秋のZARAは「メンズ」に直行!ハンサム足しにはこれが効く【高見えプチプラファッション #132】

ほどよい「ハンサム」&感動的サイズ感…メンズをスルーなんて絶対に損!
ショップに秋物が充実してくるこの時期、頻繁にチェックするのが「メンズコーナー」なんです。昨年の秋冬は、「GUメンズ」のパーカーやベストに惚れ込み、ユニクロのニットにも感動しました…そしてこの秋、絶対にスルーできないのが「ZARA」のメンズです!

最近、感動的な掘り出し物2点に出会ったので、ぜひご紹介させて頂きたいと思います↓
ザラメンズアイテム画像
「ZARA」のメンズコーナーは、整然と商品が並ぶスタイリッシュな空間で、落ち着いていて見やすいのが魅力です。トレンド品やカラーアイテムがひしめく「レディース」とはまた違い、メンズはシンプルでベーシック。流行に左右されない商品が見つかりやすいです。

まず1点めは、初秋のアウターとして使える、ブラックデニムのクールなジャケット↓海外ブランドのメンズは、サイズ感が大きい印象があり、今までアウターは試したことがありませんでした。でも、ほどよいウォッシュ感に惹かれて手に取ったジャケットは、なんだかサイズが合いそうな予感…
ザラメンズデニムジャケット画像
羽織ってみたら一瞬でホレました。求めていたサイズ感そのものだったので!メンズでは最小サイズの「S」を試したら、ちょうど今っぽい「オーバーサイズ感」。イメージにドンピシャで命中しました。

テーラードジャケットのように、肩から掛けられるゆったりしたシルエットや、ヒップにかかる長めの着丈も今年らしい雰囲気です。これなら大人でも、デニムジャケットが気軽に羽織れそう♪いつものフェミニンなスカートに合わせると、ちょっぴり「ハンサム」な雰囲気に変身↓
ザラメンズのデニムジャケットを羽織った画像
メンズ「S」の個人的な着用感は、女性用ジャケットの「36」「38」の印象です。手持ちのダブルジャケットに比べると、メンズだからといって大きすぎることもないんです↓袖は少し長めですが、手がスッポリ隠れるという「ダボダボ」感はなく、先を折ればベストな袖丈で着られました。

ZARAの「レディース」にもデニムジャケットはありますが、ほどよい「オーバーサイズ感」が見つからない場合は、メンズを覗いてみるといいかもしれませんね♪ブラックとブルー、ライトブルーの3色展開です。
ザラメンズのデニムジャケットと女性用ジャケット並列画像
今は、プチプラでも厳選して物を選びたい時代。「お値段以上の高見え!」という点ももちろん大事ですが、それにプラスして、環境への配慮がされている商品を率先して選ぶようにしています。今回みつけた2点は、どちらも「JOIN LIFE」という環境負担を軽減するシリーズの商品で、このジャケットにはオーガニックコットンが50%以上使用されているんです。

それにしても、5,990円にはまったく見えない、地厚で丈夫な生地感。女性らしい「しなやか」なデニム生地ではなく、タフで「ハード」な生地が、メンズらしくてカッコいいんです♪
ザラメンズのデニムジャケット生地アップ画像
続いて2点めは、極シンプルなニット。まず「ミンク」という淡ベージュのやさしい色に一目ボレしました↓
ストレッチが効いていて、凹凸の縦線が強調されたニットは、狭い首まわりがメンズ独特の雰囲気。デザインはクールでも、やさしい淡色で女性らしい「ハンサム」が叶います。
ザラメンズニット画像
これもサイズは最小の「S」を選びましたが、肩幅が広めのわたしには、ジャストな着用感でした↓ストレッチが効いたライト素材は、モコモコせずスリムなフィット感。きれいめな「ロングTシャツ」感覚で、シンプルに1枚で着られます。メンズなので丈は少し長めですが、厚みがないのでインもOK↓
ザラメンズニット着画
これももちろんオーガニックコットン使用で、その割合は75%以上という配慮です。ストレスフリーのストレッチ感は、病みつきになりそうな着心地。
ザラメンズニット生地アップ画像
いつものスタイルにマンネリを感じたら、「メンズ」をプラスしてハンサムな雰囲気を楽しむのも素敵です。メンズアイテムを足すことで、逆にフェミニンな服がより引き立つかもしれません♪

Day1】デニムジャケット×花柄ワンピース

ザラメンズジャケットとワンピースを合わせた画像
↑ハードなメンズジャケットと、しなやかな花柄のワンピース。まったくの対照的なアイテムですが、ミックスすると辛口な大人のフェミニンコーデに。花柄ワンピースの「老け見え」防止にもなりそうです。

Day2】デニムジャケット×モノトーンコーデ

ザラのメンズジャケットとサロペットを合わせたコーデ
↑ブラックデニムの少し「ロック」な雰囲気に寄せて、「フォトT」と「スニーカー」でカジュアルにしました。全体を白黒で統一することと、品格のあるバッグを合わせることで、「ストリート見え」を防ぎます!

Day3】デニムジャケット×プリーツスカート

ザラのメンズジャケットと黒のプリーツを合わせたコーデ
↑オーバーサイズのジャケットは、少し肩から落として羽織ってもおしゃれな雰囲気が出せます。見ためも素材もハードなデニムには、プリーツのような動きのあるフェミニンなスカートが相性抜群。女性らしい「やわらかさ」をプラスできます。

Day4】メンズニット×ワイドパンツ

ザラのメンズニットとワイドパンツを合わせたコーデ
↑続いてメンズニット。首まわりの狭いクールなニットには、あえてルーズなワイドパンツで「マニッシュ」を加速させてもいいですね。色をベージュやホワイト系で上品にすることで、「ハンサム」な中にも女性らしさを感じられそうです。

Day5】メンズニット×タイトスカート

ZARAのメンズニットとタイトスカートを合わせたコーデ
↑「Day4」のゆったりパンツとは逆に、ペンシルスカートを合わせると、細身のシルエットで「スリム見え」!フィット感のあるニットは、「アウト」で着てもダボっとしないので、スカートの気になる「お腹まわりも」カバーできそう。

Day6】メンズニット×エコレザースカート

ザラのメンズニットとレザースカートを合わせた画像
↑マットな質感のメンズニットには、ツヤのあるエコレザーを合わせても素敵です。同系色のベージュ系で合わせると、マイルドでやさしい雰囲気に。主役級のインパクトを持つエコレザーの「名脇役」として活躍しそうです。

↓デニムジャケットは若々しいイメージがありましたが、長めの丈なら、もはや「テーラードジャケット」感覚。ブラックなら、さらに取り入れやすいです♪
ザラメンズジャケット着画
ファッションも「ジェンダーレス」時代。メンズを上手く取り入れることで、コーデの幅がさらに広がりそうです。いつもは見なかったブランドの「メンズ」を、これからもっと積極的に開拓しようと思った今回の買い物でした!
ZARAメンズアイテム2点画像
…………………………………………………………………………………………………
★オマケのプチプラVol.131★
「S&B/シーズニング」

「今日の夕飯どうしよう!」…ネット検索をしても種類が豊富すぎて、逆に「ピン」とくる献立が思い浮かばない時、わたしが真っ先に向かうのは、スーパーの「シーズニングコーナー」なんです。近所のスーパーには、「S&B」の壮大なシーズニングシリーズがほぼ全種類揃えてあり、壁一面に「コーナー化」。ハワイ・タイ・フレンチ…各国の料理が「カード」のようにズラりと並んだ前に立てば、そこから「主食・副菜」を好きなようにピックアップできるので、一気に献立が決まります。
献立のイメージがつかみやすいので、時間がない時にはついつい頼ってしまうありがたい商品↓
S&Bのシーズニング
一番の魅力は「時短調理」。難しそうに見える世界の料理も、どれも基本は「かけるだけ」「あえるだけ」など1~2分のスピード調理なんです↓
ある日の夕食に選んだ献立は上の写真の5点。大人向けの前菜に「FAUCHON(フォション)」のフレンチ2品、子どものワンプレート用に、メインは「ガパオ」、副菜にハワイの「ロミロミサーモン」と「ガーリックシュリンプ」と、多国籍メニューを選んでみました。

メニューが決まったら裏面の「材料」を見て、そのまま店内の各売り場に直行できるのもいいですね。材料をたくさん揃える必要はなく、基本は「素材」1点のみなのでラク!
S&Bのシーズニング調理説明画像
1商品は「2人分×2パック」入りなので使い切りができ、ムダが出にくい点が便利です。価格は、ほとんど100円台というのも経済的!
スパイスやハーブの味付けが特徴の「シーズニング」なので、「どうやって作るの?」という「お店の味」が簡単にできちゃいます。ディルやレモンが香る「ロミロミ」、ローストガーリックが効いた「シュリンプ」など、ハワイアンメニューもお手のもの。鶏ひき肉を炒めるだけの「ガパオ」は、子どもも大好きな味です。全部をワンプレートに乗せれば、「超時短」でもそれなりの雰囲気に♪
世界の料理が食卓に上がると、めずらしさに会話も弾み、子どもにとっての豆知識にもなるので、一石二鳥です。
シーズニングを使った料理画像
S&Bには「FAUCHON」シリーズがあり、こちらは、フォションのシェフが全面監修したという本格派。素材を活かしたフレンチらしく、化学調味料は「不使用」。スパイスとハーブだけで「うま味」を出した、手抜きのない味です。

オリーブオイルに、このシーズニングを混ぜてかけるだけ!材料はシンプルに素材だけですが、それが逆にスパイスの風味を引き立てます。パクチーにレッドベルペッパー…ひと瓶を買っても使い切るのが困難なハーブやスパイスも、プロの絶妙な配分で、経済的に無駄なく味わえるのがいいですね!
S&Bのシーズニング調理説明画像
暑いので、なるべくキッチンに長時間立ちたくない!そんな時の救世主「シーズニング」。全部で50種類以上の各国料理から選ぶ時、夕食づくりは「面倒」からちょっぴり「ワクワク」に変化…ますます「手抜き」が増えているなと感じる今日この頃です(笑)
  • 美女組 Akane
  • 元国内線C/A。フランス留学中にアルバイト生活でプチプラファッションに目覚め、現地でリアルな着こなしを見て学ぶ。40代が最大限おしゃれに見えるプチプラアイテムを日々発掘中。小学生2児の母。

What's New

Read More

Feature

Ranking