ハピプラ会員システム刷新に伴うお知らせ

No.146 rin
No.146 rin

No.146 rin

主婦

職業:主婦
My favorites:ガーデニング、フラワー、テーブルコーディネート、美術館巡り、スキューバダイビング、旅が好きです。旦那さんと息子達の食事の助けに、とアスリートフードマイスター3級を持っています。

美しいもの、美味しいものを見つけて日々楽しんでいます。私らしく素敵に歳を重ねていけたらと思っています。

Instagram:rin102729

我が家の避難生活。新しい器。

コロナで一変した私の生活。様々な感情が行き交う中、前に進みだしています。
避難生活も4か月が過ぎようとしています。

まだまだ、まだまだ収束が見えないインドネシア。
当初6月のラマダンとレバラン休暇が終わってちょっとして、夏の新学年からは戻れるかな、と思っていたけれどそれどころではない感じになってきています。

在住者ビザも今までの特例が突然なくなり、失効したビザだと入国ができなくなることに。
私はたまたま避難する直前にビザ延長をしたのでまだ多少猶予はあるのですが、今回のビザ取り扱い変更で急遽インドネシアにいったん帰国を考えている方も増えているようです。

我が家は主人も退避してきたので自宅は無人の状態がかなり長く続いています。
メイドさんには今まで通りのお給料を渡し、定期的に家に入ってもらい風を通してもらっているものの、赤道直下で高温多湿なジャカルタ、さらにザ南側で日当たり抜群な我が家は、きっと悲惨な事態になっていることを覚悟し始めています。

当初はメイドさんの安全を考えもし可能なら週一回空気入れ替えだけでいいから、と伝えていましたが、いつまで経っても収束しないし申し訳ないのだけど今さらだけど頻繁に家にきてもらうことにしました。
でも、革靴とかバッグとか、洋服も既にかなりだめになってるんだろうなと涙。

高価なものはないけれど、自宅には我が家の全てがあって、歴史があって、その自宅にいつ戻れるかも分からないこと、その荷物たちをあきらめる覚悟もしておかないといけない事実はとっても辛いことです。

さらに、一年間必死で新しい学校、環境に慣れようと頑張ってきた子供たちがいきなりまた引き離されてしまうという事実。

そんなこんなで放っておくとどんどん気持ちが落ち込んできてしまうのは当然なこと。

こういう時はどうしたらいいのか、帰国後ずっと考えながら生活しています。
我が家の避難生活。新しい器。_1_1
今月過ごした葉山の海。のんびりしていてみんな優しく話しかけてくれて、感動。やっぱり海はいいです。
大変な時、折につけ思い出すのは駐在歴が長い先輩奥様から言われた言葉です。
「駐在生活は楽しいことも多いけれど、大変なこと、嫌になることも沢山。でもそれを、私たちは貴重な経験をしている、といかに思い込めるかが大事。環境がコロコロ変わって子供がかわいそうと言われても、これは子供にとって糧になる経験なのだと親自身が信じて前向きに接することが大切。」


きっとその先輩奥さまも、色々なことを経験して達観されたのだということが伝わって、なんというか覚悟のようなものを感じ、かっこいい!!と思ったことを覚えています笑。


我が家の避難生活。新しい器。_1_2
そんなことを思い出しながら日々明るい3人の息子たちと、やたらポジティブな旦那さんに助けられながらこの避難生活を過ごしています。

子供たちは時折ジャカルタに置いてきたおもちゃやぬいぐるみを想い出して悲しそうな顔をするものの、日本は空気が美味しい!ご飯が美味しい!そして友達にそろそろ会える!と意外と元気です。若いって素晴らしい笑。

そしてこういう時実感するのが周りの方の温かさ。

編集部を通してお手紙を下さる読者の方がいらっしゃったり、同じようにジャカルタから避難してきている方たちからインスタにメッセージを頂いたり、ずっと気にしてくれて定期的に連絡をくれる友達たちに本当に救われています。美女組をやっているおかげでこんな形で救われるとは思っていませんでした。




我が家の避難生活。新しい器。_1_3
山崎裕子さんのカップ&ソーサー。どの色にするか散々悩んでピンク2客、ブルー2客、ベージュ1客に!
子供たちの学校のオンライン授業もいったん終わりにし、秋からは今は賃貸に出している自宅そばに部屋を借りて、子供たちは以前通っていた学校と幼稚園にお世話になる仮住まい生活が始まります。

ないない尽くしだし、何か月そこで暮らすのか、このまま本帰国に切り替わるのかも分からないためとりあえずは最低限の生活用品を買い揃えて暮らしていこうと思っていましたが、どうもテンションが上がらず。
思考を変えて、これを機に欲しかったもの、買い替えたかったものを買ってしまおう!!と思い直しました笑。

というわけで、まずは去年伊勢丹のPop upで一目ぼれして買った山崎裕子さんのカップ&ソーサーをオーダーさせて頂きました。

まだまだStayhomeは続きそうだし、これでおうちでのお茶タイムがリラックスしたものになりそうで楽しみです。

あとはダイニングテーブルもこれを機に買おう!と決めました。
引っ越したら目黒通りの家具屋さん巡りをしようかな。


コロナを機に私の生活は激変しましたが、俯瞰で見てみるととてもありがたいことに家族はみんな元気だし、家族でのんびり毎日過ごせているし、友達や家族の大切さに改めて気づかされたし、よいこともいっぱいあるよねと思えるようになってきました。

焦らずあまり先のことは考えず、日々幸せなことを見つけて楽しんで過ごせたらと思います。

日本もまだまだ落ち着かなそうな状況ですが、皆さまお身体に気を付けて、でも毎日を楽しみましょう!




What's New

Read More

Feature

Ranking