アラフォーのおしゃれがパワーアップする初夏のパンツコーデまとめ|40代ファッション

アラフォー女性のスタメンボトムである「パンツ」。今シーズンは色や素材が驚くほど多彩になって、女っぷりがぐんとアップ! トレンドをおさえた40代におすすめの初夏のパンツコーデをお届けします。

①今シーズンの大本命は「淡色ワイドパンツ」

新しいパンツの中でも、ひときわ存在感を放つのが淡色のワイドパンツ。白が混じったようなミルキーで優しげな発色はフェミニン気分を盛り上げてくれる!
パープルピンク×ラベンダー
ピンクTシャツ×ラベンダーカラーのパンツコーデを着たモデルの蛯原友里さん

ペールピンクのストレートな甘さを同色系グラデで大人にシフト

今年らしさを一番に感じられるのは、こんな淡いピンクのパンツ。ハリ感のある素材とワイドなシルエットで、大人がはきやすいちょうどいい塩梅に。トーンの近いラベンダーカラーのトップスとグラデーションを作りつつ、グレージュのストールでなじませて。

パンツ¥21,000/アルアバイル(ルル・ウィルビー) プルオーバー¥26,000/ebure ストール¥27,500/ヴェルメイユ パー イエナ 青山店(アソース メレ) ピアス¥79,000・リング¥74,000/エドストローム オフィス(シャルロット シェネ) バッグ¥19,000/マスターピースショールーム(サイ) 靴¥29,000/ベイジュ(ピッピシック)

サージグリーン×ブラック
黒のブラウス×サージグリーンのパンツコーデを着たモデルの蛯原友里さん

清涼感あるセージグリーンは端正な黒で引き締めて

注目のセージグリーンは、ふわりとしたコットン混のワイドパンツで軽やかに着こなしたい。トップスにはハリ感のある黒ブラウスを。春らしい素材感のおかげで、淡グリーン×ブラックの配色もコントラストがききすぎず、ちょうどいい甘さに着地。パンツはフロントに施されたツータックで華やかさもたっぷり。足もとはヒール靴で緊張感を。

パンツ¥34,000/ADORE(アドーア) ブラウス¥19,000/ドレステリア  新宿店(ドレステリア) リング¥85,000/ショールーム セッション(ザ・レタリング) バッグ¥76,000/トリー バーチ ジャパン(トリー バーチ) 靴¥89,000/ジミー チュウ

レモンイエロー×カーキ
ミリタリージャケット×レモンイエローのパンツコーデを着たモデルの蛯原友里さん

お互いの魅力を引き立て合うレモンイエロー×カーキ

まろやかなイエローをカーキの辛さが中和。

パンツ¥23,000/ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア(ユナイテッドアローズ) ジャケット¥39,000/ザ ストア バイ シー 代官山店(クチュール ド アダム) Tシャツ¥12,000/サザビーリーグ(エキップモン) サングラス¥55,000(セリーヌ)・イヤリング(片耳のみ使用)¥22,000(エレン ズベルディア)/ヴェルメイユ パー イエナ 青山店 リング¥68,000/ショールーム セッション(ザ・レタリング) バッグ¥45,000/プレッド PR(ミチノ) 靴¥91,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)

ペールオレンジ×ブラウン
ブラウンニット×ペールオレンジのパンツコーデを着たモデルの蛯原友里さん

光沢あるペールオレンジを温かなモカブラウンでつなげて

女っぽくリラクシーなムードが漂う、ツヤ素材のペールオレンジパンツ。同じく赤みの入ったブラウンニットとトーンをつなげ、大人の優しげ配色が完成。

パンツ¥22,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(イウエン マトフ) カーディガン¥27,000・ニット¥21,000/ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア(ロエフ) ピアス¥28,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) 時計¥79,000/クラスフォーティーン バッグ¥27,000/ANAYI 靴¥69,000/ザ ストア バイ シー 代官山店(ネブローニ)

サックスブルー×グレー
グレーのカーディガン×サックスブルーのパンツコーデを着たモデルの蛯原友里さん

つややかなサックスブルーは×薄グレーでアイシーな配色に

ややスモーキーなサックスブルーのパンツには、淡めグレーが好相性。ロングカーディガンとインナーの濃淡で、着こなしにもメリハリをつけて。淡ブルーのパンツが長め丈アウターからチラリと見えるバランスも素敵。足もとのスリッパでほどよい抜け感も。

パンツ¥7,990/プラステ カーディガン¥24,000/TOMORROW LAND(トゥモローランド) タンクトップ¥6,500/ボウルズ(ハイク) ネックレス¥24,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(ファリス) バッグ¥156,000/ジミー チュウ 靴¥32,000/ベイジュ(ピッピシック)

ライトパープル×ホワイト
白のジャケット×ライトパープルのパンツコーデを着たモデルの蛯原友里さん

ミルキーなライトパープルを明るい白でとびきりフレッシュに

ほんのり甘さを感じさせるライトパープルも、コットン混素材のワイドパンツならカジュアルな印象。クリーンな白ジャケット&透けニットと合わせ、女っぽさと抜け感を両立させる今どきスタイルに。

 

パンツ¥24,000・Vニット¥17,000・/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー) 白ジャケット¥79,000/エイトン青山(エイトン) サングラス¥54,000/マイキータ ジャパン(マイキータ) ピアス¥4,391/アビステ バッグ¥39,000/ササビーリーグ(ステート オブ エスケープ) 靴¥40,000/アストラット 新宿店(アン アワー アンド ア シャワー)

【Marisol4月号2020年】撮影/小川健太郎 ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.) スタイリスト/石毛のりえ モデル/蛯原友里

②絶対美脚が叶う「NEO細身パンツ」

サイドやセンターにスリットが入るだけでベーシックなパンツが一気に目新しい印象に。シルエットがくずれず、カジュアルになりすぎないのは品のある細身だからこそ。
スリット入りパンツ_1

足もとに軽快さが生まれるからフラットシューズとも好バランスに

ノータックの細身テーパードも、外側スリットのおかげでぐっと抜けのある表情に。シルエットの美しさはそのままに、どこかリラックス感のある着こなしがかなう。

パンツ¥11,273/バナナ・リパブリック カーディガン¥24,000・中のTシャツ¥5,800/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット) メガネ¥44,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) 時計¥79,000/クラスフォーティーン バッグ¥78,000/アパルトモン 神戸店(ジウリア マレスカ) 靴¥68,000/ヴェルメイユ パー イエナ 青山店(マリ ジウディセリ)

スリット入りパンツ_2

前後差のあるすそと両サイドのスリットが横顔を美しく演出

外側と内側にスリットを入れることで、足さばきも抜群。前後差を出したすそが足首をすっきり見せてくれるから、淡色同士の組み合わせもスマートに着地する。

パンツ¥28,000/スローウエアジャパン(インコテックス) スウェット(メンズ)¥22,000/マスターピースショールーム(サイ ベーシックス) サングラス¥49,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥32,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) バングル¥16,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(PHILIPPEAUDIBERT) バッグ¥169,000/トッズ・ジャパン(トッズ) 靴¥22,000/ツル バイ マリコ オイカワ

スリット入りパンツ_3

定番の黒はセンタースリットでさりげないモード感を香らせて

深めに入ったスリットとサイドの切り替えが、すらりと伸びた美脚を実現。きれいめコーデに似合う上品なシルエットでありながら、肌に吸いつくような伸びのいい素材もうれし い。

パンツ¥21,000/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット) シャツ¥32,000/ボウルズ(ハイク) ピアス¥125,000(シリル)・ブレスレット¥189,200(ハム)/エスケーパーズ バッグ¥18,000/フラッパーズ(メゾン ヴァンサン) 靴¥91,000/ジャンヴィト ロッシジャパン(ジャンヴィト ロッシ)

【Marisol4月号2020年掲載】撮影/三宮幹史(TRIVAL/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/石毛のりえ モデル/渡辺佳子 取材・文/野崎久実子

きれい色の「センタープレス入りストレートパンツ」をシーン別に着回し

寒色ブームの中でもとりわけ人気の高いミントやセージといったハーブ系のカラーは、面積の広いパンツでも、いやみなく取り入れられるさわやかさが魅力。ただし淡色ゆえに、時に着ぶくれたり、幼く見えることもあるので、適度に落ち感やツヤのあるきれいめな一本を。
一番使えるトレンドカラー_1
上質なジョーゼットを使い、落ち感の美しさが秀逸。前後にセンタープレスの入ったゆるめのストレートは、どんな靴とも好相性。パンツ¥18,000/エストネーション(エストネーション)

■Work style

一番使えるトレンドカラー_2

グレーパンツの代わりに投入!まじめなジャケットも一気に旬に

ライトグレーにも似たきちんと感がありつつ、鮮度も華やかさも格段にアップするミントグリーン。仕上げにバンダナ風のスカーフを巻いて、色に負けない今年っぽさを顔まわりにも。

ジャケット¥42,000/ヴェルメイユ パー イエナ 青山店(ヴェルメイユ パー イエナ) ニット¥33,000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) スカーフ¥12,000(マニプリ)・靴¥44,000(ネブローニ)・リング¥20,000・バングル¥38,000(ともにシンパシー オブ ソウル スタイル)/フラッパーズ バッグ¥43,000/ウィム ガゼット青山店(オソイ)

■Casual Style

一番使えるトレンドカラー_3

着慣れたボーダーとの1+1でもカラーボトムの力でこなれ見え

アイシーな色でまとめた"ほぼワントーン"。それでいて靴やネックレスはシルバーで、さりげなくツヤを足したのも洗練して見える秘けつ。パンツはノータックで腰まわりがふくらみにくく、インしたい時にも最適。

カットソー¥11,000/ゲストリスト(ルミノア) バッグ¥37,000/ヴァジック ジャパン(ヴァジック) 靴¥25,000/フラッパーズ(スペルタ) イヤカフ¥16,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) ネックレス¥16,000/デミルクス ビームス 新宿(フィリップ オーディベール×デミルクス ビームス)

■Trend Style

一番使えるトレンドカラー_4

メンズライクなワークシャツを女っぽく仕上げたい時にも有効

同じ寒色といえども、ブルーのデニムやカーキのパンツでは男クサくなりすぎてしまうところをちゃんと女らしく傾けてくれるのは、淡色ならではの甘さととろみ素材の品のよさがあってこそ。中に着たのはTシャツではなくリブニット、ここにも女らしさを光らせて。

シャツ¥25,000/アパルトモン 神戸店(レミ レリーフ) ニット¥16,000/サンスペル 表参道店(サンスペル) バッグ¥62,000/ロンハーマン(モダン ウィーヴィング) 靴¥22,000/フラッパーズ(ビアンカ ヴァスケス) サングラス¥36,000/アイヴァン PR(アイヴァン)

【Marisol5月号2020年掲載】撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/笹本恭平(ilumini.) スタイリスト/松村純子 モデル/小泉里子 取材・文/伊藤真知

④少し冒険アイテム「ショートパンツ」のアラフォー的正解コーデ

きれいめに進化したショートパンツ。トレンドのダークホース的アイテムの選び方と着こなし方のツボを、アラフォー目線で徹底解説!

「ショートパンツ」選びアラフォー的正解!

□膝は見せる、太ももは隠す!

□素材とデザインはきれいめ重視

ショートパンツコーデ_1
太ももが丸見えだと気恥ずかしいし、膝が隠れると全 身のバランスが取りづらい。膝がギリギリ見える丈感 がアラフォー的落としどころ。さらに"どカジュアル" にならないきれいめな素材ときちんと感のあるデザイ ンのものを選べば、子供っぽさとは無縁。
リネングル カショートパンツ¥68,000/マディソンブルー

1)ロングアウター合わせなら躊躇なくトライできる

ショートパンツコーデ_2

@Shopping

久々すぎてどうはけばいいかわからない、なんていう人におすすめなのが、この時季欠かせないロングトレンチをバサッとはおるスタイリング。膝見せへの抵抗感をやわらげ、 テクニックいらずで"ちゃんと大人"な仕上がりに。着こなしを引き締める黒は、リネン素材を選べば重くならず夏ま でずっと活躍してくれる。

パンツ¥29,000・Tシャツ¥12,0 00/エイトン青山(エイトン) コート¥47,000/インター リブ(サクラ) バッグ¥98,000/エリオポール代官山(ザン ケッティ) ピアス¥92,000/マリハ 伊勢丹新宿本店(マリ ハ) 靴 ¥66,000/ドレステリア 新宿店(ジョセフ) 

2)カジュアル通勤もいけるきれいめワントーンコーデ

ショートパンツコーデ_3

@Working

しなやかな落ち感で女らしくはける一本。

パンツ¥19,000 /ヴェルメイユ パー イエナ 青山店(ヴェルメイユ パー イエナ) ベルトつきジャケット¥46,000/TOMORROWLAND (トゥモローランド) ニット¥19,000 (RHC)・靴 ¥29,000(ピ ッピシック)/RHC ロンハーマン ポーチつきバッグ¥28, 000 (5月発売)/ウィム ガゼット青山店(マルコ マージ)  ネックレス(太) ¥33,000・(細)¥34,000/シップス プライ マリーネイビーレーベル(アカシックツリー) バングル¥ 56,000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル)  リング¥26,000/デ・プレ(エレナ ローナー)

3)フェミニンなブラウスも パンツの軽快さでほどよい甘さ

ショートパンツコーデ_4

@Date

この春注目のきれい色ブラウス。女らしさはそのままに、 ショーパンの軽やかさを加えることで"コンサバすぎ"を防止。シンプルなワンツーコーデが増えるこれからの季節に頼もしい共布ベルトつき。

パンツ¥24,000(ゲミニー)・ブ ラウス¥18,000(ウィム ガゼット)/ウィム ガゼット青山 店 バッグ¥55,000/ショールーム セッション(モダン ウ ィーヴィング) ピアス¥13,000/ドレステリア 新宿店(フ ィリップ オーディベール) バングル¥19,000(アンセム   フォー ザ センセズ)・靴¥48,000(ペリーコ)/アマン ネ ックレス¥12,300/アンティット(ブリー レオン)

4)今また新鮮な可愛さ! 大人のフレンチマリンスタイル

ショートパンツコーデ_5

@Hang out

おしゃれな女友達にも一目置かれそうな、シックなトリコロール配色。辛口なグルカパンツも白リネン&ショート丈ならクリーンな印象。

リネングル カショートパンツ¥68,000/マディソンブルー カットソー¥13,000/トラディショナル ウェザーウェア GINZA SIX店(トラディショナル ウェザーウェア) 肩にかけたニ ット¥39,000/エイトン青山(エイトン) バッグ¥49,000/ ショールーム セッション(モダン ウィーヴィング) ピア ス¥12,700/シップス 有楽町店(フィリップ オーディベー ル) バングル¥80,000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソ ウル スタイル) 靴¥22,000/ゲストリスト(ルチェンティ) 

5)パンツ自体がきれいだからどカジュアルとは無縁!

ショートパンツコーデ_6

@Cycling

セージグリーンはこの春のキーカラー。プレスのきいたス トレートシルエットのマニッシュさに、さりげない女らしさを加味してくれる。オーバーサイズが可愛いフーディとのカジュアルな着こなしも、パンツの端正さとトラッドな小物使いのおかげでラフになりすぎない。軽い足さばきで、 どこまでだって走っていけそう! 

パンツ¥29,000/ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア(ロエフ) フー ディ¥35,000(ハイク)・バッグ¥68,000(チャコリ × ハイク)/ボウルズ サングラス¥38,000/アイヴァンPR(アイヴァン) 靴¥39,000/TOMORROWLAND(エイディ)

【Marisol4月号2020年掲載】撮影/小川健太郎(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/TOMIE(nude.)スタイリスト/松村純子 モデル/小濱なつき

⑤夏にぴったり!最旬パンツコーデ8選

■白ブラウス×ベージュのリネンパンツコーデ

■白ブラウス×ベージュのリネンパンツコーデ
白×ベージュのハリのある夏素材とブラウンサンダルの相性は抜群! 開放的な袖口の白ブラウスに、ゆったりシルエットでリネン素材のべたつかないパンツのコーディネート。淡色でぼんやりしないように華奢なブラウンのヒールサンダルで女っぽく引き締めるのも忘れずに。

靴(H5cm)¥43,000/フラッパーズ(ネブローニ) ブラウス¥28,000/アングローバル(イレーヴ) パンツ¥35,000(チノ)・バングル¥13,000(ベンアムン)/デミルクス ビームス 新宿 帽子¥32,000/アパルトモン 神戸店(クライド) ネックレス¥225,000/バーニーズ ニューヨーク(ソフィー ブハイ) バッグ¥15,000/ロンハーマン(パロロサ)
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/福田亜矢子 文/加藤理恵
※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります

■ネイビーのTシャツ×カーキのカーゴパンツコーデ

■ネイビーのTシャツ×カーキのカーゴパンツコーデ
ぱっきりとした黒よりも柔和さを感じさせてくれるネイビーはアラフォーの強い味方! 上品な女らしさを出してくれるネイビーの力を借りて、辛口パンツとのワンツーコーデもどこかきれいめな印象にまとめて。かごバッグ&サンダルといった夏先取りの小物で、軽やかに仕上げて。

Tシャツ¥8,300/プラージュ 代官山店(プラージュ) パンツ¥26,000/ティッカ ヘアバンド¥4,800/ナノ・ユニバース(nano・universe La maison de Lyllis) ネックレス¥109,000/ブランドニュース(リーフェ ジュエリー) バッグ¥18,000/フラッパーズ(マルシェ) 靴¥21,000/TOMORROWLAND(フランコ ボスキ)
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/石毛のりえ 文/加藤理恵
※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります

■ノースリーブカットソー×ベージュのワイドパンツコーデ

■ノースリーブカットソー×ベージュのワイドパンツコーデ
ピンクベージュのノースリーブは、落ち感が美しいワイドパンツを合わせることでムードたっぷりの着こなしが完成。ベージュのグラデーションコーデで、すっきりときれいめに。

サンダル(4.5)¥27,000/ヴェルメイユ パー イエナ 青山店(リブクール) カットソー¥26,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) パンツ¥29,000/カオス新宿(シーオール) サングラス¥38,000/オプティカルテーラークレイドル 青山店(カトラーアンドグロス) ネックレス¥14,000/ショールーム セッション(マリア ブラック) ストール¥27,500/ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア(アソース メレ) バッグ¥54,000/ロンハーマン(モダン ウィーヴィング)
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/石毛のりえ 文/加藤理恵
※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります

■ベージュTシャツ×カーキのチノパンコーデ

■ベージュTシャツ×カーキのチノパンコーデ
くすみ色同士グレージュとカーキは相性抜群。トレンドのかごバッグやスカーフ使いでシンプルコーデを今年っぽくアップデート。足元はヒールで女っぷりも忘れずに。

Tシャツ¥9,000/アパルトモン 神戸店(レミ レリーフ) パンツ¥18,000/アナトリエ ミュゼプリヴェ アトレ恵比寿店(ネセセア×アナトリエ) スカーフ¥12,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(マニプリ) ハット¥17,700/カシラ ショールーム(カシラ) ピアス¥26,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) バッグ¥49,000/essence of ANAYI(カパフ) 靴¥14,500/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/石毛のりえ 文/加藤理恵
※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります

■黒Tシャツ×インディゴブルーデニムパンツコーデ

■黒Tシャツ×インディゴブルーデニムパンツコーデ
黒の生デニムと辛口小物でほんのりロックな週末カジュアルに挑戦。ゆるっとしたサイズ感の黒Tシャツ、実は無印良品。黒のリジッドデニムを合わせたボーイッシュな着こなしにすると大人の週末スタイルに。夕方少し肌寒いときにばさっと羽織るレザージャケットがモードな印象に。顔まわりはシルバーを重ねてさりげなく女性らしさも忘れずに。

Tシャツ¥2,719/無印良品 銀座(MUJI Labo) ジャケット¥120,000/アストラット 新宿店(アストラット) パンツ¥29,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(リダン) ベルト¥13,000/ロエフ 六本木店(ロエフ) ピアス¥32,000/ウノアエレ ジャパン(ウノアエレシルバーコレクション) ネックレス¥22,000/エスケーパーズオンライン(ハルポ) バッグ¥41,000/イアクッチ大丸東京店 靴¥59,000/アルアバイル(ジョセフ)
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/石毛のりえ 文/加藤理恵
※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります

■ピンクTシャツ×ピンクパンツ×肩がけニットコーデ

■ピンクTシャツ×ピンクパンツ×肩がけニットコーデ
トップスとボトムの色を合わせたきれい色のグラデーションコーデに挑戦。Tシャツコーデもセンタープレス入りのパンツやレザーバッグを選べばきちんと見えも可能。

Tシャツ¥18,000(アスペジ)・バッグ¥42,000(ヌーヴィル)/トヨダトレーディング プレスルーム ニット¥17,000/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット) パンツ¥19,000/ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア(イウエン マトフ) サングラス¥48,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥13,000・バングル¥21,000/haunt代官山(ゲストリスト/フィリップ オーディベール) 靴¥46,000/フラッパーズ(ネブローニ)
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/石毛のりえ 文/加藤理恵
※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります

■ベージュTシャツ×白パンツコーデ

■ベージュTシャツ×白パンツコーデ
ホワイトパンツで全体の明度を上げて、シンプルだけど品のある簡単ワンツーコーデ。ぱっきりとした黒や、こっくりとしたブラウンよりも、どこか柔らかな印象に思わせてくれるのがグレージュTシャツの魅力。足もとはヒールサンダルでしっかりと女性らしさを意識して、きれいめにまとめて。

Tシャツ¥13,500/ショールーム セッション(アダワス) パンツ¥28,000/サード マガジン サングラス¥44,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) 時計¥28,000/クラスフォーティーン バッグ¥60,000/ボウルズ(チャコリ × ハイク) 靴¥29,000/ベイジュ(ピッピシック)
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/石毛のりえ 文/加藤理恵
※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります

What's New

Read More

Feature

Ranking