美女組No.183 emi
No.183 emi

衣・食・住のバランスを大切に。ファッション業界に長年勤務し、現在は夫と犬と暮らしています。
身長:174cm
職業:マンションコンシェルジュ

My favorites:
*趣味
映画鑑賞
純喫茶巡り  

*興味のあること  
ファッション・インテリア・器・暮らし・健康 
 
*好きな言葉 
「無いものを嘆くな、あるものを活かせ」(松下幸之助)

Instagram:emi___amber

『シンプルに生きる』【40代 私の暮らし】

私の暮らしや考え方に影響を与えてくれた本をご紹介します。
こんにちは、emiです☺
本日は、最近改めて読み返した本についてご紹介させてください。
『シンプルに生きる』【40代 私の暮らし】_1_1
「シンプルに生きる」
ドミニック・ローホー 著
原 秋子 訳  幻冬舎
筆者はフランス人なのですが、禅庭の美しさに衝撃を受けて日本で暮らし始めた人です。
そこもこの本に興味を持った点。
「シンプルに生きる」という観点から、ものとの付き合い方、住まい、ファッション、時間、お金、美容、食事、ひとづきあい、自己管理 について書かれたエッセイ本です。
日本で「ミニマリスト」という言葉が流行したのは記憶に新しいですが、マスコミや番組などの取り上げ方が偏っているので、(確かに極端なパターンの方が話題にはなるから)「何も持たない人たち」というような間違った認識がされている気がします。
本来は、「ものが少ないことが善」が先に立つ考え方ではなく、自分にとって本当に必要な物だけを厳選して持つ、という考え方です。

私には○○リストのような主義はありませんが、「適当な物を過剰に所有しない、自分にとって本当に必要な、大切なものを見極める」という考え方には共感します。
共感というか、「大切なものを見極められること」自体に憧れます。
クローゼットに服は沢山あるけどいざという時に着ていきたいと思える服がない、皆が買っているし流行っているからとりあえず買う、必要なものをどこにしまったかわからない、とりあえず買ったものを特に気に入ってないけど使っている、なんとなく散らかっている、片付けないとな~と思いながら放置されている収納がある、

以前はこんな状態だった自分に別れを告げるきっかけの一つになったのがこの本でした。

書いてある内容全てを実践しているわけではなく(できないw)、参考にする程度の部分も多いのですが、少なくともハッとさせられた考え方が沢山ありました。
『シンプルに生きる』【40代 私の暮らし】_1_2
当たり前ですが考え方やベストな暮らし方は人それぞれ。
誰かは無駄だと思うものが、誰かにとっては大切なものであることも沢山あります。

コロナによる外出自粛の期間、大幅な断捨離をしたり、暮らしについて考え直した方も多いのではないでしょうか。
私も、自分がどのような持ち物に囲まれているか、何を所有しているか、どう暮らしたいか、今一度見直してみようと思います。
最後まで読んでいただきありがとうございました。
<今日のダンロ>
大きい先輩と挨拶後のオレ。
『シンプルに生きる』【40代 私の暮らし】_1_3
instagramは下の画像をクリック☟お気軽にフォロー頂けたら嬉しいです。

What's New

Read More

Feature

Ranking