いっそ今、自分を白紙に戻して新たな自分を始める、原点回帰のチャンス!【齋藤 薫エッセイ】

本誌で好評連載中の、美容ジャーナリスト・齋藤 薫さんから悩める40歳へおくる、美と人生への処方箋。今回は、WEBだけのスペシャル書下ろし!

本気の断捨離をした人が多かった自粛生活

いっそ今、自分を白紙に戻して新たな自分を始める、原点回帰のチャンス!【齋藤 薫エッセイ】_1_2
 数ヶ月にわたった自粛生活において、あなたは一体何をしただろう。じつは予想以上に多かったのが、本気の断捨離をしたという声。

 年末年始にも夏休みにもできなかった、自分にとって前例のない規模の断捨離。いやがうえにもできてしまう時間の猶予と外出できない抑制、きっとそれが、私たちにこれまで経験したことのないような感慨をもたらしたはずなのだ。

 それこそが、大げさではなく“人生をやり直すような実感”。人生をやり直すなんて、そう簡単にできるものじゃない。いやほとんど不可能。とりわけ30代40代まで生きてきてしまうと、何かもう後戻りできない、もう遅いと思えてしまう。少しも遅くはないのだけれど、一体何から手をつけていいか分からないから、最初から諦めている。
 でも何だかいつの間にか、自分が望まない方向に人生が進んできてしまったと言う小さな挫折感を持つ人って少なくないと思うのだ。人生大失敗とか、全てやり直したいとか、そういうことではなく、あくまで少しずつ望まない澱がたまってきているというレベル。ちょうど、捨てられないモノたちがクローゼットから溢れている状態。

 もっときちんと生きたいのにきちんとできない自分。いつもニコニコしていたいのに不機嫌な顔になってしまう自分。夫とはたくさん会話する関係でいたいのに、無口になっている自分。清潔で美しい暮らしをしたいのに、結局いつも部屋が散らかっている自分。そのレベルなら、数え切れないほどあると言えるのかもしれない。納得できない自分が。

 つまりそういうものを、今一気にやり直す絶好のチャンスなのではないかと思うのだ。
自粛生活の中で、大規模な断捨離に取り掛かったり、非常にストイックな日々を送ったり、ミニマムな自分に戻ったら、それができそうな気がするはずなのだ。ちょっと澱んだコップの水を一気に捨てる感覚があるから。

What's New

Read More

Feature

Ranking