美女組No.183 emiのブログ
美女組:No.183 emi

No.183 emi

マンションコンシェルジュ

衣食住のバランスを大切に。
夫と犬と暮らしています。

ファッション業界で長らく勤務した後
現在はコンシェルジュの仕事をしています。

ファッション・美味しいもの・暮らしを
メインに趣味の映画のこと等を
時折織り交ぜながら綴りたいと思います。

Instagram:emi___amber

ブランドのコンセプトに共感できる服を着る【40代 私のクローゼット】

どう作られた服に対価を払うか。応援したいと思えるブランドの1つ、『Baserange』をご紹介します。
こんにちは、emiです☺

外出自粛期間で今までのように自由に買い物ができなくなり、消費も抑えられ、ファッション業界でも有名企業の倒産などがニュースになる中、今までよりも「どのブランドに投資したいか」を考えるようになりました。
投資と言ったら少し大げさですが、どういうブランドに残ってほしいか、応援したいか。
これからの買い物の仕方について少し考え始めた私が、微力ながら応援したいブランドの一つが『Baserange』です。
<HPより>
Baserangeとは維持可能な下着とイージーウェアのブランドです。
モダンなカルチャーとナチュラルな世界のどこか中間地点に位置づく様な洋服を手掛けています。高品質なオーガニックの生地を使用し 、革新的な方法で生産者と消費者両者に利益をもたらし、そして環境へ配慮を心がけています。
ナチュラルビューティーと一生着れることに重きをおき作られています。
フランスとデンマークに拠点を置くブランドで、2012年に設立されました。
  • ブランドのコンセプトに共感できる服を着る【40代 私のクローゼット】_1_1-1

  • ブランドのコンセプトに共感できる服を着る【40代 私のクローゼット】_1_1-2

生産者も消費者も笑顔になれる心地よい服を作りたいという思いがこめられ生まれたそう。

このブランドのコンセプトが製品からふわっと香るというか、着ていて気持ちのいい服ばかりです。
ブランドのコンセプトに共感できる服を着る【40代 私のクローゼット】_1_2
ブランドのコンセプトに共感できる服を着る【40代 私のクローゼット】_1_3
環境への負担を最小限に抑えながら、上質なオーガニック素材・サステイナブル素材(オーガニックコットン、リサイクルコットン、シルク、ウール、リネン、竹繊維といった天然繊維)を使用。染色には環境、人に害がないと認められている世界基準を満たした染料のみが使用されているそうです。
ブランドのコンセプトに共感できる服を着る【40代 私のクローゼット】_1_4
<取扱いのあるサイトでのブランド紹介の一部>

・身につける人の自然な美しさを引き出す、柔らかなシルエットとモダンなデザインを得意とするしたブランド。

・肩に力を入れずに着れるリラックスウェアが多く、ベーシックでありながらも、着るとどこか雰囲気が出る。シンプルなウェアだからこそ、その人にあった、 その人の着方に合わせることができ、自然と着る回数も多くなるアイテムばかりである。

・消費するファッションではなく、揃えていくたび相棒が増えていくような、そんな気持ちになるのです。くたびれるほどに愛着が出てくるところが、とてもフランスらしい。
  • ブランドのコンセプトに共感できる服を着る【40代 私のクローゼット】_1_5-1

  • ブランドのコンセプトに共感できる服を着る【40代 私のクローゼット】_1_5-2

これからの時期ぴったりな、透け感のあるトップス。こちらもオーガニックコットン100%なので、肌に優しく、汗をかいても嫌な臭いがしません。
ブランドのコンセプトに共感できる服を着る【40代 私のクローゼット】_1_6
こちらのセーターは、バンブー素材。
ブランドのコンセプトに共感できる服を着る【40代 私のクローゼット】_1_7
「どんな思いや信念が込められている服か」
40代の今、自分なりに買う時のポイントの一つとして、心に留めていきたい思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました☺
<ちょっと語りたいこと>
ファストファッションの製品が、下請けの生産者にとって劣悪な環境下で作られていることなどを問題提起したドキュメンタリーを見ました。(映画『ザ・トゥルー・コスト ~ファストファッション 真の代償~』)

私はブログでもプチプラ商品を多数ご紹介していますし、「安くてありがたい!」という理由を含めて買い物をしますので、偉そうなことは何も言えませんが、

服の大量廃棄や、「安すぎる服を作るにはどこかにひずみが出る」ということに関して考えさせられました。
(現在では、ファストブランドでもサステナブル等を重視した企業も増えてきて、それぞれの取り組みが各HPに書かれています)

着るもの、持つもののどこに価値をおいて対価を払うか、改めて考えてみようと思います。
instagramは下の画像をクリック☟お気軽にフォローしていただけたら嬉しいです

What's New

Read More

Feature

Ranking