涼しい、楽ちん、しゃれ見えの三拍子が揃うから、夏のボトムはマキシスカート一択!【エディター坪田あさみのおしゃれと暮らしと時々名品 #17】

基本パンツ派の私ですが、この夏のワードローブは圧倒的にスカートが増えています。中でも人気のマキシ丈はフラット靴と相性がよく、どんなシルエットのスカートでもこなれて見えるので重宝。さらに一年を通して着られる素材も多いからここ数年の私的定番になっています。
坪田あさみ エディター・ライター

坪田あさみ エディター・ライター

大学卒業後、出版社勤務を経て独立、女性誌や広告、カタログを中心にエディター・ライターとして20年以上活躍。ファッションはもちろんインテリア好きとしても知られる。3年前に東京から湘南地域に移住し、夫とともにオムライスとオムレツサンドの専門店サンダウナー 東京オムレツも経営する。
 
@asamit1201
@sundownertokyoomuretsu

 

ミモレ丈スカートが数年前に流行りましたが、実はあれって普通のスタイルをしている私たちにとって、とても難しいアイテムだったなと今頃実感しています。

当時からうまく着こなせなかったからか自然と出番が減り、何枚か持っていたものの結局ほとんど断捨離してしまいました。次にまた流行っても私はもう買わない気がしています。

  

その後、スカート丈のトレンドはどんどん長くなり(不景気と連動しているといいますがその通りなのでしょうか?)、ロング丈を通り越しここ数年はマキシ丈が大人気。

個人的にはマキシスカートって使いやすくて素晴らしいなと実感しています。

そして気づくと私のワードローブにあるスカートはほとんどがマキシ丈になっていました。

 

涼しい、楽ちん、しゃれ見えの三拍子が揃うから、夏のボトムはマキシスカート一択!【エディター坪田あさみのおしゃれと暮らしと時々名品 #17】_1_2

▲タイトめのストレートシルエットから、フレア、ラップ、裾フリル、プリーツ、プリント、チュール、レース、光沢、リネン・・・とどんなだけマキシ好き!? と自分にツッコミたくなるぐらいありました。そして毎日のように活躍している理由は、フラット靴でもバランスよくこなれて見えることが大きいかなと思います。

 

スカート/(左から)カオス、マディソンブルー、チノ、エブール 、カオス、ドゥロワー

 

マキシ丈の素晴らしいところは、身長にかかわらずどんな人でも着こなしやすいこと(背の低い人はロング丈を買えばマキシ丈になるので買いやすいですし)。私はマキシワンピースも大好きですが、こちらは着る人の身長と合わないと難しいのでスカートの方が万人向けだと思います。

  

そして誰もがヒールなしの靴でバランスよく見える! これ最高です(特にビーサン率が高くなる暑い夏は重要)!

  

今のように暑い時期は自然とワンツーコーデが多くなりますが、Tシャツやタンクトップ、シャツなどとさらっと合わせるだけで様になるというのもうれしいところ。

  

マキシ丈は布の面積自体が多いから、きれい色や柄、レースやチュールなどそれだけで存在感があり、他のものを細々と合わせなくてもメリハリがつくから間が持つのかもしれませんね。

つまりおしゃれが簡単、テクニックがいらないということ!

 

涼しい、楽ちん、しゃれ見えの三拍子が揃うから、夏のボトムはマキシスカート一択!【エディター坪田あさみのおしゃれと暮らしと時々名品 #17】_1_3

▲ストレートシルエットのスカートもマキシ丈がお気に入り。メンズライクなロンTやスニーカーとの合わせなら普段とイメージを変えて着られます。ボリュームのあるスニーカーともバランスよく着られるのもいいところ。

 

スカート/ブルーバード ブルバード ロンT/ユニクロ 帽子/ニューマンハッタン ピアス/マリハ バッグ/ヘリュー バングル/ティファニー 靴/ナイキ

 

涼しい、楽ちん、しゃれ見えの三拍子が揃うから、夏のボトムはマキシスカート一択!【エディター坪田あさみのおしゃれと暮らしと時々名品 #17】_1_4

▲ノースリーブトップスとマキシスカートのワンツーコーデ。つやっとした素材だから、Tシャツとの合わせもカジュアルになりすぎず、大人っぽく決まります。ブルー系で統一しワントーンコーディネートに。

 

スカート/カオス トップス/エイトン ピアス/マリハ バッグ/ミフコ ストール/マニプリ 靴/フォエバー トゥギャザー

 

そして素材にもよりますが、割と一年を通して着られるものが多いのもマキシスカートの特徴。

 

地面すれすれの丈のものが多いから梅雨の時期は無理でしたが、それ以外は夏も冬も一年を通して同じスカートを履いていることがよくあります。つまりシーズンレス!

(アパレル業界はシーズンレス、シーンレスな服が主流になりつつあり、手間のかかる衣替えをしたり、オンオフで服を着分けないことで無駄をなくす方向に動いています。忙しいアラフォー世代にとってとてもよいことですよね。TPOはもちろん大切だけど、季節やシーンを限定してしか着られない服ってだんだん少なくなっていくと思います)

  

端境期でちょっと肌寒いなという時は、レギンスを仕込んでおけば、素足でも辛くないし、冬ならタイツとブーツで防寒すれば完璧。

むしろニットやウールのトップスが多くなる季節に厚手のスカートを合わせると全身が重い印象になりますが、軽い素材のマキシならバランスよく着られます。

 

涼しい、楽ちん、しゃれ見えの三拍子が揃うから、夏のボトムはマキシスカート一択!【エディター坪田あさみのおしゃれと暮らしと時々名品 #17】_1_5

▲このスカートはおそらく秋冬ものとして購入した記憶が。素材的に全然冬っぽくないので夏も気にせず着用(冬は黒いタートルニットと合わせていました)。柄にインパクトがあるのでTシャツとのシンプルな合わせも、おしゃれをしているように見えて便利。

  

スカート/イウエン マトフ トップス/エイトン ジャケット/カオス 帽子/ラック オブ カラー バッグ/ミフコ サンダル/パルマ バルセロ

 

涼しい、楽ちん、しゃれ見えの三拍子が揃うから、夏のボトムはマキシスカート一択!【エディター坪田あさみのおしゃれと暮らしと時々名品 #17】_1_6

▲こちらもドット柄でインパクトのあるスカート。裾がフレアになっているのでマキシ丈ながら軽やかです。ウエストゴムで楽ちんなのも夏にぴったり。こちらもブーツと合わせて着れば、いち早く秋を先取りできそう。

 

スカート/スピック&スパン×ヌキテパ トップス/エリオポール ジャケット/カオス 帽子/ユーポン サングラス/ブラン ピアス/マリア ブラック サンダル/ティキーズ

 

さらに脚が見えないから脚の太さを気にしなくていいのも大人にうれしいですよね(スカート丈と靴によっては足首さえ見えないし!)。膝が見えるぐらい短い丈のスカートが今後もずっと流行らないことを願うばかりです(景気は良くなって欲しいけど!)。

  

8月に入り暑さはますます厳しくなると思いますが、熱中症などに気をつけて少しでも涼しく乗り切ってくださいね。

 

 

 

What's New

Read More

Feature

Ranking