド「イヴ・ロシェ」の新作は、待望のシャンプー&トリートメント。メキシコの砂漠で生き抜くタフな植物の恵みで、健やかな頭皮とナチュラルなツヤをたたえた美髪を手に入れて。
イヴロシェのスターアイテムのリンシングビネガー
リンシングビネガー さらキララズベリー 150mL ¥1000

とても昔のことでブランド名が思い出せないのですが、一時期ずーっとリピートしていたビネガーシャンプーがありました。とにかく髪がサラサラになるので大好きだったんです。

だから、昨年日本上陸を遂げたイヴ・ロシェのラインアップにこのリンシングビネガーを見つけた時は狂喜しました。しかも150mLで¥1000! 「イオン」やドラッグストアの「ウエルシア」で手に入るという気軽さもナイスです。

で、なぜビネガーがいいのかと言うと……洗浄成分でアルカリ性に傾いた地肌と髪を、ビネガーの酸が中和させて健やか(いわゆる弱酸性!)に整えてくれるから。さらにビネガーには殺菌や消毒効果もありますよね。そしてこのリンシングビネガーには、もうひとつ見逃せない成分が入っているんです。それは「アガベ」。メキシコを中心にした乾燥地帯に生息する多肉植物で、リュウゼツランとも呼ばれます。そう、アガベシロップやテキーラの原材料になるあの植物です。

イヴ・ロシェではメキシコの農家とパートナー契約を結んで、髪と頭皮に必要な栄養分を豊富に含む「ブルーアガベ」を選択。その抽出成分には頭皮にうるおいを与えて柔軟にする・髪の根本に働きかけてハリとコシを与える・水分と油分を補い保ちダメージから髪を守るという3つのアプローチで髪を土台からケアしてくれる働きが。プチプラでいながら、大人の髪にも良い結果をもたらしてくれるに違いないスゴい成分を配合しているんです。

イヴロシェにヘアケアアイテムが仲間入り

前置きが長くなりました。そんなブルーアガベ由来の成分を配合したヘアケアライン、ヘルシースカルプ シリーズがこの春新登場。好みの仕上がりに合わせて2つのタイプから選べます。

イヴロシェのヘルシースカルプシリーズのシャイン

さらりとエアリーな仕上がりがお好みであれば、こちらの「シャイン」を。ブルーアガベに加え、頭皮のコンディショニング成分としてマリーゴールド(カレンデュラ)の花から抽出したオイルを配合。ジェルタイプのシャンプーは軽やかな泡立ちで、髪をきしませないのにさっぱりとした洗い上がり。コンディショナーがごわつきや乾燥をケアして、まとまりやすい髪へと導いてくれます。ナチュラルなフローラル系の香りも初夏にぴったり! 洗い上がりは髪だけではなく、頭皮も解放されたような軽やかさを感じました。

ヘルシースカルプシャンプー シャイン 300mL、ヘルシースカルプコンディショナー シャイン 200mL 各¥900/イオンレーヴコスメ

イヴロシェのヘルシースカルプシリーズのリペア

しっとりしなやかな仕上がりがお好みでしたら「リペア」がおすすめ。こちらはブルーアガベ×ホホバオイルのうるおい重視タイプ。「シャイン」はジェル状シャンプーでしたが、こちらはバームシャンプー。ココナッツを思わせる甘くリッチな香りで、目を閉じると南国のビーチへと誘われるかのよう。トリートメントを施せば、ホホバの保湿力に守られてしなやかなツヤ髪へと導いてくれます。この満足度で3ケタプライスとは、ホント驚きです。

ヘルシースカルプシャンプー リペア 300mL、ヘルシースカルプコンディショナー リペア 200mL 各¥900/イオンレーヴコスメ

イヴロシェの既存の洗い流さない夜用トリートメント

ダメージが気になる、もっともっとうるおいを!という方にはこちらもおすすめ。昨年の11月に発売されたアウトバストリートメントは、ホホバオイルを筆頭にオリーブにマカデミアなど、リッチなオイルのコンビネーションで乾燥やダメージを徹底的にケア。夜、タオルドライ後に揉み込むようにしてなじませれば、翌朝の髪のまとまりは数倍増しに。乳液状で、手にベタベタが残らないのもいいんです!

洗い流さない夜用トリートメント 150mL ¥1500/イオンレーヴコスメ

プチプラなイヴロシェのヘアケアで徹底リペア

このほかにもイヴ・ロシェには、シャワージェルやフレグランス、エイジングを見据えたスキンケアラインなどなど、様々なアイテムがそろっています。フランスらしい思いがけない香りの組み合わせもあったりして、手にとれば楽しくなることうけあい! 例えば、マンゴー&コリアンダーの香りのシャワージェルなんて想像がつきますか!?(これ、甘くてとてもハッピーになれる香りです)。 生活必需品の買い出しの際などに、ぜひコーナーをのぞいてみてくださいね。

  • WEB美容エディター 原田千裕
  • ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。
イラスト/ユリコフ・カワヒロ

What's New

Read More

Feature

Ranking