女っぷりを上げるデザインが豊富。今買うべき靴はこの4タイプ!

足もとは「女っぽさ増し」トレンドが目白押し。服がいつものベーシックでも、靴でトレンドを押さえれば即、最旬スタイルに!

TREND 1

大人パステル

フェミニン旋風が巻き起こっているこの春、パステルカラーの靴もトレンドのひとつ。大人が選ぶなら甘すぎないデザインを選んで。

大人パステルカラーのパンプスを履いたモデルの小泉里子さん

凛としたキレイさが宿る淡ブルーで足もとにポイントを

淡いブルーでコートと足もとをリンクして統一感を。
パンプス(7)¥112,000/ブルーベル・ジャパン(マノロ ブラニク) デニムパンツ¥38,000/マディソンブルー フードコート¥55,000/エイチ ビューティ&ユース(エイチ ビューティ&ユース) バッグ¥142,000/J&M デヴィッドソン  青山店(J&M デヴィッドソン) ネックレス¥19,000/デミルクス ビームス 新宿(フィリップ オーディベール) バングル¥56,000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル)

TREND 2

透け

新顔メッシュ、華やかレース、人気定着PVC……より軽やかさが増す透けデザインが豊作。肌がチラリとのぞき、女らしさもダントツ。

透け感のある黒パンプスを履いたモデルの小泉里子さん

定番黒パンプスに透け感を!女っぷり投入でこなれ感アップ

どんなスタイルにも合わせやすい万能な黒パンプスこそ、人とは違う一足を。かすかな肌感が軽やかさと艶っぽさを醸し、感度の高さを表現。

パンプス(7.5)¥79,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ) ニット¥68,000/マディソンブルー スカート¥49,000/ebure バッグ¥140,000/エリオポール代官山(ザンケッティ) イヤリング¥6,000/プラージュ 代官山店(フランシーヌ  ブラムリ) リング¥12,000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル)

TREND 3

とんがりミュール

ぺたんこ派もヒール派も、さっと履けて楽ちんなミュール熱が再燃。ほどよく抜け感がありデザインバリエも増えた今年こそおすすめ。

型押しレザーのとんがりミュールを履いたモデルの小泉里子さん

かちっとフォルムと抜け感とそのアンバランスさが魅力

ヘルシーに背中があいたネイビーワンピースにさらりと合わせるだけで、たちまち今っぽく、ドラマティックに。型押しレザーだからほどよく大人なリュクス感も。

ミュール(6.5)¥76,000/ジミー チュウ ドレス¥69,000/ショールーム セッション(サヤカ デイヴィス) スカーフ¥13,000/ヴェルメイユ パー イエナ 青山店(ピエール ルイ マシア) かごバッグ¥32,000/デ・プレ(アラナズ)

TREND 4

ヌーディサンダル

ロングorワイドボトム流行りの今春、華奢さきわだつ細ストラップがバランサー役に。より品よく映るベーシックカラーを選んで。

シルバーのアンクルストラップサンダルを敗退モデルの小泉里子さん

グレージュワントーンになじませつつツヤ感アップ

華やかでいて幅広い服装に合わせやすいのがシルバーシューズの魅力。ぺたんこでも女らしい。

サンダル(0.5)¥76,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ) ブラウス¥39,000/ボウルズ(ハイク) スカート¥27,000/エストネーション(エストネーション) ハンドバッグ¥549,000/モワナ 伊勢丹新宿ブティック(モワナ) サングラス¥38,000/アイヴァンPR(アイヴァン) リング¥12,000/デ・プレ(エレナ ローナー)

※( )内の数値はヒールの高さで、単位は㎝です(編集部調べ)
【Marisol4月号2020年掲載】撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア/EIJI KADOTA(SIGNO) メイク/水野未和子(3rd) スタイリスト/松村純子 モデル/小泉里子 取材・文/塚田有紀子

What's New

Read More

Feature

Ranking