美女組No.170 マッキーのブログ
美女組:No.170 マッキー

No.170 マッキー

会社員

ファイナンシャルプランナー2級/整理収納アドバイザー2級/アロマテラピー検定1級/ダイエット検定2級/飾り巻き寿司技能3級/薬剤師

30代/162cm/ワーママ/東京在住

ザ•日本人体型の私でも、オシャレに見えるコーデ

ブランドのドラマ(コンセプト・ストーリー・ヒストリーetc)を知る事で、内側から輝けるオシャレマダムを目指しています。

Instagram:tomo_benico_7

■読みもの■レジ袋有料化の背景を知り、少しづつ脱プラライフを【おうちエコ活動】

プラの分別だけでは、完全なる環境対策とはいえない?マイクロプラスチック問題とは?情報社会での情報収集のメソッドもご紹介します。
こんにちは!マッキーです。
4月から一部レジ袋有料化が進み、日本全体でもエコ活動が加速しています。

せっかくの機会なので、【プラスチック】について思考を巡らせ、自分ゴトにどう脱プラできるか考えてみました。
まずは、
■情報をインプットする時の基本
情報に溢れている社会です。
間違った情報インプットを避ける為に、気をつけている事。

①情報源からの発信文書を確認する事から始めます。↓
②正確な情報をインプットした上で、blogとかニュースとか新聞記事とか。派生した情報で具体的事例を入手する。
この順番され守れば、ある程度新しい正しい知識は、インプットできます。

医学書では、

『エビデンス(科学的根拠)』という言葉が、しばしば使われます。
エビデンスレベルの高いものから、優先的にインプット・アウトプットしております。
そうする事で、より健全な判断軸が構成されます。
経済産業省が出しているガイドラインを簡単にまとめた資料として、自由にダウンロードできる様になっています。
■なぜ、プラスチックが環境問題となるのか?
①海洋プラスチックごみ問題

→ポイ捨てだけでなく、マイクロプラスチック(一部のスクラブや、使用等により破砕細分化されマイクロサイズになったもの)も回収が困難で、海洋汚染や生態系への影響が問題となっています。

2次的なマイクロプラスチック問題は、レジ袋、スポンジ、ストロー、ラップ、食品トレー、衣類の繊維にも及ぶそうです。

 微生物によって100%分解させるプラスチックを選択するという選択肢もありますが、高価である事と、一般的ではなく、個人消費者としては成分を特定するのは困難なのが現状。

②地球温暖化

→プラスチックをリサイクル(有効利用)したとしても、ほとんどがプラを燃やして熱を利用するもの。
そこで、CO2はどうしても発生してしまう。
『プラスチックの絶対量を減らす必要が、私たちにはある』
【SDGs】の項目で関連が強いのが…

12・つくる責任・つかう責任
13・気象変動に具体的な対策を
14・海の豊かさを守ろう
15・陸の豊かさを守ろう
この画像、よく見かける様になりました。
■日常生活に、出来る事から始める『脱プラ』
①プラ商品やプラ梱包を買わない・受け取らない。
↑と書きましたが、私も極端な事はできない…
生きていく上で、完全にプラスチック排除はできない。
できる事から始める。
それが、プラスチックの需要を減らし、生産量を減らす事に繋がると考えています。

・目の前で、プラスチック袋に入れよとしてくれていたら、『断る』勇気。
・友達等へのプレゼント用包装を買う際は、プラスチック袋を選択しない。
・同じ用途のものだったら、プラスチック製品以外のものを選択する。
・自分が使っている製品の成分にも関心を持つ。
・3R(Reduce(リデュース)、Reuse(リユース)、Recycle(リサイクル))を意識する。
②毎日何回も使う、食器洗いのスポンジを綿に。
手紡ぎ綿食器洗い990円(税込)

2枚入り
綿100%
横12cm、縦15cm
凹凸状で汚れが付着するため、洗剤なしでもしっかり洗えます。
プラスチックの細かい破片も心配いらない為、環境に優しいスポンジに代用できる。
泡立ちもしっかり。
洗って、干せるので衛生的。
③どうしても発生してしまうプラスチックゴミは、可能な限りリサイクルに。
OURHOME ごみ分別シール
洗って乾かして、プラスチックをリサイクルに出す。
■最後に
環境問題に関して、これからも知識を増やして取り組んでいきたいと思います。

意識する事から始める環境問題。
自分事にして、できる事から挑戦していきます。

最後まで、ご覧頂きありがとうございました。
私が気をつけている事。

無理矢理、他人に『コレしなさい』『コレはダメ』と押し付けない事。

強制力からは、主体性は生まれない。
主体性が生まれないと、創造力、継続性が発揮されない。

例え、夫婦でも共感したところから、始める。
●インスタも同時に行っております。気軽に、コメント頂けましたら嬉しいです。

What's New

Read More

Instagram

Feature

Ranking