秋色、迷わず2枚買い!1万円台で探す「美人映え」ブラウス【高見えプチプラファッション #130】

ボウタイ…「貴族見え」してない??「苦手」を変えたブラウスはこれ!
最近、たくさんのお店で目にする「ブラウス」。この秋は特に、トレンドの「ボウタイ」を見かけることも多いのですが、上品な印象が強い「ボウタイ」には、実はちょっぴり苦手意識があり、「わたしは着ないかも」なんて思っていたんです。

…それが今、「ボウタイ」を含む「エレガント系ブラウス」にハマり中。「流行」のおかげでこれだけ種類豊富だと、色も素材もさまざま。むしろ「着てみたい」と思える素敵なデザインに出会うことができたのです。「苦手」から「大好き」と思えるようになった、とっておきのブラウス2枚をご紹介させて頂きます!
ティアラとバビロンのブラウス2点画像
まず1枚目は、トレンドの「ボウタイ」↓「苦手」と思っていたのは、品が良すぎて「貴族」のようにならないか心配だったからです(笑)リボンを結ぶとゴージャスすぎ??…それが、「TIARA」のチョコレート色のブラウスをみつけて、一気にイメージが変わりました。たしかにリボンは上品ですが、シックなハンサムカラーでバランスが取れていて、エレガントすぎていない!紐が細すぎず太めのタイなので、ある程度しっかりした形のリボンが作れるのも理想でした。
ティアラのブラウス画像
この1枚ですっかり「上品ブラウス」に目覚め、2枚目の投入を決意。次は「ボウタイ」が付いていない「バンドカラー」のブラウスを選びました↓
「バビロン」で見つけた商品は、ニュアンスカラーのあいまいな「ピンク」に一目ボレ。「羽衣」のようなふんわり生地に触れてみたら、なんともエアリー!素材は「32%シルク」という贅沢な生地だったのです。フェミニンカラーと、シルクの「ツヤ」でじゅうぶん上品なので、このブラウスは「ボウタイ」ではなく、シンプルな「バンドカラー」という点も高ポイントでした。
バビロンのブラウス画像
この2枚に共通しているのは、透け感のある「シアー」素材である点です。エアリーな質感なので、長袖でも今すぐ着られるのがうれしい!先日、35℃の酷暑の中、このブラウスを着てみたのですが、外では風通しがよく、電車やオフィス内では、長袖が冷房対策に役立ってくれ、使いやすさにとても感激しました。

どちらのブラウスも、前側は「バンドカラー」。シンプルなので、パンツやスカートのどちらにも合わせやすいデザインです。
2枚のブラウス前側画像
チョコ色の「ティアラ」のブラウスは、実は「2way」で、「ボウタイ」と「バンドカラー」のどちらも楽しめます↓「2way」なら「ボウタイ」の流行が終わったあとも長く使えそう!
「バビロン」のブラウスの背面は、メタルボタンがたくさんついていて、シルクのブラウスにさりげなくキラっと光ります。後ろ姿もきれいに見えるのが魅力的。
2枚のブラウスうしろ革画像
この2点はどちらも1万円台。プチプラで安いものなら、2千円くらいからみつかることも…しかし、大人が着るとなると、「エレガント」が勝負のブラウスには、ある程度質感や色味を選んだほうが、より着やすいような気がしました。そこで、今回は素材やデザイン性を重視。それでも、1万円台で買えるのはお得感があります!

袖は2枚とも「ボリュームスリーブ」が特徴です。袖をまくり上げると、エレガントに「こなれ感」が加わり、より素敵なシルエットに!袖はそれぞれ「ギャザー」や「カフスボタン」なので、袖の「まくり上げ」をキープしやすいんです。長袖に体温調節できると、冷房対策に重宝。
2枚のブラウスの袖説明画像
シアー素材なら長袖でも涼しいので、今から秋本番まで長く着られ、コスパも抜群だと実感しています。嫌味のないブラウスの透け感は、大人のほどよい色香があり女性らしさも満点なので、1枚で「美人映え」がアップしそうです♪

Day1】チョコ色「バンドカラー」×タイトスカート

ティアラのワンピースとベージュのスカートを合わせたコーデ
↑2wayで楽しめる「ティアラ」のブラウスをスカートに合わせる時は、「ボウタイ」ではなく「バンドカラー」をチョイス。「リボン×フェミニンスカート」は、エレガントが高まるので、トップスはシックな表情の方が着やすいかもしれません。

Day2 】チョコ色「ボウタイ」×デニムのブーツイン

ティアラのブラウスとデニムを合わせたコーデ
↑デニムやパンツなど、ボトムスがカジュアルな場合には、ブラウスを「ボウタイ」にチェンジ。少しハードな印象のブラックデニムに、エレガントさをプラスします。袖をまくり上げるとボリュームが出て、また違ったシルエットに。

Day3】チョコ色「ボウタイ」×カラーパンツ

ティアラのブラウスとイエローを合わせたコーデ
↑「ボウタイ」ブラウスには、ワイドパンツも相性がいいですよね。シックな色ではなくても、ブラウンになじみやすい、こっくりしたマスタードなどを合わせても、秋らしくて素敵です。このチョコ色はカラー系とも相性が良いので、ダークピンクやグリーン系など、いろいろ着回しが楽しめそう!

Day4】ニュアンスピンク×ブラウン

バビロンのブラウスとスカートを合わせたコーデ
↑「バビロン」のブラウスは、ふんわりとしたシアー感で、ほどよい「透け感」を楽しめます。ブラウスに「軽さ」があるので、ボトムスは濃い色で引き締めた方が、ブラウスの美しさが引き立ちそう。あいまいなピンク系とブラウンならスカートでも上品すぎず、ほどよいフェミニンに仕上がります。

Day5】「バンドカラー」×ジャケット

バビロンのブラウスにジャケットを合わせたコーデ
↑シアー素材のブラウスは薄手なので、羽織ものにもインしやすく重ね着にピッタリ。「バンドカラー」はジャケットとの相性が抜群なので、重ね着することで秋本番も大活躍しそうです!

「ティアラ」のボウタイを着用↓見た目はしっかり「秋」でも、通気性のよいサラサラ生地で、ムリなく今から着られるんです。
ティアラのブラウス着画
小学6年生の時、卒業式で「ボウタイブラウス」を着たことを覚えています。自分で必死に探してみつけたお気に入りに、靴やスカートを合わせ、子どもながらにコーディネートを考えていたことを、今回とても懐かしく思い出しました(笑)あれから30年(ちょっと)…流行の巡りは楽しいですね!
…………………………………………………………………………………………………
★オマケのプチごほうびVol.2★
「LOUIS VUITTON(バンドー)¥27,500」

酷暑の8月も最終週となりました。先月より最終週には、自分へのちょっとした「プチごほうび」をご紹介しております。今回、8月のごほうびにはこちらの商品を選びました。「ルイ・ヴィトン」のシルク100%の「バンドー」です。
ルイヴィトンのバンドー写真
今日ご紹介した「ボウタイ」のように、この秋は首もとの「華やかさ」を楽しみたいと思い、手軽に巻けるスカーフを探していたんです。大きくて四角いスカーフだとボリュームが出てしまい、逆に、ネクタイのように細いと華奢すぎる…探し回った結果、幅が8cmのルイヴィトンの「バンドー」がベストサイズでした!

種類豊富なデザインの中から選んだのは、「アイコンバッグ」がたくさんデザインされている、「バンドー・トリビュート」。ベースカラーは「ブラック」です。もう片面のデザインは、チェーンやベルトが描かれた「ブラウン」系。黒と茶系のシックな色なら、秋物の服にも合わせやすいと思いました↓
ルイヴィトンのバンドー生地アップ写真
「バンドー」を単品で見るのと、実際に何かに巻いた感じでは、まったく違った表情を見せることがあるので、できれば店舗で実物を確認できるとベストだと思います。わたしも、あらかじめ目星をつけていたものとはまったく違う、「派手かな?」と思っていたこのデザインが、実際に巻いたら服にも合わせやすく、一番しっくりきました。

色を合わせるため、店舗にはブラウン系のトップスを持参↓秋冬によく着るカラーと実際に合わせられたので、とても選びやすかったです。サイズにも種類がある「バンドー」ですが、幅8cmタイプは巻いた時のボリューム感が絶妙。厚みも出ず、「ゴージャス感」が控えめなんです。長すぎないので巻きやすく、きれいな形が作りやすいんですよ!
ルイヴィトンのバンドーをスカーフで使った例
コンパクトサイズなので、小さなバッグにも巻きやすいんです↓秋冬カラーのバンダナやスカーフを巻くだけで、小物の季節感もアップしますし、華やかさも増しますね!
ルイヴィトンのバンドーをバッグに巻いた写真
新しい小物が加わり、秋のコーデにも楽しみがまたひとつ増えました。これで9月もがんばれそう♪まだまだ引き続き残暑は続きそうですが、夏を乗り越えた自分に「プチごほうび」をプレゼントして、晩夏を乗り切っていきましょう!
  • 美女組 Akane
  • 元国内線C/A。フランス留学中にアルバイト生活でプチプラファッションに目覚め、現地でリアルな着こなしを見て学ぶ。40代が最大限おしゃれに見えるプチプラアイテムを日々発掘中。小学生2児の母。

What's New

Read More

Feature

Ranking