ハピプラ会員システム刷新に伴うお知らせ

No.82 KB
No.82 KB

No.82 KB

会社員

職業:会社員(管理職)・フリー翻訳、コラムニスト
My favorites:旅行(36か国・地域)、映画鑑賞(年50本)、読書(月10冊)

40代、等身大の悲喜こもごもを分かち合いましょう。ケビ子の婚活記も見てね!

【KB_アラ管文庫】「仕事にしばられない生き方」ヤマザキマリ

テルマエ・ロマエは著者43歳当時の作品!アラフォーで花開いた著者の人生は読後に元気と勇気をくれた。
同じ時代に生きていることがとてもうれしい人がいる。
そう思う人の一人にヤマザキマリさんがいる。
言わずと知れた「テルマエ・ロマエ」の作者。



彼女の生い立ちとなぜこういう思考になったのか、そしてテルマエ・ロマエが世にでるまでの話がまとめられているのが、本著である。


【KB_アラ管文庫】「仕事にしばられない生き方」ヤマザキマリ_1_1
人と同じ、ということに馴染めずにいた幼少期。
そういう感性を育てたユニークな母親の教育。
食うために何でもするという働き方。
不自由な外国暮らしと貧困の中で風呂への思いが募ったことと、イタリアの歴史を知るにつれ、日本人への風呂への思いと共通する点をみつけて「描かずにいられない」ところまで気持ちを持っていく流れ。


それらが書いてある。
【KB_アラ管文庫】「仕事にしばられない生き方」ヤマザキマリ_1_2
極限の貧乏を経験され、金のための仕事か、やりたい仕事か。
自分らしい仕事、好きな仕事にこだわることを一旦横に置いて、「良い波が来たら乗って、好き嫌いはあとで考えよう」
その結果がテルマエ・ロマエに繋がったというヤマザキさんの話。


こんな仕事嫌だけど、
本当の自分はこんなもんじゃないけど


そう思いながらも全力で取り組めばその時の経験が活きるのだ、ただし、辞め時の見極めは大事だよ!というアラフォー女性の働き方の参考書であった。


ほう、43歳でテルマエか~と想像以上に遅咲きで驚いたのと同時に、すごく勇気が湧いてくる。
この本を読んで、テルマエ・ロマエを読むともう爆笑の連続。


在宅時間の心の栄養補給となった。
働き方、働く環境、働く業界、これでいいのかな、もう少し考えた方がいいかな?と立ち止まってしまうことも多い今の時期。
働く頑張り女子におススメします。

What's New

Read More

Feature

Ranking