2020初夏の大本命ボトム「ワイドパンツ」コーデのまとめ|40代 ファッション

アラフォーにとって永遠のスタメンボトムであるパンツ。今季は女っぷりがぐんとアップしたワイドパンツが気になる! 2020春夏に40代が欲しいトレンド感が手に入るワイドパンツコーデを紹介。

①甘さとトレンド感が手に入る淡色ワイドパンツ

新しいパンツの中でも、ひときわ存在感を放つのが淡色のワイドパンツ。白が混じったようなミルキーで優しげな発色はフェミニン気分を盛り上げてくれる!
パープルピンク×ラベンダー

ペールピンクのストレートな甘さを同色系グラデで大人にシフト

ピンクTシャツ×ラベンダーカラーのパンツコーデを着たモデルの蛯原友里さん

今年らしさを一番に感じられるのは、こんな淡いピンクのパンツ。ハリ感のある素材とワイドなシルエットで、大人がはきやすいちょうどいい塩梅に。トーンの近いラベンダーカラーのトップスとグラデーションを作りつつ、グレージュのストールでなじませて。

パンツ¥21,000/アルアバイル(ルル・ウィルビー) プルオーバー¥26,000/ebure ストール¥27,500/ヴェルメイユ パー イエナ 青山店(アソース メレ) ピアス¥79,000・リング¥74,000/エドストローム オフィス(シャルロット シェネ) バッグ¥19,000/マスターピースショールーム(サイ) 靴¥29,000/ベイジュ(ピッピシック)

サージグリーン×ブラック

清涼感あるセージグリーンは端正な黒で引き締めて

黒のブラウス×サージグリーンのパンツコーデを着たモデルの蛯原友里さん
注目のセージグリーンは、ふわりとしたコットン混のワイドパンツで軽やかに着こなしたい。トップスにはハリ感のある黒ブラウスを。春らしい素材感のおかげで、淡グリーン×ブラックの配色もコントラストがききすぎず、ちょうどいい甘さに着地。パンツはフロントに施されたツータックで華やかさもたっぷり。足もとはヒール靴で緊張感を。
パンツ¥34,000/ADORE(アドーア) ブラウス¥19,000/ドレステリア  新宿店(ドレステリア) リング¥85,000/ショールーム セッション(ザ・レタリング) バッグ¥76,000/トリー バーチ ジャパン(トリー バーチ) 靴¥89,000/ジミー チュウ
レモンイエロー×カーキ

お互いの魅力を引き立て合うレモンイエロー×カーキ

ミリタリージャケット×レモンイエローのパンツコーデを着たモデルの蛯原友里さん
まろやかなイエローをカーキの辛さが中和。
パンツ¥23,000/ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア(ユナイテッドアローズ) ジャケット¥39,000/ザ ストア バイ シー 代官山店(クチュール ド アダム) Tシャツ¥12,000/サザビーリーグ(エキップモン) サングラス¥55,000(セリーヌ)・イヤリング(片耳のみ使用)¥22,000(エレン ズベルディア)/ヴェルメイユ パー イエナ 青山店 リング¥68,000/ショールーム セッション(ザ・レタリング) バッグ¥45,000/プレッド PR(ミチノ) 靴¥91,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)
ペールオレンジ×ブラウン

光沢あるペールオレンジを温かなモカブラウンでつなげて

ブラウンニット×ペールオレンジのパンツコーデを着たモデルの蛯原友里さん
女っぽくリラクシーなムードが漂う、ツヤ素材のペールオレンジパンツ。同じく赤みの入ったブラウンニットとトーンをつなげ、大人の優しげ配色が完成。
パンツ¥22,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(イウエン マトフ) カーディガン¥27,000・ニット¥21,000/ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア(ロエフ) ピアス¥28,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) 時計¥79,000/クラスフォーティーン バッグ¥27,000/ANAYI 靴¥69,000/ザ ストア バイ シー 代官山店(ネブローニ)
サックスブルー×グレー

つややかなサックスブルーは×薄グレーでアイシーな配色に

グレーのカーディガン×サックスブルーのパンツコーデを着たモデルの蛯原友里さん
ややスモーキーなサックスブルーのパンツには、淡めグレーが好相性。ロングカーディガンとインナーの濃淡で、着こなしにもメリハリをつけて。淡ブルーのパンツが長め丈アウターからチラリと見えるバランスも素敵。足もとのスリッパでほどよい抜け感も。
パンツ¥7,990/プラステ カーディガン¥24,000/TOMORROW LAND(トゥモローランド) タンクトップ¥6,500/ボウルズ(ハイク) ネックレス¥24,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(ファリス) バッグ¥156,000/ジミー チュウ 靴¥32,000/ベイジュ(ピッピシック)
ライトパープル×ホワイト

ミルキーなライトパープルを明るい白でとびきりフレッシュに

白のジャケット×ライトパープルのパンツコーデを着たモデルの蛯原友里さん
ほんのり甘さを感じさせるライトパープルも、コットン混素材のワイドパンツならカジュアルな印象。クリーンな白ジャケット&透けニットと合わせ、女っぽさと抜け感を両立させる今どきスタイルに。
パンツ¥24,000・Vニット¥17,000・/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー) 白ジャケット¥79,000/エイトン青山(エイトン) サングラス¥54,000/マイキータ ジャパン(マイキータ) ピアス¥4,391/アビステ バッグ¥39,000/ササビーリーグ(ステート オブ エスケープ) 靴¥40,000/アストラット 新宿店(アン アワー アンド ア シャワー
【Marisol4月号2020年】撮影/小川健太郎 ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.) スタイリスト/石毛のりえ モデル/蛯原友里

②<仕事編>女っぷりワイドパンツコーデ

■ブラウンのブラウス×淡いきれい色ワイドパンツコーデ

ブラウンのブラウス×淡いきれい色ワイドパンツコーデ
着映え度の高さでいくと、ハイウエストのワイドパンツの華やかさはもしかするとスカート以上! それまでのベーシックカラーから一歩進んで、トライすべきは”淡いきれい色”。パンツのもつ迫力がほどよく中和され、今の気分にぴったりの大人の甘さが手に入る!はくだけで女っぷりが上がると、毎シーズン大人気の「ebure」のタック入りセンタープレスワイド。ダスティピンクの絶妙な発色とリネンの風合いは、まさに大人の女性のための一本。トーンをつなげた配色で、春気分を満喫したい。

パンツ¥42,000/ebure ブラウス¥15,000/プラージュ 代官山店(プラージュ) ピアス¥69,000/エスケーパーズ(ソフィー  ブハイ) バッグ¥165,000/ジミー チュウ サングラス¥43,000(プリズム)・バングル¥180,000(アリアナ ブサードライフォル)/ザ ストア バイ シー 代官山店 靴¥54,000/アマン(ペリーコ)
【Marisol4月号2020年掲載】撮影/金谷章平 ヘア/左右田実樹 メイク/AIKO ONO(angle) スタイリスト/徳原文子 モデル/SHIHO

■レース編みの半袖ニット×グレーのワイドパンツコーデ

レース編みの半袖ニット×グレーのワイドパンツコーデ
今季の鮮度No.1、女性らしを演出してくれるレース編みニットに、グレーのワイドパンツを合わせて甘さを調整。シックに仕上げて。地味にならないように顔まわりはスカーフや小物で華やかさもプラス。

ニット¥21,000/TOMORROWLAND パンツ¥28,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ギャルリー・ヴィー) ピアス¥28,000/ショールーム セッション(カイマナ) スカーフ¥10,000/フレームワーク ルミネ新宿店(ピエール ルイマシア) バングル¥10,000/essence of ANAYI(ソコ) バッグ¥65,000/エイチ ビューティ&ユース(ジェローム ドリュフュス) 靴¥48,000/アマン(ペリーコ) インナー/スタイリスト私物
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 文/加藤理恵
※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります

■ベージュのサファリジャケット×ライトブラウンのワイドパンツコーデ

ベージュのサファリジャケット×茶系ワイドパンツコーデ
ベージュのサファリジャケットを主役にしたパンツスタイル。今季は細身ではなくワイドパンツを合わせることでグッと今年らしい着こなしに。足元はパイソン柄のパンプスでおしゃれ感をプラス。

ジャケット¥48,000/アングローバル(イレーヴ) ニット¥24,000/カオス新宿(カオス) パンツ¥26,000/ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア(イウエン マトフ) ピアス¥28,000/ショールーム セッション(カイマナ) 
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 文/加藤理恵
※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります

■ネイビーのコットンブラウス×ニュアンスベージュのワイドパンツコーデ

ネイビーのコットンブラウス×ベージュのワイドパンツコーデ
ブラウスのシンプルの力を試して。春先はあいまいなニュアンスベージュとのスタイルが決まって。リラックス感のあるワイドパンツが軽やかで優しげな印象を後押し。暖かい季節は力の抜けたネイビー使いも素敵。エフォートレスなムードをたたえつつ、足もとのアニマル柄が全体の引き締め役になって、着こなしの完成度を高める。

ブラウス¥22,000/インターリブ(サクラ) パンツ¥45,000/レリタージュ マルティニーク(レリタージュ マルティニーク) バッグ¥57,000/アパルトモン 神戸店(へリュー) 靴¥69,000/ザ ストア バイシー 代官山店(ネブローニ)
【Marisol2月号2020年掲載】撮影/金谷章平(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.) スタイリスト/徳原文子 モデル/竹内友梨 取材・文/陶山真知子 

■サックスブルーのブラウス×ブルーのワイドパンツコーデ

サックスブルーのブラウス×ブルーのワイドパンツコーデ
ブラウスよりも少し濃い色みのブルーのパンツをコーディネートし、オールインワン風の着こ なしに。力の抜けたワンツーコーデながらも、どこか特別感のあるスタイル。今シーズン、カ ジュアルを目ざすなら、ブルーを最大限に利用して、今どきのテンションで楽しみたい。

ブラウス¥39,000/マスターピースショールーム(サイ) パンツ¥15,000/ジャーナル  スタンダード 自由が丘店(ジャーナル スタンダード ニュウ) バッグ¥31,000/ANAYI 靴¥78,000/カオス新宿(プロエンザ スクーラー)
【Marisol3月号2020年掲載】撮影/川㟢一貴(MOUSTACHE) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.) スタイリスト/徳原文子 モデル/竹内友梨 構成・文/磯部安伽

■ギャザーブラウス×セージカラーのワイドパンツコーデ

ギャザーブラウス×カーキのワイドパンツコーデ
可愛らしい甘さの香るフェミニントップスには、きちんと見えるハリ感のあるワイドパンツで甘辛バランスを手に入れて。ニュアンスのあるセージカラーで清潔感を感じさせてくれる。

パンツ¥17,000(エムセブンデイズ)・ブラウス¥22,000(サクラ)・バッグ【RAISIN LARGE STRAP】¥64,000(エレメ)/SHOP Marisol パンプス/スタイリスト私物
撮影/川﨑一貴(MOUSTACHE) ヘア&メイク/猪股真衣子(TRON) スタイリスト/徳原文子 モデル/五明祐子 文/加藤理恵
※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります

■サックスブルーのブラウス×ベージュのワイドパンツコーデ

サックスブルーのブラウス×ベージュのワイドパンツコーデ
サックスブルーと好相性のベージュのパンツは、チノパンなどのカジュアルパンツではなく、きれいめを選ぶのが大人の正解。落ち感の美しいワイドシルエットのパンツを合わせて、ムードたっぷりの着こなしに。靴とバッグもきちんとしたタイプをコーディネートし、とことん大人っぽく。

ブラウス¥39,000/マスターピースショールーム(サイ) パンツ¥29,000/カオス新宿(シーオール) バッグ¥55,000/ショールーム セッション(モダン ウィービング) 靴¥44,000/フラッパーズ(ネブローニ)
【Marisol3月号2020年掲載】撮影/川㟢一貴(MOUSTACHE) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.) スタイリスト/徳原文子 モデル/竹内友梨 構成・文/磯部安伽

③<お出かけ編>女っぷりワイドパンツコーデ

■白のアンサンブルニット×ベージュのワイドパンツコーデ

白のアンサンブルニット×ベージュのワイドパンツコーデ
コンサバな選択はシルエットでほんの少し遊んで、こなれ感を。 さりげないおしゃれを目ざす私たちの理想。艶のあるタック入りワイドパンツを、リラクシーな シルエットのロングカーディガンのアンサンブルと合わせて。べっ甲調のボタンが表情を添え、ベージ ュとの相性をよりよく。ベーシックなアイテムの配 色はシルエットで変化をつける好例。

カーディガン ¥51,000・半袖ニット¥38,000/マディソンブルー  パンツ¥39,000/SANYO SHOKAI(エポカ) メガネ¥ 31,000/モスコット トウキョウ(モスコット) バッ グ¥170,000/ピエール アルディ 東京(ピエール ア ルディ) 靴 ¥52,000/アマン(ペリーコ)
【Marisol4月号2020年掲載】撮影/酒井貴生(aosora/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/佐藤エイコ(ilumini.) スタイリスト/石毛のりえ モデル/RINA 取材・文/陶山真知子 

■ベージュのジャケット×ベージュのワイドパンツコーデ

ベージュのジャケット×ベージュのワイドパンツコーデ
メンズライクなチノ素材にこそ 顔映りをぱっと明るく見せてくれる少量の白をレイヤード。セットアップという同じベージュが続く着こなしにも白が有効。オーバーサイズのシャツジャケットはパンツにタックインしてボリュームを調整。今年注 目のサファリなムードを都会的に女らしく仕上げて。

ジャケット¥49,000・パンツ¥39,000/エイトン青山 (エイトン) カットソー¥10,000/スローン 時計 ¥79,000/クラスフォーティーン イヤリング¥9,500/ヴェルメイユ パー イエナ 青山店(ドミニク ドゥヌーヴ) バッグ¥216,000/トッズ・ジャパン (トッズ) 靴¥48,000/アマン(ペリーコ)
【Marisol4月号2020年掲載】撮影/酒井貴生(aosora/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/佐藤エイコ(ilumini.) スタイリスト/石毛のりえ モデル/RINA 取材・文/陶山真知子 

■ベージュのニット×ブラウンのとろみワイドパンツコーデ

ベージュのニット×ブラウンのとろみワイドパンツコーデ
とろみワイドパンツでぐっとハンサムに着こなしても素敵。何げないパンツとのワンツーコーデも、ベージュとブラウンという旬の配色なら一気に鮮度がアップ。パンツはツヤのあるとろみ素材で、ハンサムな中にもさりげなく甘さと抜け感を出して。

ニット¥24,000/ショールーム セッション(アダワス) パンツ¥21,000/アストラット 新宿店(アストラット) サングラス¥34,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(エフェクター) ネックレス¥40,000(グーセンス パリ)・バッグ¥100,000(ワンドラー)・靴¥79,000(セルジオ ロッシ)/ドゥロワー 六本木店
【Marisol4月号2020年】撮影/三瓶康友 ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/徳原文子 モデル/蛯原友里 

■白シャツ×サテンのワイドパンツコーデ

白シャツ×サテンのワイドパンツコーデ
ピリッとモードなサテンの光沢を持つワイドパンツにリラクシーシャツでフェミニンに仕上げて。きちんと感があるので仕事と仕事終わりにお出かけの予定がある日のコーデにぴったり。

パンツ¥12,000/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店(ビューティ&ユース) シャツ¥19,000/ヴェルメイユ パー イエナ 青山店(ヴェルメイユ パー イエナ) ストール¥42,000/ロンハーマン(アソース メレ) ピアス¥25,037/アビステ バッグ¥46,000/ル フィル(BALLEN PELLETTIERE) 靴¥46,000/フラッパーズ(ネブローニ)
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 文/加藤理恵
※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります

■古着風Tシャツ×ウールライクなブラウンのワイドパンツコーデ

古着風Tシャツ×ウールライクなブラウンのワイドパンツコーデ
しっかりとした素材感が体のラインを拾わないのも魅力。地厚なポリエステルを使用した、ハイウエストのワイドパンツ。古着のようなプリントTシャツとのカジュアルもラフすぎず、小気味いい印象に。

パンツ¥8,800/ミラ オーウェン ルミネ新宿2店(ミラ オーウェン) Tシャツ¥7,8 00/ザ ストア バイ シー 代官山店(レミ レリーフ) ニ ット¥24,000/スローン メガネ¥40,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) バッグ¥208,000/ヴァレ クストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) 靴¥5,800/コンバ ースインフォメーションセンター(コンバース)
【Marisol5月号2020年掲載】撮影/金谷章平(人物) 魚地武大(TENT/物)  ヘア/左右田実樹 メイク/AIKO ONO (angle)  スタイリスト/石毛のりえ モデル/SHIHO  取材・文/陶山真知子

■シャツワンピース×クリームベージュのワイドパンツコーデ

シャツワンピース×クリームベージュのワイドパンツコーデ
リラックスしたゆるやかなシルエットのシャツワンピースも、きれい色とまろやかなクリームベージュとのトレンド配色なら、上品な雰囲気が保たれる。素材に拘った夏小物を合わせて。

カーディガン¥31,000/ヴェルメイユ パー イエナ 青山店(スローン) パンツ¥20,000/エーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク(エーピー ストゥディオ) サングラス¥34,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(クリスチャン ロス) バッグ¥17,000/ANAYI  靴¥49,000/フラッパーズ(ネブローニ)
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 文/加藤理恵
※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります

What's New

Read More

Instagram

Feature

Ranking