大人買い必至!今マストで行くべき、差がつくプチプラ【高見えプチプラファッション #124】

知らないと損??「実店舗」はWEBよりもっとすごかった!
最近、あるプチプラショップの「実店舗」にやっと行くことができました。それが、通販で見ていたより、実物の商品のほうがはるかに素敵で感動…そのお店とは、ご存じの方も多いと思いますが、低価格帯が魅力の「Lavish Gate」。4月に南青山に実店舗がオープンしたのですが、あいにくこの状況でしばらく閉まっており、6/5に再び再開されました!

場所は、「J&M DAVIDSON」の向かい側あたり、以前「Jean-Paul Knott(ジャンポールノット)」の店舗があった半地下の場所です↓(写真は、店舗の許可を得て撮影・掲載しています)
lavish gate ショップ外観
通販では小物を買ったことがあるのですが、洋服のサイズ感や素材などを、一度じっくり見てみたかったので、混雑の少ない平日を狙って訪問。まだピカピカの店舗に入る前から、もうすでにおしゃれな雰囲気が漂っています!

1歩踏み入れたらもう大変。「あ~どうしよう!見るのに時間がかかりそう(汗)」と焦りました。入った瞬間、目に入るものすべてが、欲しいものばかりなんです!グレージュにブラウン系…色別に分かれたアイテムは、好きな色や、上下のコーデを考えながらを探すのに、とても見やすい配置です↓カラフルな明るい色はほとんどなく、すべてがおしゃれなベーシックカラー。
lavish gate ショップ内観画像
バッグやサンダルなどの、小物系も種類が豊富!ピアスやイヤリングに関しては、アクセサリー専門店を思わせるこのラインナップ↓安価なものは990円~と、ハイブランドに囲まれたこの界隈では、かなり貴重な存在です!
lavish gate ショップアクセサリーコーナー画像
価格もデザインも、魅力でいっぱいの店内…思わず「大人買い」しそうでしたが、その日は悩み抜いて、この2点のアイテムに決めました↓

胸ポケットがついた、キャメルブラウンのカットソーと、リネンが入ったサラサラのリブパンツ。この価格で、どちらも日本製なんですよ!
Lavish Gateのアイテム2点画像
この2点は、事前にWEBでチェック済み。でも、実際に見て触ってみたら、生地の品質も発色も、想像より何倍もよくてビックリしました。オンラインでは、なかなか買うことに踏み切れませんでしたが、実物を見たら迷うことなく即決。プチプラの場合、「オンラインはよかったけれど、実物は…」というパターンが多々ありますが、今回はその逆です!

厚みがあるしっかりした生地のタンクトップは、少し光沢もあってとてもきれいな生地感。明るすぎない絶妙なキャメルブラウンが、着回しやすく、夏にも秋にも着られそうなんです。
lavish gate のトップス生地アップ画像
着丈が75cmと長いので、わたしの身長(163cm)ではお尻が隠れるほどの丈になります↓それが、この商品を決めたポイントなのですが、一緒に買ったニットパンツやレギンス、デニムなどを下に合わせて着たら素敵だな、と思いました。

サイドには、25cmのロングスリットが入っていて、着丈が長くても重く見えないというのが大きなポイント。
lavish gateのトップス画像
続いてはリブパンツ。感動的にはきやすいニットパンツなので、「着心地重視」の方には、ぜひおすすめしたいアイテムです。
リネンが15%ブレンドされた、サラっとした軽い肌触りで、ニットパンツの中でも真夏もはける涼しい生地感。リブ素材がやわらかく、肌に触れても「ふわっ」としていてまとわりつきにくい、気持ちの良いなめらかさです。薄手のリブニットパンツは、初秋あたりまで大活躍するので、1枚持っていると重宝しますよね。このパンツはセットアップ対応で、お揃いのニットも一緒に買うことができます。
lavish gate のリネンパンツ生地アップ画像
色は、深みのある「モカ」。とても大人っぽいアースカラーです。
生地の縫い合わせ部分が表に出ている点も、さりげなくおしゃれ↓わりと細身のデザインで、裾のほうだけ少しフレアになっているので、脚をスラっと長く見せてくれそう!先に紹介したトップスに合わせると、長いスリットの効果で、「横姿」の美脚見えがさらにアップ♪
lavishgateのリネンパンツ着画
大人の夏にぴったりのアースカラー2色は、早くもひそかに秋を連想させる色。これを入れるだけで、一歩先の季節を見据えた雰囲気に仕上がるので、そろそろ秋色が恋しくなる今の時期にも、満足できるコーデが楽しめそうです♪

Day1】アイテム2点を合わせたブラウン系コーデ

lavisgateの2点を合わせたコーデ
↑買った2点をそのまま組み合わせるだけでも、カッコいい大人の夏コーデになります。深みのあるブラウンカラーはカジュアルさも控えめで、晩夏から秋へ、そのままつなげられそうです。フレアパンツに合わせるスニーカーは、ブラウンのハイカットがぴったり。

Day2】タンクトップをスカートにかぶせたフェミニンコーデ

lavishgateのトップスにスカートを合わせたコーデ
↑着丈の長いタンクトップを、ロングのプリーツスカートにかぶせると、ヘルシーなフェミニンコーデに。マットなキャメルブラウンに映えるネイビーの艶スカートで、プチプラコーデを一気に格上げ!

Day3】タンクトップにデニムを合わせたカジュアルコーデ

lavishgate のトップスにデニムを合わせたコーデ
↑夏のキャメルに映えるブルーデニム。スリムなデザインも素敵ですが、ワイドデニムに合わせると、抜け感のあるカッコいいシルエットに。大人っぽい夏のデニムコーデが簡単に完成します。

Day4】フレアパンツにビッグTシャツを合わせた休日コーデ

lavishgateのニットパンツと白Tシャツを合わせたコーデ
↑リブニットパンツは、大人の休日にピッタリの雰囲気。あまり「きちんと」はくよりは、全体的にゆったりしたシルエットに仕上げると素敵です。ビッグTシャツのような、メンズライクな大きめのトップスを合わせると、「逆三角シルエット」で下半身が細く見え、女性らしさが引き立ちそう。

Day5】リブタンクトップを合わせた、セットアップ風コーデ

lavish gateのニットパンツとリブタンクを合わせたコーデ
↑パンツと同じリブ素材のタンクトップを合わせると、セットアップのような雰囲気になり、まとまり感がアップ。派手な夏色ではなく落ち着いたブラウン系なので、肌見せしてもヘルシーな印象です。

↓2点をそのまま合わせるだけでもキマりますが、濃いダークブラウンのカーディガンを、腰や肩から巻いてアクセントにすると、キャメル系のワントーンがより引き締まって見えそうです。
lavishgateの2点を合わせた着画
一度入ったらなかなか抜けられない魅惑のショップ↓わたしもそうでしたが、住所で検索すると、違う場所が表示されることもあるそうなので、少々注意が必要です(「マーク ジェイコブス 青山」を目指していくとわかりやすいです)
「Lavish Gate」住所:東京都港区南青山5-4-3 電話:03-6427-3353
短縮営業 11:30 - 19:00 月曜休み(変更になる可能性もあります)
lavish gate ショップ内観画像
オンラインも素敵ですが、青山に行った際にはぜひお店に飛び込んで、素敵な掘り出し物を探してきて下さいね!
…………………………………………………………………………………………………
★オマケのプチプラVol.124★
「GUメンズTシャツ(¥1,490+税)」

「ユニクロ」「GU」は、オンラインだけで商品を決めて買うことがないので、自粛の間はしばらく実物が見られず、とても残念でした(泣)そして、最近久々に訪れた「GUメンズ」。そこで、ものすごい商品を発見してしまったのです!!
ポンチ素材の超高見えカットソー、1,490円(+税)!↓
GUメンズTシャツ画像
一見、普通のTシャツに見えますが、実は、ものすごいコスパ力を持つこの商品。急いで「S」サイズを探したところ、手に取ったのが最後の1点でした!ダークブラウン(名称はダークグレー)の5分袖Tシャツに惹かれたのは、今年も追加を考えていた、お気に入りの「ebure」のブラウンのTシャツに、シルエットや雰囲気が少し似ていたからなんです↓

晩夏から秋にかけて大活躍した、「ebure」のTシャツ。GUはプチプラですが、これは普通のコットンではなく「ポンチ素材」。少し肉厚な、しっかりした「ハリ」のある生地に、ツヤまでかかって「きれいめ」に仕上げられているという、スゴ技のプチプラ。至近で見ても1,490円(+税)には到底見えない高級感なんです。メンズに眠らせておくのはもったいない!
エブールとGUのTシャツ枚並列画像
生地にハリがあるので、袖を折っても崩れにくさをキープ。袖を折るとフェミニンな雰囲気になるので、メンズのデザインがより着やすいかもしれません。色はチョコレートのような「ダークブラウン」…かと思ったら、タグには「ダークグレー」と書いてありました。

いずれにしても、秋らしさを感じる深い色。ニュアンスカラーのニットスカートなどを合わせ、メンズアイテムをフェミニンに楽しんでいます↓
GUのメンズTシャツとニットスカートを合わせたコーデ
最後の1点を手に入れた時の、あの快感(笑)みなさまのお近くの店舗にも、在庫が残っていることを願っています!ちなみに、オンラインでは「XS」から選べるので、それも利用する価値がありそうですね♪
  • 美女組 Akane
  • 元国内線C/A。フランス留学中にアルバイト生活でプチプラファッションに目覚め、現地でリアルな着こなしを見て学ぶ。40代が最大限おしゃれに見えるプチプラアイテムを日々発掘中。小学生2児の母。

What's New

Read More

Feature

Ranking