きれいめ派エディター三尋木奈保の、最旬ベージュコーデの作り方

定番カラーだけど意外と着こなしに悩みがちなベージュ。この色をこよなく愛するエディター三尋木奈保さんの今季らしい取り入れ方とは?

METHOD 1

今どき感と華やかさなら赤みベージュに一票!

“今季たくさん出ている、赤みのあるこっくりしたトーンのベージュ。女っぽい温度があるから顔映りがよく華があって、私はボトムよりもトップスで取り入れるほうが、この色のメリットを生かせると思っています。「ベージュのトップスは地味に見える」という人は、ぜひ試してほしい!

このブルゾンのように、パリッとしたペーパーライクなコットン素材なら、より今っぽくさわやかさもアップ。「老けないベージュ」を味方につけると、春夏の着こなしがうんと楽しくなります”

※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます
「白のフレアスカートで旬の赤みベージュを引き立てつつ、全体をクリーンな印象に引っぱって。かっこよくいきたい日は、ツヤのある黒パンツでもいいですね。手持ちボトムと色合わせしやすいのも、赤みベージュの魅力です」。

ブルゾン¥20,000/アストラット 新宿店(アストラット) ニット¥18,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム  クラス) スカート¥23,000/エストネーション(エストネーション) バッグ¥549,000/モワナ 伊勢丹新宿ブティック(モワナ) 靴¥52,000(ペリーコ)・バングル¥19,000(アンセム フォー ザ センセズ)/アマン

METHOD 2

フェミニンベージュが薄着の季節のスパイスに

“ドラマティックな甘めのスカート。ワンツーコーデでも着こなしが”もつ”ので、春夏になるとよく活用しています。白だと大げさだし、黒だと方向性がブレるから、品よく優しいベージュが適任。トップスはさっぱりとしたシンプルなものに、また、コンサバになりすぎないよう、辛口のパイソンバッグやぺたんこサンダルでこなれ感を投入するのがカギですね。

このスカートは一見かなり甘口ですが、麻×綿のドライな風合いで、フリルのすそが切りっぱなしなのもしゃれがきいて。”わかってる”大人の甘さなのが気に入っています”

ノースリーブのニット×ベージュのフリルスカートコーデの三尋木奈保さん
「まろやかなはちみつベージュの色みも好み。今までだったらあまりお目にかかれない、絶妙なトーンのベージュに多く出会えるのも今季ならでは」。

スカート¥28,000/ガリャルダガランテ 表参道店(ガリャルダガランテ) ニット¥7,800/アンクレイヴ ストール¥42,000/カオス新宿(アソースメレ) バッグ¥47,000(ペリーコ)・バングル¥19,000(アンセム フォー  ザ センセズ)/アマン ピアス¥17,000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) ネックレス¥64,000/マリハ 伊勢丹新宿本店(マリハ)

METHOD 3

モードなベージュは腰高パンツで取り入れて

”この時季定番のベージュパンツも、最近はデザイン性のあるものを選ぶようになりました。昔はごくシンプルな細身パンツを愛用していたけれど、今はくとなんだかあかぬけない、もの足りないと感じるように……これ、アラフォーあるあるですよね。ハイウエストでベルトつき、タック入りの腰高パンツなら、大人のモード感が出せて、自然にスタイルアップもかないます。ベージュパンツは、脇役じゃない。「主役アイテム」として新たな視点でとらえると、40代のおしゃれがスムーズに回り始めると思います”

ブラウンのシャツ×ベージュパンツコーデの三尋木奈保さん

「赤みを抑えたサンドベージュが、かっこいい印象をより引き立てて。私の中で、大人の体型をきれいに補整してくれるタックパンツといえば"エブール"! ブランドデビュー時からこのタイプを買い足しています」。

パンツ¥33,000/ebure シャツ¥21,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ギャルリー・ヴィー) バッグ¥110,000/TOMORROWLAND(ワンドラー) 靴¥38,000/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット) サングラス¥36,000/アイヴァン PR(アイヴァン) バングル¥39,000/アパルトモン 神戸店(マラ エムシーエス)

METHOD 4

ツヤベージュなら上品な今っぽさが簡単に

“春になると、決まってふんわりブラウスが欲しくなります。今年はツヤ素材のベージュに注目。トレンドのツヤ感もベージュならほどよく、あくまでも「上品な今っぽさ」に収まるのがいい感じ。大人になると好きな服、似たようなアイテムを繰り返し買ってしまうものですが、素材を旬に切り替えるだけで、見た目も気分も変わります。私の場合、この手のブラウスは大好きだけど、コンサバすぎに陥ってしまうという自覚もあったのですが、ツヤベージュのおかげで今っぽい方向へ自然とアップデートがかなった気がしています”

ベージュのツヤブラウス×ベージュパンツコーデの三尋木奈保さん
「ハリ感のあるクールなツヤベージュが、ギャザーネックの甘さをほどよくセーブ。ヘアはまとめたほうが、ツヤベージュがこなれた感じに見えると思います。ボトムはリネンなどマットな風合いを選んで、上下の素材感にコントラストをつけるのもポイントです」。

ブラウス¥28,000/ボウルズ(ハイク) パンツ¥38,000/デザインワークス ドゥ・コート六本木ヒルズ店(デザインワークス) バッグ¥160,000/エリオポール代官山(ザンケッティ) 靴¥48,000/アマン(ペリーコ) ピアス(片耳)¥14,000/ショールーム セッション(マリア ブラック) リング¥146,000・ブレスレット¥320,000/マリハ 伊勢丹新宿本店(マリハ)
【Marisol5月号2020年掲載】撮影/魚地武大(TENT/物) 須藤敬一(人物) ヘア&メイク/神戸春美 スタイリスト/松村純子 取材・文/三尋木奈保

What's New