うねり知らずのまとまるツヤ髪へ。今すぐ使ってほしい「ヘアレシピ 和の実」お米のヘアオイル【マーヴェラス原田の40代本気美容 #287】

太くて硬い日本人の髪を芯からうるおして、自然なツヤをプラス。湿気でうねる髪がびっくりするほど素直に落ち着く! 1000粒からわずか1滴しか採れない貴重な国産ライスオイルを採用した「ヘアレシピ 和の実」シリーズは、まさに日本女性のためのヘアケアです。
ヘアレシピの新作はお米のオイル!

先日、こんな可愛い新作オイルが届きました。何のカタチか分かりますよね? そう、お米。P&Gの新ヘアケアライン「ヘアレシピ  和の実」シリーズのスターアイテムです。

ヘアレシピWANOMIのライスオイル

古来より日本人の食生活に欠かせないお米。と同時に女性たちは、お米の油分が髪や肌にツヤを与えることを知っていました。米ぬかでの洗顔、とぎ汁での洗髪……お米は、本当に日本人の身体にしっくりくるんでしょうね。

日本ならではの四季折々の過酷な環境を生き抜き、豊かに実るお米。そこに含まれる栄養素が実にバランスよく豊富であることは、近年の研究で科学的にも証明されています。なかでも米ぬかと米胚芽から抽出されるライスオイルは、オメガ6・オメガ9、そしてガンマ・オリザノールなどを含み、髪とも非常に相性のいいオイルであることが判明。日本人特有の分厚いキューティクルに浸透&うるおして補修、さらには髪の内側まで行き渡り、空洞を埋めてうねりを抑えるなど、本当にいろいろな働きが。なかでも、ガンマ・オリザノールがすごい。なんとUVAとUVB、両方の紫外線を吸収して髪と地肌をしっかりと守ってくれるそう。ひとつのヘアオイルで美髪もUVケアもかなうなんて、嬉しすぎる!

ちなみにライスオイルって、1000粒からわずか1滴しか採れない貴重なものなんです。しかもヘアレシピでは、国産のお米を原料に採用。シリコンやパラベン、着色料など余計なものも徹底排除し、食べられるほど(でも食用ではありませんからね!)純度の高い100%ナチュラルなオイルに仕上がっています。だから髪の保湿にはもちろん、ボデイに使うのもおすすめしたいです。

ヘアレシピのライスオイルには本物のお米が入っている!

ほら、中にもお米の粒が入っています! ボトルを傾けた時のゆったりした動き、ちょっとなごみますよ。

手にとってみると、テクスチャーはとろーり。でも手のひらで温めるとサラりと広がる軽やかさが心地いい。セミロングならほんの3、4滴で十分にいき渡りますので、気持ち少なめの量で始めるのがおすすめです。乾いた髪にももちろんOKですが、私的にはタオルドライ後になじませておくのがイチオシ。湿気の多い今の時季でもうねりが出にくく、ナチュラルなまとまり感が続きます。気になる部分には、ほんの少しだけ“追いオイル”してもいいかも。で、余ったら指先になじませちゃってください。ベタつかないので日中のちょこっと保湿にもいい感じですよ。 

ヘアレシピ  和の実 さらとろライスオイル(洗い流さないトリートメント) 53mL ¥2000(編集部調べ)/P&G<8月31日(月)発売>

ヘアレシピWANOMIにはシャンプー&コンディショナーも

と、オイルばかり猛プッシュしちゃいましたがシャンプー&コンディショナーももちろん同時に登場します。こちらも、お米フォルムのパッケージ。もう!可愛すぎる(笑)。

ヘアレシピWANOMIのシャンプー&コンディショナー

私が試したのはダメージヘア向けのヘアレシピ 和の実 つるんしょうが&檸檬の香りというと粋な印象ですが、実際はちょっとスイートで心華やぐ感じ。シャンプーはノンシリコンですが、泡の起動力が非常に早くてふわふわ! 洗ううちに濃密でもちもちの泡に変化して、頭皮まで心地よくすっきり洗い上げます。トリートメントはライトなテクスチャー。手触りをツルンとさせつつ、まとまりのいい髪に仕上げてくれます。

この他にも乾燥してパサついた髪のためのモイストケア(さくらとシナモンの香り)、ぺたんとなりがちな髪向けのボリュームケア(檸檬とかぼすの香り)と、全3種のラインアップ。いずれも香りまで和にこだわっていて、とっても気になります。

ヘアレシピ  和の実 シャンプー 350mL、同トリートメント 350g 全3種 各¥1500(編集部調べ)/P&G<8月31日(月)発売>

WANOMIのヘアケアシリーズ

“髪のスーパーフード”ともいえるライスオイル配合のヘアレシピ 和の実。日本人の生活になくてはならないお米のチカラで、季節に左右されない美しい髪をキープしましょう! 店頭での全国発売は8月31日(月)からの予定ですが、一部サイトではすでに先行発売中。ぜひチェックしてみてくださいね。

  • WEB美容エディター 原田千裕
  • ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。
イラスト/ユリコフ・カワヒロ

What's New

Read More

Feature

Ranking