話題の甘めアイテムはベージュにすると透明感のある女らしさもかなう!

トレンドの甘めのアイテムはベージュを推奨!いつもより糖度のある一枚も、スキンカラーなら透明感のある女らしさもかなえてくれる。
甘いベージュアイテム
今シーズンを代表する甘ベージュをピックアップ。華やかな素材使いやデザインがきいていながら、なじみのいいベージュがNOT大げさに。フェミニン派だけでなく幅広く楽しめる。

1.袖のピンタックもポイント。¥38,000/レリタージュ マルティニーク(レリタージュ マルティニーク) 2.総レースは白っぽいベージュで優しく、洗練させる。¥120,000/ebure 3.プリーツをモダンに落とし込んだロングスカート。¥48,000/ボウルズ(ハイク) 4.赤みのあるベージュも甘さを誘う。¥41,000/ノーブル コレド日本橋店(コンフォート エンブレイスメント) 5.デザインコンシャスな袖で取り入れて。¥26,000/レリタージュ マルティニーク(レリタージュ マルティニーク)

1. BACK BOW BLOUSE/バックボウブラウス

大人と相性のいいドライベージュ。ブラウス一枚になる季節はバックスタイルで甘いニュアンスをさりげなく。

バックボウブラウス×デニムパンツコーデを着たモデルのRINAさん
長めのリボンはそのままたらしたり、結んだり、アレンジを楽しめる一枚。甘さのあるドライベージュこそ、ワントーン以外で。デニムブルーとコントラストをつけ、老け見えを回避して。小物を服の色でつなげているのが上品。
ブラウス¥38,000/レリタージュ マルティニーク(レリタージュ マルティニーク) デニムパンツ¥29,000/ロンハーマン(RH ヴィンテージ) ピアス¥88,000/ショールーム  セッション(マリハ) バッグ¥66,000/ブランドニュース(ストラスベリー) 靴¥30,000/ベイジュ(ピッピシック)

2. LACE ONE-PIECE/レースワンピース

ベージュだから楽しめる、繊細な総レース。ロング×ロングのバランスで甘さをほどよくコントロール。

トレンチコート×レースワンピースこーでを着たモデルのRINAさん
長め丈のコンビネーションで作る、大人の優雅なバランス。着こなしのアウトラインはカラーレスのトレンチコートで縁どって。
コート¥84,000・ワンピース¥120,000/ebure ピアス¥76,000/ヒロタカ  表参道ヒルズ(ヒロタカ) サングラス¥48,000/アイヴァン 7285  トウキョウ(アイヴァン 7285) バッグ¥15,800/スティーブン アラン トーキョー(パロロサ) 靴¥42,000/ヴェルメイユ パー イエナ 青山店(ロランス)

3. PLEATS SKIRT/プリーツ スカート

分量感たっぷりのロングスカートは甘さの受け皿になる黒と。カジュアルなこなし方も洗練されて見える。

ノースリーブニット×プリーツスカートコーデを着たモデルのRINAさん
いくつかちりばめた黒が成功のカギに。
ノースリーブニット¥19,000・カーディガン¥24,000/スローン スカート¥48,000/ボウルズ(ハイク) イヤリング(片耳のみ着用)¥22,000/ヴェルメイユ パー イエナ 青山店(エレン ズベルディア) ブレスレット¥95,000・リング¥120,000/バーニーズ ニューヨーク(マルコム ベッツ) メガネ¥44,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) バッグ¥60,000/プレッド PR(ミチノ) 靴¥5,800/コンバースインフォメーションセンター(コンバース)

4. SEE-THROUGH SKIRT/シースルースカート

まずはプレーンな白シャツとの正攻法で。トレンドに躍り出た透け感のある素材の大人の試し方。

白シャツ×シースルースカートコーデを着たモデルのRINAさん
スカートは甘さのある色と透け感とは裏腹に、ドライで清涼感のある素材。シャツで着こなしを構築的なシルエットに仕上げて。
シャツ¥31,000/ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア(ロエフ) スカート¥41,000/ノーブル  コレド日本橋店(コンフォート エンブレイスメント) イヤリング¥5,891・バングル¥11,000/アビステ バッグ¥49,000/アダム エ  ロペ(ア ヴァケーション) 靴¥68,000/スティーブン アラン トーキョー(マルティニアーノ)

5. VOLUME SLEEVE KNIT/ボリュームスリーブニット

どこから見ても絵になるふんわり袖に心くすぐられて。カーゴパンツとのラフな仕上げでしゃれ感も追加。

ボリュームスリーブニット×カーゴパンツコーデを着たモデルのRINAさん
身頃はシンプルなリブニットで、袖口はしなやかな素材をギャザーで寄せ、リボン結びするデザイン。カーキとの組み合わせも、映える甘さのおかげでおとなしく見えない。
ニット¥26,000/レリタージュ マルティニーク(レリタージュ  マルティニーク) パンツ¥26,000/ティッカ(ティッカ) ピアス¥125,000(シリル)・ブレスレット¥189,200(ハム)/エスケーパーズ バッグ¥32,000/オルサ(オルセット) 靴¥91,000/ジャンヴィト  ロッシ ジャパン(ジャンヴィト  ロッシ)
【Marisol4月号2020年掲載】撮影/酒井貴生(aosora/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/佐藤エイコ(ilumini.) スタイリスト/石毛のりえ モデル/RINA 取材・文/陶山真知子 

What's New

Read More

Feature

Ranking