美女組No.141 カキノキのブログ
美女組:No.141 カキノキ

No.141 カキノキ

弁護士、パーソナルスタイリスト、ファッションコンサルタント

弁護士15年目の3児の母です。

趣味は読書とラジオを聴くこと。
アラフォーになり、これまでのファッションが似合わなくなるおしゃれ迷子を経験し、人生にもいろいろ迷いを感じることも…。
試行錯誤の結果、女性は見た目を整えその人らしさを演出することで、キャリアアップや幸福度アップにつながることに気づきました。
悩む女性をサポートしたくて、パーソナルスタイリスト、ファッションコンサルタントとしての仕事も開始しました。

Instagram:kakinoki141

マリソル6・7月号付録は、オトナが使える上品サブバッグ。

アラフォーでもキレイめに持てるポケッタブルバッグ。付録とは思えないハイクオリティ♡
 ゴールデンウィークもstay homeな毎日ですが、皆様いかがお過ごしですか?

 5月7日発売のマリソル6.7月合併号の付録、ロベルタ ディ カメリーノのポケッタブルショッピングトートバッグをお試しさせていただいたので、早速レポします!
マリソル6・7月号付録は、オトナが使える上品サブバッグ。_1_1
 たたんだ状態はとてもコンパクトで、いつものバッグに入れても全く邪魔になりません。
マリソル6・7月号付録は、オトナが使える上品サブバッグ。_1_2
 広げるとかなりの大きさ。A4が楽々入るサイズです。
 底の部分がしっかりしているので、重いものを入れても大丈夫そう。
 自由に外出できるようになったら、何を入れて外に行こうか、想像も膨らみますね。
マリソル6・7月号付録は、オトナが使える上品サブバッグ。_1_3
 私は、最近始めたファッションコンサルの仕事で使うカラードレープを入れようと思っています。
マリソル6・7月号付録は、オトナが使える上品サブバッグ。_1_4
 実際に持ってみるとこんな感じです。
 アラフォー的に、カジュアルすぎるサブバッグは持つのに躊躇するのですが、このバッグなら、シックな色づかいなので、全く違和感なし。どんなコーデにも、さりげなく馴染んでくれそうです。
マリソル6・7月号付録は、オトナが使える上品サブバッグ。_1_5
 さて、私の最近の楽しみは、もっぱら食とお酒。
 こだわりは、地元の食材を使い、地元のお店で買い物をすることです。
 飲食店や小売業の友人が多いのですが、やっぱりコロナ禍でみんなとても大変な状況なので、少しでも地元を支えたいと思い、地産地消を意識して過ごしています。
 普段使わない食材も、この機会に試しています。
 地元の名産品「あいち鴨」は、低温調理でじっくり火を通してコンフィにしたり、お手軽に鴨鍋にしたり。これまで家庭で鴨を調理したことはなかったのですが、生産者さんから直接おいしい調理法を聞いてチャレンジ。料理のレパートリーが広がりました。
  • マリソル6・7月号付録は、オトナが使える上品サブバッグ。_1_6-1

  • マリソル6・7月号付録は、オトナが使える上品サブバッグ。_1_6-2

 地元の漁港でとれたお魚に、ほぼ地元の食材のみで作るアクアパッツァ。
 合わせるワインは、もちろん地元の酒屋さんで購入します。
 何軒か行きつけの酒屋さんがあるのですが、それぞれソムリエさんのセレクトに個性があり、選んでいただくのが楽しみなんです。
  • マリソル6・7月号付録は、オトナが使える上品サブバッグ。_1_7-1

  • マリソル6・7月号付録は、オトナが使える上品サブバッグ。_1_7-2

 こんな時期だからこそ、生産する方や販売する方の顔が見える食品を選ぶことの大切さを実感しています。飲食店や小売業の方、それぞれに食に対する熱いこだわりがあって、それを直接うかがうのが、家で美味しく調理する秘訣だと思っています。
 まだしばらく、stay homeの時期が続きますが・・・、美味しいお料理とお酒で、乗り切っていきたいと思います。
 ゴールデンウィークもあとわずか。いろいろと工夫して楽しく過ごしたいですね!
ファッションコンサルティングブログ始めました。
↓の画像をクリックで飛べます!

What's New

Read More

Feature

Ranking