【バランスを磨く・白シャツ編】エディター・磯部安伽のスタンダードアイテム5

不要なものを捨てて、残ったものが自分のスタンダード・・・。大人気エディターが、軸を見直すことの楽しさと可能性を、自身のスタンダードアイテムとともに紹介します。

Isobe's STANDARD▶︎「バランスを磨く」白シャツ

今の自分らしさで選び、今の自分らしさで着こなす

白シャツ×タックパンツコーデを着たエディター・磯部安伽さん
リング¥210,000・クロスリング¥52,000/マリハ 伊勢丹新宿本店(マリハ)

きちんと感とリラックス感、男っぽさと女っぽさ。このMIX感が、今の私の気分です

「今年買った『シーオール』の1枚は、バンドカラーとフロントタックという旬デザインに加えて、透け感のある柔らかなコットン素材が特徴。手持ちの白シャツの中では一番フェミニンなタイプです。シャツ×タックパンツという端正かつマニッシュな組み合わせを、素材や色、小物の力でゆるっと、女らしく着こなす。今の私にとって、これがしっくりくるバランスです」。

DATA

Shirt__SEEALL

Pants__ROKU

Bag__JIL SANDER

Watch__Cartier

Shoes__GIUSEPPE ZANOTTI

Earrings,necklace,rings__MARIHA

永遠の憧れアイテムが、40代からの最強の味方に

先ほども書いたように、ステイホームの間、ほぼ毎日白シャツを着て過ごしました。ここ数年、形も素材も華やかなブラウスが流行りだったぶん、陰に隠れがちだったベーシックな布帛のシャツ。でも私にとって、フランス女優のように「白シャツを女らしく、かっこよく着こなす女性」は永遠の憧れ。だからクローゼットには常時10枚弱、並んでいます。

白シャツはそれ自体に形があり、着るだけでサマになる服。以前よりぼんやりしてきた大人の顔と体に、輪郭を与えてくれます。その一方で、醸し始めた〝個性〟や〝迫力〟をいい意味で抑え、ニュートラルな雰囲気に導いてくれる。永遠の憧れは、40代の今こそ味方になってくれるのだと、改めて気づくことができました。

もちろん、スタンダードの王道も流行に合わせて少しずつ変化しています。シルエットや襟のデザイン、素材感。その微差にこだわって選び、自分なりに着こなすことが欠かせないし、それこそが楽しみ! 時代と自分の変化に敏感であること、その変化に合わせた〝今のバランス〟を見つけること――白シャツは、私が目ざすおしゃれの象徴なのです。

今、白シャツを着るならば。旬度を上げる相棒たち

ゴールドのコインネックレスとフープピアス
「コインネックレスとフープピアス、どちらもスタンダードアイテムでありながら今っぽくなれるのがうれしい。シルバーの涼やかさも好きですが、今年はゴールドの女らしさにより惹かれます」 
カルティエのタンク
「"腕盛りブーム"が去り、タンクの出番が増加中。クラシックな存在感で、リラクシーな着こなしを引き締めてくれます」 
黒のぺたんこサンダル
「足もとは裸足みたいな(笑)ぺたんこサンダル。女らしさと都会感を出せるから、黒が私の定番です」 
ユニオンランチのビッグ白シャツ×ロブスカートコーデを着たエディターの磯部安伽さん
「『ユニオンランチ』のビッグシャツ。去年はワイドパンツに合わせたけど、今年はもう少し女っぽく、リブのタイトスカートと。白シャツに絶対的なきちんと感があるから、キャップなどカジュアルな遊びを加えてもやりすぎになりません」
【Marisol8月号2020年掲載】撮影/魚地武大(TENT/物) 須藤敬一(人物) ヘア&メイク/TOMIE(nude.) スタイリング協力/松村純子 ※価格表記のないものは、すべてエディター私物です

What's New

Read More

Feature

Ranking